月別アーカイブ / 2017年05月

uJ043uQBaG.JPG
おはようございます
今日の東京はガスってますが、夜中まで天気が崩れなければいいなあ。

来月開催するジャコメッティ展があります。
http://www.tbs.co.jp/giacometti2017/
でいま色々調べてみているのですが、芸術も15世紀のルネサンスを超える勢いと量で19世紀末から20世紀かけて、近代は拍車をかけて突っ走り、21世紀に入って鈍感したと見せかけてインターネットでまた何かが爆発した感じで、一体全体とゴーギャンの絵のタイトルがよぎります。

100年、50年と社会状況は激変してますが、でも50年前とか意外とこの前だなぁという気もして、すると100年後も人間そんなに変わって無さそうな気もしてきます。

扱える情報の量が増えて人間にとって大事な情報の精度が上がったとして、人間はそれを何に活かすのかなぁと素朴に思います。

ジョー山中さんの映画のタイトルが「存在の証明」と思い出してしまうのですが「人間の証明」ですね。あの歌なんてタイトルなのかなと調べてみたら「人間の証明のテーマ」と非常に考えさせられるタイトルをしていました。(笑)

SMnlJReI_M.JPG
おはようございます。本日も快晴!
と書きながら、最近は、自分のいるとこは快晴でも違うところは雨かも知れないし曇りかもしれないなと思いました。

文書は具体的な誰かに届けるように書くといいと言われますので、どうもこのブログも北海道の方に読んで頂いているようですので、「東京は」なんて添えるようにしました。想像というのも何処まで想い至ればよいものか難しいですね。

南アフリカにいる友達が東京の天気なんか気にするかなとかも思いましたが、昨日パリの友達が一昨日の夜10時の綺麗な夕暮れの写真を送ってくれました。僕も同じ日東京の夜7時の夕暮れの空やたらと綺麗で写真を撮っていました。

写真の中の建物に文化の違いがハッキリと映し出されているのですが、夕暮れの空の色はパリも東京も同じくらい綺麗で。向こうでもこっちでも、同じ時に同じことが起こってると思ったら、なんだかほっとしました。

正確には時差があるのですが問題はそこではなく、いま自分のところで見えてる景色が自分にとっては全てでしかないのですけども、それと同時に見えてないけど確かに存在してる世界があって、世界は自分の世界より遥かに豊かでして。そう思ったら今のここがもしダメでもそっちにもまだ世界はあるわと、生きる世界の貯金がふえる気がします。

あるとこにいると物事の見える景色が違うんだろなぁと思いますが、生きてる人みんながみんなそれぞれの場所なのだから、みんな見える景色が違うよなぁと、またあたりまえのことですが、チョイチョイ忘れてしまいがちです。

それぞれの事情と状況があって、それも何処まで思い至ればいいのか難しいですが、自分の程度は態度に表れてることの全てなんだろうなとおもいます。

今日も一日がんばっぺです。

S4_JhpBiyq.JPG
おはようございます。
今週は概ね晴れでございますね!気持ちいいっす。

昨日、父と伯母と伯母という三人で、仕事場まで遊びにきてくれました。会ってから帰るまでずーっと話していますが、子どもの頃から食事中もいつでもみんなでアレやコレやあーでもないこーでもないと、よく喋る家庭だったなぁとあらためておもいます。

叔母が小学生の頃から沢山映画を見せてくれてた影響はたぶんにある気がします。カーク・ダグラスが三枚目のカーボーイをやってる『カクタスジャック』とかってまだターミネーター出るかでないかのころのシュワちゃんが筋肉剥き出しで馬車に乗ってる映画がありましたが、ジョン・ベルーシもビビビビビビビビーって蜂の格好で転げ回って、チェビー・チェイスが階段落ちしている頃ですね。あの頃はほんとうにアメリカという場所に憧れていました。アメリカからのお土産でもらった物の匂いもずっと嗅いでいました。

はじめてアメリカに連れて行ってもらった時、ロサンゼルス空港のフロアーに出たらデパートの化粧品売り場のような香水の匂いが充満していてビックリしました。これがアメリカか!と。出会いがしらのあれはほんとうに感動しました。

夕方大相撲を見ながら塩辛いシャケにお味噌をすする食卓とは無縁の景色でした。

マタタビでラリった猫のような夢心地でバカでかいビル・クリントンの肖像写真を見上げていたのも全て思い出ですが、いまもその時の地続きで生きています。

今週も元気にがんばろー!

↑このページのトップへ