月別アーカイブ / 2014年07月

photo:01



今日は、いつもお世話になっております雑誌、2.5Song MATEさんの撮影でした!
地下道をイメージした場所で撮って頂きました。



ニコソンさんからは大体「~~といったイメージで撮らせて下さい!」とお話下さるのですが、
今回は「あんくさん、どこか撮りたい場所とかありますか?」と提案がありました。



その時、僕はファイナルファイトというゲームの地下道のステージが頭に浮かびました。
筋肉隆々の男たちが激しく殴り合い、オカマが宙を舞う絵図が見えました。

「地下道的なところで撮りたいです!」…そして本当に地下道で撮影することになったのです。ニコソンさんしゅごい。




車で片道約1時間半。バッチリ撮って下さいました!
今回の地下道、ちょっと…いや、なかなか「下水道」っぽくもあるんじゃないか?ということで、例のあいつも撮影に参加してたりしなかったりしてます。ライブレポ以外で誌面に載るのは初めて…かも。


雑誌の発売は来月との事ですので、是非ご覧頂けますと嬉しいです!



photo:02
わ~~~~~~い!!



最近気に入ってるLINEスタンプ。むっちゃかわいい。






今日はこの辺で!



押忍。


おはようございます、un:cです!朝5時に筆をとっております。ぐふ、まだ寝ておりません。


なぜこんな時間まで起きてるかというと、音源が録り直しになったからなのです…






それは昨日のこと。

とある収録物の音源のレコーディングを済ませ、編集も終わらせて、さぁ送るぞ~~~!という時に我が家に友人が来まして。



この友人というのは、お芝居のお仕事やってた時の仲間というか、腐れ縁的なヤツで、
時には酔っ払って深夜に突然やって来たり、裸踊りを披露した挙句にそのまま全裸で寝て、風邪を引き、僕に風邪を伝染して帰ったり、と色々問題を起こすなかなかめんどくさい野郎なのです。





そんな彼ですが、エンタメについてはかなり辛口で、僕の投稿作品をすごく初期の頃から見守ってくれていて。
それ故に、作品にちょっとでも変だと思ったりおかしなところがあったりすると、
「お前、これ本気?ちゃんと歌った??こんなの投稿すんの?」といった風にバッサリ斬ってくれるのです。


僕はこれが、結構きついし精神的に来るけど、かなり信用していて、
大体彼の提案通りに進めてみるとうまくいくことが多いのです。くやしいwwかなりくやしいw






今回の先方に送る予定の音源を見つけ、聴かせて欲しいというので聴いてもらったら
すっっっっごくイマイチ。表現が古い。最後まで聞けんわ、これとバッサリ。

個人的にはかなり魂乗せて歌ったので納得がいかず、
「え……!なんで?!どこがおかしいかな?Aメロ??サビ??」と尋ねると、

え?全部、変。とまたバッサリ。



「………。」沈黙な僕。


「録り直したほうがいいと思うぞー。普通過ぎ。正直、こんな歌どこにでもある。おもしろくない。」

またまたバッサリ。もうぐぅの音も出ません。完敗です。




そして辛らつに斬り捨てた後、彼は必ず具体的なアイディアをくれます。
ここの歌詞は主人公の心情じゃなくて、相手側の気持ちになって歌うといいんじゃないか?とか、こんなに力入れなくても半分くらいの力で歌詞は伝わるからもっとやさしめに、とか、リズム意識して少年のように、とか。

大体その通りにするといいもの(自分の納得するもの)が出来ることが多いです。その度にくやしく思うし、「こいつやべぇな」って感心します。




という訳で、先程完成した音源を捨てて、もう一度録り直して今終了したところなのです。(録音中、友人はさっさと寝ました。)


やる前は「まじかーーーーあぁぁーーー最初からか~~~」って思ってたけど、録り直すと「やってよかった」ってなるんですよね。ほんとくやしい。あばば。



持つべきものは友達。一人だと見えないものもよく見えてきますね。これからもよろしく頼むぜ、ンニャロー。


さて、







寝ます。ぐない!






押忍。






ハニワさんの「金曜日のおはよう」の歌ってみた投稿致しました!






Youtube版も投稿しました。






大好きなハニワさんの楽曲を歌わせて頂きました!いいですよね…青春!!!!
ハニワさんの楽曲を歌わせて頂くのは久しぶりだったのですが、いつもハニワさんの楽曲聴いてます!すごいすきなんです!!!!!!!!!


今回も素敵な楽曲でした…!GeroさんVer.も素敵ですね!
本家と両方聴きまくって練習して、やっと投稿できました。

楽しんで頂けましたら幸いです!!!


HoneyWorks様に最大限のリスペクトを捧げます。






それではまた!


押忍。

↑このページのトップへ