どうも、__(アンダーバー)です。

暖かくなってきて、実に嬉しい。

5月ももうすぐ終わる。

と思ったらまだだった。





5月が終われば、そろそろ梅雨に差し掛かる。

ばいう。

梅雨は嫌いだ。

髪の毛が面倒くさい感じになるから。

悶々とした日々。






アルバムの製作もほとんど終盤。

かなり多くのハプニングがあったが、なんとか終わりそうな気がする。

んだけど、終わりそうにないような気もするのが非常に悶々。

早く終わらしたいのは山々だが、終わらす為の、終わりが見えないので、終わる事を願うしかないのである。




あ、アルバムっていうのは7月9日に出る「ふじこ」って奴だよ。

皆知ってるかな?



「ふじこ」



発売が一週間延期になっちゃった「ふじこ」。


本当は7月2日に発売予定だった「ふじこ」。


今回はもちろんボカロ歌ってみたも聞いてほしいんだけど、実は一番聴いて欲しいのは「オリジナル」の方なんだよ「ふじこ」。



決してラブライブにハマったから延期した訳ではない。

ラブライブは悪くはない。

むしろまだハマっていない。



でも、7月9日に発売になって、その日に発売されるアルバム一覧を見たら「ラブライブ」の文字があった。



ちょっとだけうれしかったです。







早くアルバムを終わらして、楽になって、全てから開放されて、逃げ出して、宇宙の彼方に帰りたい。





僕はこれからはオリジナル楽曲をやっていくよ。




それが僕の本当にやりたいこと。




もっと大きい会場で、もっとすごい事やりたいんだ。




それが僕の夢。





夢というのは見るものじゃなくて叶えるものなんだよ。

そんなことを昔言われたような気がした。





なんて胡散臭い言葉だろう。




僕は電車に乗りながらそんなことを思った。



朝早くに起きて、満員電車の中、会社にいく。



なんて退屈で、無駄な日々なんだろう。



僕にも昔夢があった。

夢に向かって走っていた時期があった。

自分は絶対に夢を叶えられる。

そう信じてきた。



しかし、現実というのは非情なものだった。



僕だって努力してきた。

血反吐を吐いて、頑張ってきた。

誰よりも。

でも、頑張っただけじゃ夢は叶えられなかった。



頑張っている姿など、誰も興味はない。




結果だけが全ての世界。




それを知ってしまった瞬間、夢に夢など無いことに気付いた。




それから、やること全てに無気力になってしまった。

なんでこんなことをやっていたんだろう。

無気力な生活を送っていたら、同じ夢を持った奴が、次々と夢を叶えていく。

自分には叶えられなかった夢を。




なんて不公平な世界だ。



そんな事を考えていたら会社に着いていた。



そしていつものように仕事こなし、いつものように昼飯を食べる。



今日は後輩と会社の近くの定職屋に来た。



後輩「最近暑いっすねwwww」

僕「な」

後輩「暑すぎてヤバイっすねwwww」

僕「な」

後輩「なってwwww先輩どうしたんすかwwww」

僕「え?いつも通りだけど?」

後輩「そういえばそうっすねwwww」



昼飯を食べながら定職屋にあるテレビに目をやった。



後輩「おっ、あのアニヲタ女優が結婚するんっすねwwwwうらやまwwwww」

僕「・・・」

後輩「しかも、大企業の息子wwww金持ちwwwwwうらやまwwww」

僕「・・・」

後輩「先輩は彼女とかいないんっすか?wwww」

僕「いない」

後輩「そうなんすねwwww今度合コンしますか?wwww」

僕「いや、遠慮しとく」

後輩「そうっすかwwww」




あぁ、なんて不公平な世界だ。



どうして自分はうまくいかなかった。

結果を出せなかった。

悔しい。

羨ましい。

憎い。

妬ましい。

この想いをどこへ向けたらいいんだろう。

向けるところなどない。

こんな醜い感情、他人見られるわけにはいかない。





昼飯を食べ終わり、会社に戻る。

そしていつも通り仕事をこなし、帰り際に上司に声を掛けられた。



上司「よお!今日一杯飲みにいかないか?」

僕「いえ、すみません、今日は帰らせてもらいます」

上司「なんだ、たまには飲みにいかないか?飲みニケーションってやつだ!w」

僕「すみません、失礼します」

上司「だよ~つれないなぁ~」





会社の上司と飲みに行って何になる。

時間の無駄だ。

あぁ、どうしてこんなに苛立たしいのだろう。

自分に対してなのか、世の中に対してなのか。

このやり場のない気持ちをどうしたらいい。



疲れた身体を動かしながら、満員電車に乗る。

今日もこんなに頑張ったのに、なんでこんなキツイ満員電車に乗らなきゃいけないんだ。

なんでなんだ。

しかし、どれだけ不満を言おうと、どれだけ頑張っても、満員電車が空くわけでも、タクシーが向かえに来る訳でもない。



地元の駅で降り、コンビニでビールとカップ麺を買って帰る。

給料日前だからこんなものしか食べれない。

そんな些細な事ですら、嫌になる。



家に着き、パソコンを付け、お湯を沸かし、カップ麺を作る。

カップ麺を食べながらネットを見る。




【悲報】アニヲタ女優結婚wwwwwwwwww



「マジありえね・・・」

「ずっとファンだったのに・・・」

「俺のこの気持ちを返せ」

「金返せ」

「タヒね」

「好きだったけど、最近演技下手だよね」

「顔がBBAになったのは歳のせいwwww」

「結婚しても俺は応援するぜ」






ファンの奴らの悲痛な叫びがそこにはあった。

いや、ファンだった奴らか。

ファンだった奴らがどんどん手の平を返していく。

もちろん僕もファンだった。

しかも、結婚相手の大企業の息子は僕の同級生だった。



なんて不公平な世界だ。



成功した奴らは皆落ちればいい。

きっと皆そう思って、ここに書き込んでいるんだな。

自分も少しだけ書き込んだ。




少しだけスッキリした。




その後、風呂に入り、布団の中に入る。




あぁ、目が覚めたら、自分の周りにはおっぱいの大きい美女ばかりがいて、富も名誉もあって、夢のような人生を送っていたらいいな。



そんなことを考えながら、目を閉じる。







その日、ゴキブリから逃げる夢を見た。










カサカサ





















ギャア






















アンダーバーさんはいつも一生懸命に頑張っているよ!