7月10日に発売される声優・上坂すみれの2ndシングル「げんし、女子は、たいようだった。」の表題曲、及びc/wのタイトル・クレジットが公開されました。


本シングルは7月より放送開始のTVアニメ「げんしけん二代目」主題歌となっており、1stシングルと同じく、初回限定生産盤、通常盤、「げんしけん二代目」の描き下ろしイラストが使用されたアニメ盤の3種類となっている。

「げんし、女子は、たいようだった。」は、上坂すみれが声優を志すきっかけとなった、自身が敬愛する『桃井はるこ』が作詞/作曲を担当。
桃井節炸裂の本楽曲は、これぞ『アニソン!』というべき楽曲に仕上がりつつ、上坂ワールドに浸れる珠玉の1曲となっている。

また、c/wの2曲目「テトリアシトリ」の作詞/作曲も、桃井はるこが担当。
コンセプトは「テトリス」の世界観を恋愛になぞらせた、桃井はるこならではの遊びが、新しい恋愛ソングへのアプローチを示しています。
編曲には、YMOの多くのアルバム・レコーディングや世界ツアーに参加し、現在、日本シンセサイザープログラマー協会代表理事を努めている『松武秀樹』が担当。LIVEでは、Yumiko先生が手掛けた中毒性のある振り付けに是非注目したい。

c/wの3曲目「SUMIRE #propaganda」は、『リッジレーサー』シリーズや『鉄拳』シリーズなどの音楽を手掛け、OMYのメンバーの1人でもある『佐野電磁』が作曲/編曲を担当。
佐野電磁ならではの疾走感溢れるメロディ、そして曲を通して鳴り響く重厚なドラムンベースは、上坂すみれの新たなアジテートソングとしてのアプローチが垣間見れる。
歌詞は、1stシングルで全ての楽曲歌詞を手掛けた『畑亜貴』が担当。
上坂すみれが立ち上げた、『革命的ブロードウェイ主義者同盟(略:革ブロ)』での『裏切りとは何か?』を問いた、1stシングルとは違った解釈のドラマチック革ブロソングに期待したい。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
上坂すみれ2ndシングル TVアニメ『げんしけん二代目』OP主題歌「げんし、女子は、たいようだった。」
作詞・作曲・編曲クレジット

M-1「げんし、女子は、たいようだった。」
作詞・作曲:桃井はるこ
編曲:Haraddy & 鈴木勝彦

M-2「テトリアシトリ」
作詞・作曲:桃井はるこ
編曲:松武秀樹

M-3「SUMIRE #propaganda」
作詞:畑亜貴
作曲・編曲:佐野電磁
※M-3は通常盤にのみ収録

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////