絶望だと思える環境からどのように道を見出したのか?上杉隆流の生き方をメルマガにてご紹介しています。

本文より一部抜粋。


今でこそ私は、人が驚くくらいに、日々ポジティブに生きている。だが、そん
な私も、かつては絶対的な気分に苛まれた時期があった。30代前半、人生の貴
重な1年を棒に振ったときのことだ─。フリーのジャーナリストとなって2年目
に、戦争取材で中東へと向かった。ところが、そこで列車事故に遭遇してしま
い、意識を失う重傷を負ってしまったのだ。一歩間違えば死んでいたというほ
どの大事故であった。そのまま空路フランス・パリの病院に移送された。そこ
で、1年にわたる治療とリハビリ生活を余儀なくされた。当時、私はまだ、フ
リーランスとして確固たる地位を築いていたわけではない。まさに「これか
ら」という時であった。やる気がみなぎっている時期の不慮のアクシデント。
しかも、1年に及ぶ治療とリハビリ生活。絶望感と焦燥感だけが募る日々だっ
た。

パリでの入院生活はとてもじゃないが、快適さにはほど遠いものだった。冬の
パリは曇りの日が多い。立ちこめる雲、薄寒い景色、見えない将来─そんな
日々に気分は沈む一方で、軽いうつのような状態になった。
歩くことも難しい。生涯、車椅子の生活が待っていると言われた。自分の人生
は、これからどうなっていくのか?ただ、その答えは、想定外に早く、目の前
に訪れた。絶望的な状況と思っていても、ある瞬間にそれが晴れてしまうとき
がある。このときの、私がそうだった。「この厚い雲の向こうには何があるの
だろうか?」─病室からパリの低く垂れ込める空を見ながら、私はそんなこと
を考えたりしたものだ。と、そのとき─。突然、かつて読んだ詩の1節が、頭
に浮かんだのだ。



つづきは各メルマガスタンドにてお申し込みください。



まぐまぐ

https://www.mag2.com/m/0001112241.html


ブロマガ

https://ch.nicovideo.jp/uesugi/blomaga


セオリー

https://theory.ne.jp/


ノーボーダー(1月7日までサイトリニューアルのため新規登録はできません)

https://op-ed.jp/ezine/