こんにちは、ユニカユースにしんです。

台風が過ぎ去ってから少し涼しい日が続いたかと思えば、また湿度が高くなり…
素直には身を引いてくれない、日本の夏の粘着気質!


さてさて。夏といえば夏休み。学生サークルでは合宿などのイベントが行われることが多いようです。
毎年、いろんな大学のアカペラサークルさんに呼んでいただいて、歌ったり、語ったり、飲んだりしています。おかげでいくつになっても学生気分が抜けません。

今年は、4つの大学サークルさんにお邪魔しました。

大阪大学 inspiritual voices
関西大学 Brooklyn304
宮崎大学 B.O.I
立命館大学 Clef


時系列に沿って、inspiritual voicesのお話から。

inspiritual voicesは僕の出身サークルです。14年連続14回目の参加です(嬉しがって参加しすぎ説)。

ここ5年くらい、和歌山の旅館を貸切で使わせてもらっています。オーシャンビュー!


旅行気分も味わえますが、講師として呼んでもらっていますので。
全体に向けたレクチャーとして、公開バンドクリニックを担当しました。

バンドクリニック(通称バンクリ)とは、グループの演奏を実際に見て聴いて、その場でアドバイスして、より良い演奏ができるようになってもらおう、というレッスンです。

グループと僕だけで行う場合がほとんどですが、グループメンバーじゃないみんなにもレッスンを公開して、演奏が変化していくのを見て実感してもらいながら、参考になりそうなポイントを持って帰ってね、というのが、公開バンドクリニックです。

今回は、日本のラップ・ミュージックを歌っているグループがバンクリを受けてくれました。

…えーと、好評だったようです笑

ちゃんと事前に動画を見たり、原曲を調べたりした甲斐がありました。やっぱリズムは音楽の根幹だと思うのです。はやくグルーヴっていう言葉を胸張って使えるようになりたい。


Unlimited toneというボーカルグループで活動されているLuzさんもサークルの大先輩(というか創始者のひとり)で、毎年のように来てくれます。
ぶっつけ本番で一緒に歌ったり、音楽活動についての相談に乗ってもらったり。一年で最も刺激的な時間です。(歌ってる写真持ってない…)




講師として、サークルのOBが計10人くらい参加しています。講師みんなでミニライヴをやるのも恒例行事です。準備する時間はほとんどありませんが、いつも経験と勢いで突っ走ります。(これまた歌ってる写真持ってない…)



今年は久しぶりに宴会までフル参加して、1回生(干支が一緒だったりする)も積極的に話しかけに来てくれて。おかげさまで楽しく充実した合宿でした。みんなありがとう☆


…と、この辺で記事分けますね。他のサークルさんについては次とその次の記事で。