_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6843.JPG
平成元年の時は10歳でしたが、平成という年号に馴染めないまま過ぎたこの30年。役所で何度いま平成何年ですか?と聞いたことでしょ。1989年とか1990年とか西暦で連想される出来事のほうが多かったようにおもいます。

平成24年がいったい西暦の何年だったのかもよくわかっていませんので、平成という時代の節目感がいまいちピンとこないまま令和に突入という気分です。

2078年まで生きてたら100歳ですけども、きっと生きていないだろうと思うのですが、2030年には50歳を超えてるのかと思うと、こりゃいまがむしゃらにやっていかないと何にも形にならないぞと改めて思わされてるので、平成と令和に節目な気分にはさせられるのかもしれないですね。

やったことしか未来に残らないというのは考えてみたらあたりまえですね。