「Us/アス」という検索しにくいタイトルの映画を見てきました
あまり説明的すぎるのもかっこわるいけど、これだけじゃ分かりにくくない?思い切りすごいな?!

IMG_20190919_191912.jpg

例によって、怖そうな映画、サスペンスかな?ぐらいの知識で行ったので、上映開始後しばらく経ってから(これ、ホラーだったのか)と気づきました…
(ホラーは好きなので大丈夫



ポスターを見れば分かるとおり、主人公はアフリカ系アメリカ人。
この女性が子供の頃にクラシックバレエを挫折した経験があることは、作品のテーマを暗示しているように感じました。
今でも、伝統的なバレエ団では、白鳥の湖のオデット姫やジゼルのようなシルフィード役は、肌が黒いとできないはずです。(新しいバレエ団や新解釈のステージならありうるけど) 数十年前ならなおさら、人種の壁は厚かったはず。いくらバレエが上手でも越えられない障害でした。



で、この映画が怖いか怖くないかで言うと、まあ、怖かったです。
けど、ツッコミ所が多すぎてモヤモヤしてしまう~~



ホラーに整合性を求めるのは野暮かもしれませんが、怖い話を見た後、謎解きをしたり正体を知ったりして納得してから、「夢でよかったー!」と、現実世界に戻りたいんですよ。


単にぐろいシーンと胸糞鬱展開だけ集めた映画は、わたしの求めるホラーではない…
(「Midsommar」はそういう映画だろうと思われたので、見るのをやめました)
あとはネタバレなので、下に書きますね。


しかしさぁ…
この映画も、例によって、静かな湖畔の別荘が舞台なんですよ。
アメリカンホラーあるあるーー!!

あんな誰もいないところで、大したセキュリティもない、侵入口だらけの一軒家に泊まるなんて、絶対ごめんですわ。
と、狭苦しい集合住宅育ちは思うのでした







以下、ホラー映画「Us/アス」ネタバレ注意
核心部分に触れているので、見るかもしれない人は読まないでください








あんなでかい図体して、お父さんが情けなさすぎ!!
ティーンの娘がわりとためらいなくゴルフパターでテザードを殴り倒したのを見てると、家族の命がかかってるんだからケガぐらい押して守れよ!って思ってしまったw


Usが入れ替わろうとして襲ってくるのは分かるけど、どうして友人夫婦のテザードまで襲ってくるの?凶暴性のあるテザードとそうでないのがいるのはなんで?

クローンなのに子供は有性生殖なの??

思考能力のない成人テザードが山ほどいるなら、地下施設の衛生状態は最悪なのでは。

ウサギ飼って食わせるとか非効率なことせずディストピア食にすればいいのに。

主人公が元テザードなら、身体能力も凄かったんじゃないの?

バレエは14歳がピークだったというのはどういう意味?練習したら上手になったってこと?

本体とテザードが同じ動きをするという設定が、都合のいいときだけ出てくる…

この映画、結局「自分は人間である」という認識や家族への愛情まで作ることができたんだから、テザード作りは大成功だよね!
ハッピーエンド!!
後味は悪くなかったです








以上、ネタバレ終わり。




京都アニメーションの中でも一、二を争う大好きな作品
「ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝 -永遠と自動手記人形-」を見てきました。

IMG_20190914_160023.jpg

主人公のヴァイオレットを始めとする女の子たちの仕草がかわいくて、
特に今回は前半の舞台が全寮制女子校ということもあり、満喫できます


女子って書いたけど、男子も、
ハイヒールブーツと背中が編み上げのシャツを着こなすブロンドの内山昂輝、
無精ひげでちょっと頼りない子安武人がおりますので、
問題ありません


本編同様、叙情的なアニメでした。




エンタメ好きの端くれとして、制作スタッフの皆さんを尊敬し、感謝しています。
素敵な作品をありがとうございました。


ドキュメンタリー映画「フリーソロ」を見てきました

IMG_20190911_191723.jpg

アメリカのヨセミテ国立公園にある、高さ975mの断崖絶壁に、ロープなしの素手で登る「フリーソロ」で挑むアレックス・オノルド氏に密着したドキュメンタリーです。
当然ながら、オノルド氏よりも前にこの絶壁のフリーソロに成功した人はゼロ。人類未踏です。(ロープありならいる)



って書きましたけど、普通に死ぬやつじゃないですか。20m…いや下手したら10mでも、落ちたら死ぬ高さでしょ?
それを、975mですよ?
ロープ付けたクライミングでも十分危険なのに、フリーソロは、一度でも手が滑ったら即死ですよ。

実際、作品中でも、フリーソロを好んでいた有名なクライマーたちの死亡例が語られます。



なんでこんな危険を冒すのか…
理解できなくないですか???



最初から最後まで、「理解できねええ」そして「怖すぎて手汗止まんねええ」で、シアターの観客が一体になれる映画でした。
わたしはホラー映画が好きな方ですが、これ、下手なホラーよりよほど怖いです。


そして、
絶壁の大パノラマ、
にしがみつくちっぽけな人間、
そこに生息している鳥や虫も含めた臨場感、
これぞ映画館のスクリーンで見るべき映像です

凄かった…
いや、ほんと凄かった。




アレックス・オノルド氏、「俺はやるぜ!」みたいな自己顕示欲を一切感じない、ものすごく穏やかな人なんですよ。
アメリカ人には珍しいほど感情表現が苦手で、孤独を愛する性格だそうで。





バンで寝泊まりして、同じ服を着て、非常にまずそうな野菜炒めを自分で作って食べる、そんな生活に一切不満を感じない、本当に登ることしか頭にない人なんです。

死ぬかもしれない挑戦を前にしても、気負いが全く感じられない、
「人は誰だって予期しない死を迎えるものだ」「平和な世界で寿命を全うすることに興味はない」「挑戦しているときだけ生を実感できる」と、哲学者みたいな雰囲気で。

あまりにもヒョイヒョイ登っていくので、もしかしたらフリーソロってすごく簡単なんじゃないか?と誤解してしまいそうなくらい。
(ないです死にます)











※ちょっとネタバレ※






このフリーソロを成功させたオノルド氏が、最後に、「もっと大きな挑戦をしたい」と微笑むのですが、私としてはやはり、彼が落ちて亡くなったというニュースは見たくないです。

でもきっと、彼は失敗しても自分の死を受け入れるだろうし、死を恐れてクライミングを止める選択肢もないのだろう、ということを思い知らされました。


↑このページのトップへ