冷たくて 優しい人

あたたかくて寂しい人、

これを
大人
子供
と読んだとして

大人というのはだいたい
元 子供だとゆうからね

その交差点にいるときは
大変何やら入り混じってしまうのかもと思うね

夢はときおり濁ったりすることもあるけれど
ほんとうに汚れきっちゃったりはしないなと思うね


何に救われるかというのはその時次第で
冷たさに助けられるときもあるだろうし
純粋さにぶっ潰されるときもあるだろうね

まじりっけのないほんとーの思いが
1秒でも強く焼付くことが
わたしは美しいことだと思うし
そーゆーもんだしょ、と思う。