Cv2yBrEOma.jpg
全ての公演が終了しました。
少人数のグループ公演でしたが、どちらのプログラムも素晴らしく、一人一人が深いアーティストであり、内容深いガラだったと感じます。
その一員として踊ることができて、日々幸せでした(*´-`)
_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0239.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0246.JPG
マルセロ・ゴメスさんと、Aプロではローランプティ版ボレロを踊りました。
彼の作品へのアプローチは素晴らしく、二人で構築するボレロの世界を楽しみつつ、情熱的に踊ることが出来た気がします。
全てのエネルギーをこめて身を委ねてもしっかと支えてくれるばかりか、さらなるエネルギーを発してくれる、、、
まさに理想のパートナーです❣️
_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0201.JPG
毎回終わるたびに良かったよ、とお声がけいただいた、座長レジェンド、アレッサンドラ・フェリさん。
長年のファンです。。今回も素晴らしかった❣️
さいごの日には、
あなたたち、もっとこの作品やらなきゃよ。わたしは毎回見ながらエネルギーをもらったわ、
と、、、、なんとお優しい😭
一生忘れられない舞台となったね、とマルセロと話しました。。。

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0281.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0270.JPG
Bプロでは、高岸直樹さん振り付けのリベルタンゴを踊りました。
短い作品ですが、タンゴを踊るとラテンの血がさわぐパートナー、マルセロとの化学反応が、これまたわたしを触発してくれて、、
もっと踊っていたかったです。
彼は、ほかにも自身の振り付け作品なども踊っていて、その素晴らしさをお客様に焼き付けたことと感じます。
劇場ではクラスも教えてくれました。皆の気持ちも身体もうまくあげてくれる。
どこまで多才なんだろう、、、、
J6ruK2cG5D.jpg
もう一人のレジェンド座長、ロベルト・ボッレさん。彼もまた素晴らしいアーティストであり、わたしにとっては背中を見てついていきたい先輩のような存在です。パートナーとしても素晴らしい。
年齢が少し上でいて、あれだけの舞台を素晴らしくこなしつづける、エネルギー、芸術性を見ていると、心強く、また学ぶことも多い。。尊敬します。

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0121.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0212.JPG
これからも頑張ります。

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0313.JPG
ファンの方から、見に着てくれた先輩からのお花、差し入れなど、、、
みなさん本当にありがとうございます(*´-`)
そのお気持ちがわたしを支えてくれる😭、、



今回も見守ってくれたロピ🐢
_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0221.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0249.JPG
二演目とも結果的に黒の衣装でしたが、前回のタンゴのときの衣装と髪飾りを模したお座布団があまりにもラブリーで😭
また白を着ておどるときまでお預けねー❣️笑

黒も、サイドにありバラ🌹がなんともオシャレなんですょ(*´-`)スタッフさんいつも本当にありがとう💗

それではまた近いうちに、、


水香💗

本日、こちらにマルセロ・ゴメスさんと私のリハーサルレポートを載せていただきました。もしよかったらご覧下さい💗

いま31日からスタートする、フェリボッレ アンド フレンズ というガラ公演に向けて稽古中です。
アレッサンドラフェリさん、ロベルトボッレ さんを始めゲストのみなさんは、長いこと深い芸術、本物の芸術を追求して体現し続けてきた、素晴らしい方々ばかりです。。。
そのメンバーに加えていただくことを誇りに、そして感謝して全力でのぞみます。(*´-`)

わたしはゴメスさんと、Aプロでは、ローランプティ版 ボレロ 、Bプロでは、高岸直樹さん振付の リベルタンゴ を踊ります。
どちらも、ゴメスさんのラテンの血と情熱が存分に出る魅力的な仕上がりになりそうです。
わたしもそれに呼応し、いい意味でのこれまでになかった化学反応を目指して仕上げていきます。


_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0099.HEIC
ルイジ・ボニーノさん、、お忙しい中、この指導のために駆けつけてきてくださいました😭

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0103.PNG
_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0098.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5391.JPG
こちらは、昨年のジュエルズIIのときの、リベルタンゴです。長谷川清徳さん撮影です。


リハーサルの合間を縫って、色々と取材もしていただいております。話をさせていただくことでより自分の中で頭が整理され、必要なこと、今後の課題などが見えてきます。それと同時に少しでも多くの人に私のような一人のダンサーが存在し、バレエの魅力をすこしでも広めたいと願って出来ることをやろうと思っているってことを、知ってもらえたら、、劇場に足を運んでいただけたら、と祈ります💗🤞💗

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0075.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0108.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0127.PNG
水香💕

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9796.JPG
(各地でスタッフさんが用意してくれていたお守り🐢のロピちゃんのお座布団セレナーデversion...)

みなさまおはようございます💕1ヶ月ほどに及ぶ海外ツアーから、無事帰国いたしました。
移動、リハーサル、本番、、、と、各地を回るハードな旅でしたが、こうして終わってみると、さまざまなキラキラとした記憶の断片がたくさん浮かびます。無事で嬉しいです。

前回のブログではウィーンについたところでしたね。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9545.JPG

とてもステキな劇場。私は初めてここで踊りました。ザ・カブキでした。
心地よく踊れてお客様もとてもあたたかく、幸せでした。
また是非踊りたい場所となりました❣️
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9499.JPG
ウィーン、オペラ座の総監督のドミニク・メイヤーさんは、バレエへの造詣がとても深く、ベジャールさんとは古いお友達とのことで、ザ・カブキを再び観られたことが嬉しいとおっしゃっていました。
全公演観にいらして、あたたかく声をかけていただきました。
今回、お知り合いになれて、とても光栄でした。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9482.JPG
そこから次はジェノバへ移動し、ネルヴィという場所で野外公演があり、ローマに引き続き、ラバヤデールを踊りました。
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9582.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9592.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9685.JPG
まだ日が差す時間のクラスレッスンから始まり、薄明かりくらいの状態で開演し、曲がすすむうちに少しずつ暗くなります。
少し慣れて、楽しんで踊ることができました。
舞台のすぐ裏は海、、、
ネルヴィは、イタリアのリゾート地の一つです。
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9631.JPG
そして、最後の場所は、ミラノでした。
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9667.JPG
わたしにとってはとてもご縁のある場所。何度も何度も訪れ、仕事をしてきています。初めて海外でゲストとして呼んでいただいたのも、このミラノ・スカラ座でした。そのときはまだ右も左もわからないハタチそこそこ、、、毎日このドゥオモを横目に通過してスカラ座へ通って必死にリハーサルをしていました。。
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9713.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9762.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9781.JPG
ルイジ・ボニーノさんにはその時からお世話になっています。。
初日観に来てくださいました。
初日、2日目と、セレナーデを踊りました。
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9805.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9808.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9843.JPG
このセレナーデ、、初演から同じメンバーで踊ってきておりまして、どんどん息が合ってきています↑笑
今回も楽しめました。
x_crGnpUZE.jpg
そして3日目は、ザ・カブキ。
今回のツアーの最後の公演でした。気合いが入りました☺️
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9773.JPG
ミラノスカラ座バレエ団のディレクター、フレデリック・オリビエリさんには、ノートルダムドパリ、ドンキホーテでスカラ座に客演した時もこのバレエ団の芸術監督でいらしたので、お世話になっていました。

ミラノでは、インタビューをしていただく機会もありました。フェイスブックにリンク、和訳をアップしておりますので良かったらごらんくださいませ。。

今回再び来て踊り、またここで踊りたい、、と強く思いました。。素晴らしい劇場です。

東京バレエ団は、各地のオペラ劇場へ招かれ、ツアーをすることができる日本唯一のバレエ団です。バレエ団のメンバーの皆もそれぞれステキな経験を胸に帰国したことと思います☺️

大変でしたが、たくさんの出会い、再会、舞台、そして各地の街並み、雰囲気、、、、とても充実した濃厚な経験でした。最初に行ったポーランドなど、もう大分昔のことのように感じます、、笑

久しぶりの日本はホッとします。
またすぐに次の舞台が待っていますので、しっかり疲れを取って頑張りたいと思います。

みなさんにまた舞台でお会いできますのを楽しみにしています(*´-`)

水香💗


↑このページのトップへ