どーも、wappaです。
ここ何日間はスクウェア・エニックスさんとスマイルプリーズさんにリンクを貼っていただいた影響もありアクセスが集中しておりますので、このタイミングでドッグイヤー・レコーズの“モノづくり”に関する考えなどを、真面目な内容になってしまいますが(もちろん今までのだってまじめですよ・・)お話したいと思います。
ドッグイヤー・レコーズは現在、ゲーム音楽の制作を主な業務としておりますが、レコード・レーベルである以上、もちろん近い将来には自社制作のCDをリリースしていきたいと思っており、まだ企画段階のものが多い現状ではありますが、おそらく早くて今年の秋頃には何作かリリースできるのではないかと思っております。

様々な国籍のクリエイターによる多種な音楽を皆さんに提供していく予定ですので、幅広く大勢の方々に聞いていただきたいという想いがありますし、また、何よりもCDを制作する側全員と聞いてくださる側全員=作品に関わる全ての人々が作品を通して“喜びや幸せ”を感じることができるよう、今後もこの業務に一生懸命に取り組んでいきたいと思っております。

そしてドッグイヤー・レコーズがCDの制作と同時に取り組んでいきたいと考えているのが、『子供達がドッグイヤー・レコーズの制作業務の一部に参加し、仕事を実体験する機会を提供する』という、子供たちのためのプロジェクトです。先月も個人的に埼玉の小学校へゲストティーチャーとして伺い、子供たちとお話をする機会がありましたが、最近の子供達はインターネットの普及もあり様々な“情報”を詳細に得ることができるため、僕らが小学生だった頃よりも遥かに『情報による知識』を持ってはいますが、『情報による知識』は『経験による知識』とは全く異なるものであり、現代の子供たちの持つそれらは実体験によって得た『経験による知識』ではないため、実際にはそれらの本質を理解できていないのだと感じました。問題なのは、そういった『情報による知識』を大量に得たことによって、全てをわかっているという錯覚に陥ったまま、『想像すること』をも放棄してしまう点です。
何かを『想像する』ということは、全くの『無』から生まれるものは圧倒的に少なく、何かを知ることによって発展していくものだと思っておりますので、たくさんの知識を持つことはとても重要な事ではありますが、大事なのはその“量”よりも、どのような知識を大人が子供たちに与えていくかという“質”の面だと思います。

最近では子供達が実際の仕事の現場を見学するような機会であったり、社会勉強として実体験をする機会、また 働く大人たちから直接仕事の話を聞いたりする機会が格段に減ってきているように思われます。ドッグイヤー・レコーズでは、そういった現代の子供達に可能な限り多く仕事の実体験をしてもらいたいという想いから今回のプロジェクトを進めていくことを決心致しました。当然ながら制作途中段階の情報を見せていくリスクなど、企業にとって必ずしもプラスではない点も多くありますが、ドッグイヤー・レコーズの目指す作品は今この瞬間だけ愛される作品ではなく、この先何百年と大切にしてもらえるような作品を作っていきたいと思っており、そういった作品を目指す上では子供達に製作過程を見られる事は特に障害にはなりません。むしろこのプロジェクトによって子供達に多くの経験を与えることができるのならば、それこそが大人として、社会人として大きな価値のあることだと思っています。
これらの活動はあまり皆さんの目に入るきっかけのない活動になっていくとは思いますが、実現した際にはこの『DERBLOG』にてほんのわずかでもご紹介できたらと思っております。

長くなってしまいましたが、このドッグイヤー・レコーズの“企業”としての発展も当然大事な事ではありますが、それと同時にたくさんの方々に喜びを与えることができる企業になるべく努力していく所存でおりますので、今後ともご支援のほど宜しく御願い致します!

Hello! This is wappa writing!
Recently, the access to our blog is increasing by the link from the "square-enix music" and the "Smile Please". At this timing, we want to tell you about what we are thinking about our "Creating work".
At present, our main business is "creating video game music", but "Dog Ear Records" is a record label, so we do want to release the original CDs in the near future. The situations of those are still in the planning stage. But probably, we can release some of the works around this autumn.

The music we want to provide to you is a various music created by the musicians of a wide range of nationalities, So that a lot of people with various musical tastes will listen to our music; moreover, we want every listeners and creators to become happy by our works, and we will make strenuous efforts to realize it.

And one more thing we want to work on is "providing to children the opportunity to get the real experience of working, by participating in the part of the creating business of Dog Ear Records". Last month, I got a chance to talk about "working" with the children of the elementary school sixth-grader in Saitama Prefecture, as a guest teacher. What I felt by talking with them is that the recent children get a lot of knowledge by the popularization of the internet more than when we were a school child. But those "knowledge by information" is completely different from the "knowledge by experience". The things they get from the internet are not the "knowledge by experience" which was gotten by the real experience, so I felt that those children don't understand the essence of the thing which they know, actually. And the problem is that they are losing their imaginations by having the illusion that they know every kind of thing by getting those information knowledge.
Actually, it is very important to have a lot of knowledge. Because nothing come of nothing. I think "imagination" is the same too. But most important thing is not the "quantity" of the knowledge, but the "quality" of the knowledge which adult gives to the children.

Recently, the opportunity of visiting the scene of the actual work, the opportunity to have the real working experience as the learning about society, and also the opportunity of asking to adults about the work seem to be decreasing remarkably. Dog Ear Records decided to work on this project to give our children a lot of real experience of the work as far as possible. Of course, it's not always positive for the company such as the risk by showing the information still in progress. But the works we want to create are not only the fashionable good seller music which listener loves only for a few years. We want to create the things which people will love for hundreds years.
When aiming to create those kinds of works, showing the information which is still in progress to the children won't be an obstacle to us. Or rather, if we can give our children a lot of experiences by this project, I think it includes the most valuable things for adults and the society, and also for us, too.

I think you won't have a chance to see these kinds of activities. But when it realized, I'll show it a little on my "DERBLOG"!
Oops! Sorry, this entry became too long.
Lastly, growth of the Dog Ear Records as a "company" is very important to us, but at the same time, being a company which can give a lot of people pleasure with it is what we aim for, and we will realize it through hard work! We appreciate your continued support! Thank you!


※Excuse me if there's a mistake in my English.
It was difficult for me to translate this time. :<

どーも、wappaです。
今日は、3月12日に某スタジオで行われました
Xbox 360用ソフト『ロストオデッセイ』の録音風景を
わずかですが写真でお伝え致します。

Hi,everyone!
Today, we will show you some pictures of the
Xbox 360 videogame LOST ODYSSEY's studio recordings
at March 12th.
あまりまだ多くは語れませんが、音楽の部分で言えば、
"POP"さをテーマとした『ブルードラゴン』とはまた違うテイストで、
人間の感情の奥深さが表現された美しく力強いメロディーの数々。
これは素晴らしいなぁ・・・。

おっと、もうこれくらいでお話はやめておきます。
写真をご覧ください!

---------------------------------------------

I can't talk about this program a lot yet,
but musically, it is quite different from "BLUE DRAGON".
The musical theme of "BLUE DRAGON" was "POP".
But this time, I felt that Nobiyo's songs are expressing the
depth of the human emotions mainly and those melodies are
so beautiful and also have a strength.

Oh, I can't talk about it anymore....
Please look at the following pictures!


rec51.jpg
【シリアスウエマツ~SeriousUematsu】

rec21.jpg
【冴えわたるChopin'sディレクション~Chopin's Direction】

rec11.jpg
【ゴージャスな編成~The Orchestra】

rec31.jpg
【師弟愛~Master and Disciple】

rec41.jpg
【そして名曲誕生~Masterpiece】


wappa

↑このページのトップへ