鬼のように忙しかったこの一週間を駆け抜けました。どうもどうも、どうも。

…どうもってどこを語源に持ってるのか気になってきました。

調べてみたところ「どうとも言えぬ」が元になっているらしい。
「どう」っていう指示詞っぽい言葉に「とも」は格助詞+係助詞。
「と」にかかる言葉をうけて、みたいなニュアンス。

どのようにもいうことができない〜、筆舌に尽くしがたい!(マジパネエ)みたいなところから、どうも言えない何か素晴らしいものを示すようになり、今のどうもがあるらしい。つまりすごい、とか、やばい、みたいな強調のニュアンスを持った言葉な訳だね。理解理解。

うーん、なんの話をしたいのか忘れる。

あ、そうです。
ここの3、4日は睡眠時間、4時間くらいでお送りしていたわけなのですけれど、あまりに経験として面白かったので、走り書きしたいな〜と思って、書きはじめようと思ったのです。

私はデザイナーとして日々走っているのだけれど、大きな会社ではないので、必ずしもデザインだけをやるわけではなく、例えば

・商品告知のためのリリース文章を書く
・ECサイト(エレクトリックコマース、電子商会…ネット上のお店のこと)の運用をする
・写真を撮る
・インスタの運用
・ストアの流入を増やすためにSEO(サーチエンジンオーガナイゼーション、Googleさんに検索順位あげてもらって、たくさんサイトを見てもらうための施策みたいなもの)

みたいなことを、デザインとは別で持って進めたりしております。

もちろんデザインもするよ!
サイトやメディアのUIデザインだったりを中心に、自分で撮った写真をレタッチしたり、ロゴをつくったり副業では名刺つくったり、雑誌作ったり、サービスデザインつくったり…多いなー。

かなり多岐にわたって、手を動かしたり、脳を動かしたりしております。

それだけでもかなり多いとは思いつつ。

この度はなぜかわからないけれど、生放送のスタッフをやっちゃうことに(どんぱふ)

画面に表示される、テロップをつくるところからはじまり、スタジオのセット、配線、ライティング。
ライブ本番では、画面の切り替え、テロップ出し、カメラの調整、タイムキープ…みたいなことをやってました。
肉体を伴う仕事だったので無茶苦茶疲れた。本当にやばい。どうもやばい。

書き上げただけでもこんなに多いので、疲れた。思ったことはまたかこう。

でもなんだろう、ひとはやれることたくさんある。これは私が特別とかではなく、自分が「どうせできないから」って無意識に線引きしていることって、実はすごくたくさんあって、
その線を越えるきっかけ、例えばやらざるを得ない状況に追い込まれるとか、背中を押してもらえるとか、何かあれば、結構やれてしまうんだなとすごく感じる数日間でした。

空は飛べないけど。
デザインを空を飛ぶようなことだと思っている人もいるだろうし、実際ニッチもサッチもいかない人がいないとは思わないし、言わないけれど。
きちんと時間をかけてあげれば、どんなこともある程度はできるようになる気がする。

好きであることは、続けられることだ。
続けられることが、才能があるということだ。
と、思ったりもします。
(スポーツや音楽家など、身体性能に大きく左右される技能は才能があり、結果勝ち続けることができるため『続けられるひとは才能がある』っていう鶏卵的な話はまた別)

何を楽しいと思うか、感じるかは人それぞれで、私は何かを自分の中に集めることを言いようもなく楽しく感じる、収集欲の人間です。
物的ではなく、経験や情報、考え方をそれぞれ知識とし、自分の中に集めていくことにすごく幸せを感じるし、気持ち良いに触れる。
例えば人の表情とか感情すらもそれにあたり「この人はこんな顔をするのだな」という情報すら、そこに帰着する楽しさであったりします。

人の快楽や楽しさは千差万別で、本質的に自分の楽しさ、みたいなものがどこにあるのか。
そして他の人は必ずしもそれを楽しまない、別の方向や切り口から楽しんでいること、を理解できるようになって、生きやすくなったような、また世界の見え方が変わったような気もするんだよなー。

だからなんだろう、なにを楽しく感じて、どう続けられるか、目の前にあることを自分はどう楽しんでいるか(逆もしかり)
を冷静に見つめて、続けられるかとか考えたらいいのかもなーとかね。

いろんなことを経験できることが私にとって、価値になりあるから、この職は最高なのです。という話。タブンネ。

どうも職場!

お後がよろしいようで!!!!!







社会人になり、半年くらい経ちました。デザイナーとしてはインターン期間を数えれば2年を終え、3年目になりました。そんなわたしです。

できることが増える一方で、できないことやできるようになるべきこと、が目の前には広がっているなあと感じる毎日です。

なんとなくデザインを作ること、だけならある程度のものが作れるようになり、(というよりデザイナーとしてデザインはできて当たり前として扱われる時期に来たのかもなあ)その先に自分は何を学べばいいのだろう。そしてその先でなにを身につければいいのだろう。
 
わからんなあ?と仕事を進めていく合間合間でそんな壁にぶち当たります。

選択肢があるだけ、悩むことができるだけ、幸せなのかなぁとか、そんなふうにも思ったり。

売り上げを上げるためのマーケティング的な視線であったり、サービスを作るための機能要件的な部分であったり、人と仕事をするためのディレクションであったり。
「足りない!!!!!」が悔しい。

もうちょいがんばらんとなあ…


いつかは書かないといけないと思っていたことをまとめる。

わたしがインターンをはじめたのは、まごうことなく就活がうまくいかなかったからだ。
そもそも就活のシステムに対して反発、反感を覚えていたし、サマーインターンなどは3年の夏からゆるく参加していたけれど本腰を入れていたわけではないし、なんとなく「なんとかなる」と思っていたからだ。自分は自分の能力でも「なんとかなる」ものだと就活を見下していた。

でも蓋を開けてみたら全然うまくいかない。面白いくらいに面接に通らない。と言ってもうけたところは10.20…?興味がないところもとりあえず受けてみるのスタンスで、用意もロクにしていなかったから、受からなくて当然なんだけれど、その「なんとかならなさ」にうちのめされて、すっかり疲れてきってしまった。どこにも所属できない、という不安感。なにものにもなることのできない自分の存在が許せなくて、ムカついた。

自分を守るために、悪いのは就活だ。画一化されたシステムで人を測ることはできないんだから。そんな風潮に乗っかって、真剣になりきれなかったのは、完全に私のおごりで、よくないことだったと今思えば、気づかされるけど、その時は全然理解しておらず、向き合うことから逃げていた。

どうやってやろうか。多分正当な方法ではもううまくいく気がしない。そう考えた時にまずやってみたことは、普通の一般的から少しだけ外れた就活のサイトに手を出してみる、そんな小さいことで(別にさほど特殊でもない)そのサイトで「新卒就活」ではなく「インターン」に間違って応募し、即連絡が返ってきて、あれよあれよという間に面接が決まった。こんなふうにするすると物事が運ぶことに少し恐怖感を抱きながらも、その当日桜の咲ききったころの渋谷に向かったことを覚えている。

面接は「なんできたの?」「なんでやるの?」に対して電車の中で考えた付け焼き刃の回答をお渡しする。ふぅん。返ってくる緩い返答。そのうち就活に行き詰まっている、苦しい、どうすればいいか分からない、自分がいま抱えていることについて話をした。ここには本当は新卒就活出来たら嬉しいけど、求められているのはインターンで、そもそもミスマッチ。「ただまあ…君放って置いたら死んでしまいそうだから、うちで働いてみなよ。捨てられた猫みたいな顔してるし」…。なるほど。
就活に時間を使わないといけないはずの私が、4月の半ばにインターンをはじめた理由がこれ。

何がどう転ぶかなんて、よくわかんないよなと、その当時を思い返して、ちょっとウケる。

そんな感じ。多分続きをかいたりするかも。

またね!

↑このページのトップへ