懐かしい匂い 懐かしい顔
懐かしい仕草 懐かしい言葉
懐かしい人 懐かしい気持ち
懐かしい場所でのライブ
久留米の街ぜんたいに、音楽が溢れる日
強いこだわりを持った情熱家さんの多い街で、私は生まれ育ちました
日本中で、大阪に負けないくらい、商売人の街
サービスの街
ほんものであれ
本物に向き合えるパワーを持っているからこそ たくさんの人ともまっすぐに向かいあっていけるのだ
自分の言ったことに責任を持つというのはたぶん、そういうこだわりとか 人との接し方とか 誠実であることというか そういうことだと思う。

歌いおわってぐぐっと寒くなったあと、どんぐりがたくさん落ちてるのを見た。
ちっぽけでも だれかにはもしかしたら元気とか、何かあたたかい気持ちを上げることができているかもしれないこんな私にも、と思った。

足を運んでくださったみなさんにほんとうに感謝します。
途中やじをとばしてくれたおやっさんにも。あなたの心まで、ほんとの気持ちだけで、歌いたいから。
音楽も、場所も、街も自分ひとりのものじゃなくて、それぞれのためのものだから、
ひとりひとり、今日集まって歌に耳を傾けてくださったみなさんに、感謝しています
素敵な時間をありがとうございました。

また何年も経って、どんぐり見て、きっときょうのこと、思い出すの。ライブ中えぐえぐ泣くなんてさ、ないよこんなこと。17才のとき以来の故郷くるめでのライブなんだもん。
憧れてた歌い手の人にも会えて、
たくさんの人たちの笑顔にふれて
私の中にある思い出も、思いも、ぜんぶ蘇ってきたから
なんどもなんどもこれからさきも、今日の日のことを思い出すことでしょう。居てくれてありがとう。

--------------------------------
2014.11.02.(sun)
くるめ街かど音楽祭
11:30- 西鉄久留米駅東口広場

1.カーテンの刺繍
2.心と体
3.彼に守ってほしい10のこと
4.コンセントカー
5.よるのさんぽ

13:30- JR久留米駅の中

1.シンクロ
2.きえるみたい
3.ダラダラ
4.彼に守ってほしい10のこと
5.変革の気、蜂蜜の夕陽

--------------------------------


修学旅行んときみんなでたいくずわりしたJR久留米駅。ちなみに行き先は大阪京都奈良。
今日もからくり時計のお話を見れた。
ケンタッキーだってまだあった。きれいになる前から、ずっとあるケンタッキー。あそこで待ち合わせして。
となりのコンビニでげっくる読んで。
そんなJR久留米さんの控え室に、しゃしょうしゃんの帽子がひっそりおいてあったので、こっそり写真しました。うれしかった。
それに、くるめ街かど音楽祭スタッフさんをなさってた設楽さんとも、いっしょに顔ハメの写真も。
ステンドグラスの高い窓がついたアーケードで、歌うのずっと、気持ちよかったから、たくさんたくさん気持ちをこめたよ。
CDもぜーーーーんぶ売り切れ。
本当に、
みなさんどうもありがとうございました。

また帰ってくる。今日よりも必ず前に進んで、また帰ってきたら、歌わせてください。きっと

実り多きいちにちでした おやすみなさい。