都庁にて




上杉隆

都知事選出馬会見



15時にはじまりました👀






実は東京との縁が深い上杉隆




福岡で生まれてすぐに東京へ(1歳)


若くして病に倒れ、障害を抱えた父と

献身的に介護をする母の背を見て育ちました。


中学卒業と同時に完全自立。

アルバイトで貯めたお金で高校を受験し

生活費と学費の一切を自力で稼ぎながら

東京都の奨学金を得て高校を卒業。

(大学は公立校の都留文科大へ。特待生でした)





17万部のベストセラーとなった処女作は

500日ほど都政を内側から取材して上梓した







先月お亡くなりになられた、上杉の恩師である鳩山邦夫衆議院議員は

蝶を愛し、採集しては個体数を増やし

自然に返す活動をされていました。

そんな鳩山先生は

1999年の都知事選へ出馬。

上杉は公設秘書として、

政治の内側をみつめてきました。




さらに2015年には

東京オリンピックに関して


予算が膨れ上がった仕組みを公に。

新国立競技場の一脚あたり9万円の椅子といったものではなく

オリンピック構想当時の堅実でコンパクトな姿を知っています。




17年の間に、都政のモンダイと改善点を

内外から見つめてきました





そんな上杉のマニフェストはこちらです






政策は、 #東京ゼロ !




知事給料ゼロ(4年で一億円) からはじまり



①首都直下型地震の死者ゼロを目指し

②都内養護老人ホーム待機者ゼロ、

③都内保育所待機児童ゼロ、

3つのゼロを目指します。


そして、


④オリンピックを当初のコンパクト案に


⑤横手基地の軍民共用化による経済発展

⑥東京のサイバーシティセキュリティ構想

※上杉はウィキリークスの米軍機密情報漏洩事件が世界を揺るがせた一年前に、国家の機密情報管理について提言(出典:外務大臣会見議事録)したほか、韓国にサーバーを置くLINEアプリで公的な情報管理をすることを安全保障の観点から控える必要があるということを自民党広報本部長であった小池百合子氏を通して提言(2015年には官邸や内閣官房など行政府での利用が原則的に禁止されている)。


⑦東京オリンピックまでの地方法人税などの再配分凍結による財源の確保(1兆2800億の財源)




上杉について丁寧にまとめられた記事は



こちらです






上杉隆への取材のお問い合わせや

ボランティアでポスターを貼ってくださる方はこちら


まで、ご連絡ください。










スタッフS