おはよ..

使い魔 愛郎です。

12月11日に発売したミニアルバム
『僕以外に何がいる?』

ほんと久しぶりに発売した音源。

活動休止中に作った曲がほとんど。

活動休止中に沢山の事を思ったり考えたり..

発売して聴いて..

改めて思い出してみると、

凄く色々な感情が湧いてきた。

例えば教團が活動休止するなんて、
活動休止する前は何にも考えてなかったし、

刃が手術しないといけないという話を聞いた時、
これから先の刃の人生の事を考えて、

解散の話が真っ先に出た。

でも、刃の熱い気持ちに活動休止という道を選んで、
活動休止中は前盤を復活させたり。。

今となっては有り得ない事が沢山起こってる中、
曲を作り形にして、復活に向けて黙々と曲を作ってた気がする。

そしていざ活動が再開した時、
僕らの中では華々しく前以上の意気込みと共に、
活動休止前より最狂の状態での復活になるであろうと勝手に予測していた。

でも現実は違ってて、、
前よりも厳しい状態での復活になったと思う。

それが悔しくて悔しくて。。

なんで待っててくれなかったの?
前よりも絶対格好よくなって帰ってきたよ?
なんで?なんで?

沢山の疑問が僕の中でグルグル回ってた。

でも、我に返った時、目の前には待っててくれた教徒達や新しい教徒達がいてくれて、、

僕が弱気でどうする?
もっともっと格好よくなって、
前以上のカルトを作っていくんだ!

そう心に誓った事を思い出す。

復活して半年。

今までよりもより前を見て、

一本一本のカルトを心から大事に想うようにしてる。

だって、、

ほんとにいつ何があるかなんて分からないんだから。

仕事やお金・時間・人間関係..
沢山の障害はあるけれど、

後悔だけはしたくない。

一生続けれるなら続けたいけど、

必ず終焉を迎えるんだから。

その時になって後悔だけは絶対にしたくないから。

だから僕もとことん執着するし、
教徒達には死執着して欲しい。

今回レコ発単独カルトのタイトルを
『心中』にした理由。

心からそう思ってるからこのタイトルにした。

『離れるぐらないなら心中しよう』

残りはラスト名古屋心中のみ。

12月25日
名古屋大須RAD HALL

プレミアムチケットを持ってる子達限定のミニカルト
※17時30分〜

沢山の特典もある。。

是非購入して?

現衣装もこの日で最後だから。。

25日はメンバー同士でもチェキを沢山撮ろうと思ってる。

楽しみにしてて。

無料で来る子達はいっぱいいっぱいお友達を誘って?

気軽に遊びに来てくれたらいい。

居場所がないなら僕が居場所になってあげる。

教團が僕の居場所のように。

僕は弱いから居場所になれるんだ。

だってさ?なら支え合えるから。

君と一緒にいれるから。

待ってるよ。。

僕をもっともっと好きにさせてください。

31日は初のカウントダウンアクト。

楽しみだね。

怒涛の半年間を経て、

ラストのカウントダウンアクト。。

衣装どうしよっかなぁ。。笑

来年は新衣装と共に新しい挑戦・展開を沢山沢山していくよ。。

そして曲も沢山出していくし、

ソロでも少しずつ動いていこうと思う。

今やれる事は今やろうと決めたんだ。

後回しにして後悔なんて絶対にしない。

だから頑張るんだ。

僕のために。
教團のために。
教徒達のために。

居場所は与えられるものじゃない。
一緒に作りあげていくものなんだ。

『教團は教徒のために。教徒は教團のために。』

昔から掲げてきたスローガン。

でも、

今は昔より何百倍も深い言葉になってる。

一緒に最狂になろう。

1人じゃ無理なんだ。

一緒に。

どこのバンドにもどこのファンにも負けない。

悔しい思いをお互い絶対しないように。
悲しい思いを絶対しないように。

そして、

優しく新しい教徒達を迎え入れていこう。

敵じゃない..。
大切な一緒の道を進む教徒になるのだから。。

さぁ..

進んでいこう。

僕達の行く先は、

沢山の笑顔が満ち溢れてる光しかない場所のはずだから。

その場所を作るも殺すも教團と教徒達次第。。

はやく会いたいな。

それしか考えれない。

君の努力や笑顔や気持ちはちゃんと届いてるし、
ちゃんと見てるから。

ちゃんと見てる。

vMKQPSQxgu.jpg