月別アーカイブ / 2016年12月

_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7361.JPG
日付の文字がどっかり重たい。
12月31日。今日は大晦日、12か月ある1年の、最後の1日です。

さっくりとふりかえっても、スペクタクルに始まりたくさんの曲をリリースし、たくさんのライブにてみなさんとお会いできたこと。これがほんとうに嬉しく、日々の中で大変ながらもひたすらに幸せ、これが私が生きてゆくうちでの仕事ならば、こんなに私が生きているということを注ぎ込めるということを幸せと呼ばずになんというのだろうという感じ。そこに関わってくださるいろんな人たちがまた、大好きな人ばかりで、すこしずつみなさんのことを知ってゆくのもまたおもしろく、そして感謝せずにいられません。ただただ、これに尽きるのです。

いろんなことあったね。2016年。
日々の生活の変化の波も大きく、大人になるというのはこういうことかと日々シンプルに感じ、だいたいいつもそこに歌がありました。こまったなあ、自分ではまだぎちぎちに背伸びしても足りないなあ、どうしようって事態にぶつかることも多く、でもそんな中なんとかかんとかやっている。わたしもそうだし、みんなそうだもんな、がんばろー前を見よ、という現状で、で、歌っていました。スペクタクルという曲から始まった2016年は、まあそれはまあそれなりにスペクタクルな展開での一年でした。
引っ越しも、リリースも、大切な友との別れも、ライブも、フェスも、ただひたすらの日常も、映画の出演も、久留米ふるさと大使も、すべてがひとつなぎに、すべてを呼び合っているような、そんな風に思わずにはいられないような一年でした。自分が一人で生きているんではないんだぞ、とお空から言われているようであり、そうすると一人になりたくもあったり、そんな時こそ音楽が響いたり、なんにも感じなくなったり、なんというか、いち人間として、たくさん心の動きがありました。

漠然としすぎていて何書いてるのかわからないかもしれないんだけども、
わたしもここに何をどこまでどんなふうに書けばいいのかわからないのだな。しかし歌は、いつまでもそばにいてくれるように、書くし、歌うからね。そんな歌のパワーや音楽人の持っているパワーを改めて感じた2016年でもありました。

12月になっても日々は怒涛のように過ぎゆき。書きたいこともまだたくさんあるんだけど、それもまたきっと改めて書ける日が来ると思うからね。
アルバムのリリースも、クリスマスに感じたことも、これから始まるツアーに向けての想いも、いろんなことが溢れてどうしようっていう気持ちなんだけども、
正直今はもっと新たに生まれてきている感情のほうが強く、自分でも日々戸惑うほど。よくこれがこのように形を保っているなあと思うほどです。だからやっぱり今年はひたすら転がり続けたのだなあと思います。そしてまだ見ぬ想いと共に大晦日の今日も、歌うんだと思います。

来年はもっといろいろと身につけたい一年です。
日々知らないことに触れ、知識として学びたいことも、身につけたいことをちゃんと叶えてゆけますようにと思っている。自信なんていつまでも無いし、わたしはいつまでもなんだかんだ変わらないんだけど、もっと心のひだにいろんなこと、挟んでいきたいのよ!


アルバム、聴いてくれていますか?笑
2016年の最後にはどんなふうにひびくんだろう。あのとき想像の中にしかなかった季節が、今実際にここにある。わたしはそれを気づかないでいるのか。ふれてもう消えるところなのか。
季節がゆくときというのはほんとうにいつも、形のないもので儚く、なかなか追いつけないものであります。今の想いだけをわたしは抱きしめている。それをここに記しておくのであります。
2016年がんばったひとりひとりのこころのやらかいところ、抱きしめたい気持ちです。

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6543.JPG

ブログ書こう。

夢のパレードツアー、終わり。
たくさんの場所でのたくさんの人
何年か前じゃあ想像もできなかったなあ、ってくらいに、ほんとにたくさんの人たち。
会社帰りの男性のスーツ
女の子たちのかわいい笑顔と涙と
どうしようもないくらいに伝わってくる手紙たちと
おいしいその土地土地での食べ物
あったかい寝床に
晴ればっかりのお天気
夢のパレードという曲をリリースできた2016年は奇跡みたいな、1年だと思った。
自分でもなんのこと歌った歌だかわかんないなんて。ねえ。
そしてこんなにもたくさんの人が
こうでした、こうでした、こんな歌ですか、こんなものが見えましたって声を上げてくれるなんて。なあ。
アート というものを今一度見つめた。考えた。
今回のこれは、なんというか、しなやかなコミュニケーションだった。


合間、合間で学園祭とか
地元でのイベントもあったりして
わたし 地元久留米のふるさと大使になれたりして、最近。すごくうれしかった。
そのお話もたくさんできたりしてね、
すごくうれしかったの。
学生さんたちのまっすぐな熱意に 胸を突き動かされたり、頭小突かれたりしたの。
前を見て、下見て、前見て、荷造りして、動けなくなって、下見て、また前見て。そんな日々で。



それからねえ
12月に突入していた。


みなさんすでにご存知でしょうかねえ
アルバムが出るんです。
ロンリーナイトマジックスペル と名付けました。
思いの外 思いがいっぱいいっぱい詰まったタイトルで
たくさんこれについてインタビューでおしゃべりしたり、
テレビで歌を収録してもらったり、
大切な曲を こうして こうして歌えてほんとにしあわせなんだな、わたしは。うれしい。そう思う。
とにかく 聴いてほしいな。
とにかく 今までが、わたしが生まれてこの方この体で生きてきたものが、一枚になったような そんなはじめてのきもち。だから聴いてほしいなあと 思ったりしてる。


んー。また振りかえるんだろうな。
最近こうだった、こうだったって。
なにせ12月だから、一年というものがまた切り替わる時期だから、またどうせしっかりとふりかえるんだろう。こまったなあ。なんでこまっているんだろう。あんまり、ほんとに、特に最近ほんとに、自分がなんでこまってるんだかとか、うれしいんだかとか、わかんないことが多い。よくぱにくる。んで泣く。はは。しょうがないと思う、そんな日々もあるんだと思う。でもぜんぜん大丈夫なんだとも思う。なぜなら、そうやってわたしは大丈夫になっているんだと思う。これまでもそういや、そうだったんだと思う。


せっかくだからもう、軽くだけふり返ろうと思う。
心配してる人もいるかしらと思ったんで改めて書くんだけども、こんだけツアーやら何やらで家を空けてしまうので、ララちゃんのことが気になって、あとその他もろもろのいろんな事情もあって、久留米にいた母親と、大阪でしばし暮らし始めた。そのために夏前は、怒涛のように物件を探したり引っ越しをしたりした。
母親は子供のような人だ。子供のようなというか、少女のようで、そして強くて、とてつもなく弱くて、表情がくるくると変わり、話にオチをつけるのがうまく、あまり家事が得意じゃないんだけど、ご飯を作るのがうまくて、ご飯食べさせたがりの、申し訳ながりの、なぜか突然ドラムを始めたり、カラオケに行けばとてつもなく気合いの入る歌を歌うような、そんなような人です。とにかくなんかすごくおもしろい人で、早くなんとかしてそのすんごい人生を漫画か小説か絵本か何かにしてくれたらわたし、いつでも読めるのになって思ってる。そんな機会が訪れるのかわからないんだけど。いや訪れないと思うんだけど。あればいつでも読みたい。
で、そんな母と、15才、10年ぶりの家族と2人暮らしがひとときはじまったけれど、あんまかんたんじゃない。でも、お母さんのことは、わたし大好きなんだよ。
ほんとはなるべく寂しくさせたくない。でもきっととってもさみしーと思う。元気であることを心から願っている。離れてた時より、ずっとずっと思う。すべてすべてを書くことはできないけど、みんないろんな日々を乗り越えているから、わたしもがんばろうと思える。みんなすごいよ。そんな日々です。

んー、そんな、夏前の引っ越しの荷物をほどく間すらないまま衣替えいらずの冬が到来し
そしてはやくも12月が到来し、た。
あらためて、ふしぎーな一年だった。


1人でいることの大切さも感じた。
これまで1人というと寂しさばかりを感じてたけど、むしろ尊さも見つけた。
わたしの歌う理由って、子供のころから、というか
私が生まれてきた理由自体が、歌にあった。
なぜなら、両親が出会ってお互いに恋をしたそのもともとのきっかけが、歌であり、
歌うことによって 2人がつながっていた。
わたしが歌うことによってまた。
そして今も歌が、わたしを助けてくれている。
そんなことにやっと気がついた。だからふしぎな一年だった。

すべてを言葉にするのは難しい。てか無理だ。
でもなんとなく なんだかで伝われば それでいいと思ってるんだ。歌だってそうで、
本当の意味なんていうのは どちらでもいいなと思っているんだよ。そばできらきらした時間をひととき作ってくれるなら、その歌があなたのそばにあるならば、それがうれしいんですよ。

時が経って
時が経っていくのを感じる。
ららちゃんの顔をたまにぐりぐりマッサージしながら 思うんだ。時が経ってるんだなあと。
大好きな気持ちで超えていきたい。


たくさんの人たちが 手を貸してくれています。たくさんの時間、たくさんの思い、たくさんの情熱、たったちっぽけなわたしの夢が いろんな人たちの手を伝ってまたべつべつの夢をのせて 頭上に漂っていってるのがわかる。
年末にはカウントダウンジャパンがあったり、年明ければツアーもはじまる。
ドキドキするよ。
いつも、今回こそやばいかも。わたし、大丈夫か、いけるのか。って、ほんとに思ってるんだけど、たくさんの人たちのパワーが集まってるのを感じてて 、大丈夫じゃないわけないなと思ってたりもする。

大きい空に流星群のお知らせを聞いて いそいそ寒い中あったかくして外に出て みんなで空を眺めて待ってるような そんな感じ。
いいライブになるといいな。
ロンリーナイトマジックスペルツアー。


アルバム。発売日になるの、待っててね。
お店に届いたら見に行こう。
わたしはそれをいつかまた福岡で、母の運転する車で聴ける日が来たらいいなあ。そんな日がくることを願っている。わたしにとって 子供時代とつながる一枚だからなんだろう。いろんな夢がつまっているから。


みなさんいつも、ありがとうございます。
まだまだまだまだ 前を向いて
ときに座って空を見上げて がんばりたいなとおもっている、2016年の終わりがけです。
久しぶりの ブログでした。

https://www.youtube.com/watch?v=h5qIy25I8fM 

↑このページのトップへ