_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8611.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8610.HEIC
昨日、おとといと、VDNHというモスクワの大きな大きなイベントスペースの野外劇場にて踊ってきました。
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8552.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8567.PNG
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8540.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8544.JPG
初日は黒鳥とグランパクラシックを踊りました。
パートナーのジョージ・スミレフスキーさんは、ダンチェンコ劇場で長年プリンシパルダンサーをつとめていらっしゃる超ベテランで、さすがの貫禄とサポート力でわたしをリードしてくださいました。ステキなご家族もみにいらしていて、心があたたかくなりました!
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8599.JPG
野外劇場ではお約束の、笑、掘っ建て小屋楽屋、コンクリの舞台裏、、、
でも、開演のときはまだまだ明るく西日が差し込む舞台から時間が経つにつれ幻想的な夜のムードとなり、広い外の空気を吸い込んで踊る野外の感覚は、それはそれはステキなものです。
空間が広すぎるからなのか、本番では横のスクリーンに大きくダンサーが映し出されていたようです。

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8571.JPG
左より、上野水香、マリア・アイシュバルト、ミハイル・カニスキン、ニコライ・ツィスカリーゼ、ルシア・ラカッラ、デニス・ロジキン、大川航矢
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8574.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8609.JPG
2日目は、ゲストダンサーがニコライ・ツィスカリーゼさんによるマスタークラスを受け、その後、作品をシェアしてパフォーマンスするという、異色のイベントでした。
豪華なメンバーが集まり、和気藹々と楽しく舞台で踊ることができました。
眠れる森の美女のアダージオの模様を少しごらんください。
こんな感じで、シェアしていきました。
袖から動画を撮ってくれたのは、日本人でロシアにて活躍していらっしゃる寺田翠さん。パートナーは同じくロシアで活躍中の大川航矢さん。息がぴったりの舞台でした。
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8607.JPG

沢山のステキな思い出が残りました。
文化、芸術、、、仲間のダンサーたち。。やはりその場に行かなきゃ、その空気で踊らなければ得られないものがあります。
この経験を大切にこれからも更に頑張る、と心に誓いました(*´-`)💗💗💗

あー楽しかった。

自分にどんどん磨きをかけて、いい舞台をお届けできるよう、臨んでいきます、、

さて、パッキングして帰国です✈️
また近いうちに〜❣️

水香

g3Qg3_Zxoh.jpg

みなさまおはようございます😊

今週はモスクワで本番があります。
今日はこれから出発します。いま空港に向かっております。。
グランパクラシックと黒鳥を踊りますので、チュチュ2着が荷物に加わるという😅
大荷物かかえて頑張ってきます💗

本番用のポアントも忘れずに入れました。
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8383.JPG
そして、お守りのカメのロピちゃんもおります🐢
いま寝てます。笑

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8414.JPG
このところ毎日暑かったけれど、今日は少しすずしいですね。

海外の舞台に呼んでいただけることは本当にありがたい。わたしの持てるものをちゃんと発揮できるよう、精一杯頑張ってきます。
また近々更新いたしますね(*´-`)

みなさまどうぞ良い一日を💗

水香

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8065.PNG
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8033.JPG
ルドルフ・ヌレエフさんの半生を再現したドラマチックな映画、ホワイトクロウを10日の公開に先駆けてDVDで見せていただきました。。
(C)2019 BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND MAGNOLIA MAE FILMS

感想をここに書いてみます、、、、
ヌレエフの亡命までの半生、その天才ぶりと自分の才能を世界に知らしめるための自由を求める情熱、、
画面から溢れんばかりで吸い込まれそうでした。あの時代のソ連、亡命、、すこし怖かったけれど、その窮屈な時代だからこそマグマのように情熱を溜め、それを西で爆発させたんだろうな、と想像できました。
ヌレエフ役のイヴェンコさんが本人にそっくりで驚きました。顔も、出で立ちも、踊り方までもが、、、
私はヌレエフのバレエを心から尊敬していますのでとても興味深く観させていただきましたが
バレエを知らない人にでも、バレエの世界のこと、情熱、そしてあの時代のことがリアリティに溢れて描かれているので楽しめるのではないでしょうか。


またリピートしたいくらいです。。
ぜひぜひみなさんにも観ていただきたいステキな映画です(*´-`)

モナコ留学時代に、校長のマリカ先生が、いつも、森下洋子さんとヌレエフの話を私に聞かせてくださいました。。
ヌレエフは、このスタジオで毎日カブリオールを500回してた。誰よりも練習をした。
ヨーコも同じ。

と。やはりどんな天才でも、稽古は大切にするんだ、と子供の頃たたきこまれました。

私も頑張らなくちゃ!


水香

↑このページのトップへ