月別アーカイブ / 2013年11月



えぬえちけーのきのこのお話です
プチプチアニメはアエイオウ!とかニャッキ!とかで有名だけど、そのなかでもカッペリート、カペリート?は最近っちゃさいきんのアニメ。
もともとどこのなんだろう。イタリアとかかな。きのこのカッペリート、カペリート?のぼうしというか傘の部分が、鼻をもにゅもにゅとすることによって形を変えるアニメです。
ちなみに鼻は取れます。落ちて転がっていったりもします。


帰り道、家に着くまでの帰り道の歩数を数えていた。
昔小学校の宿題に出た。
当時は超たいへんだったんだ。ぜんぶ数えるの。
でもいまはかんたん。リズムでおほえてるからかんたん。
歩くことは確実に重ねていけることだなあとおもう。止まらなければずーっと重なる。しかも思いの外はやく、たくさんの歩数を連ねている。びっくりする。

ノスタルジックなことにまだとらわれている。こないだからずっと。
子供の頃に覚えたこと、いまだってすごくおぼえているだもん。私のほのおはいまよりもずっと、あの頃のが熱くもえていたんだもん。そんなきがする。


そうだ。
燃えていたで思い出したけど、
こないだ楓いっぱいみれた。カエデ科カエデ属のはっぱ。もみじのはっぱ。
ぜんぶ真っ赤っ赤できれいでした。

わたしもがんばって、せいいっぱい命を輝かせて美しく散る方を考えたいと思います。

んじゃじゃじゃー。

ずっと子供の頃からお世話になってた親戚の結婚式で、福岡に帰福しておりました。
昔から、小さいときもずっと、歌手を目指している私のために親戚の披露宴で歌わせて頂いたりしていて、変わらずに歌わせてもらえて
当時以上に緊張したりしつつ
とってもいいお式でした。
そんな二人のために、二人のために集まったみなさんのために歌わせてもらえるというのは、とてもとてもとてもありがたいことです。
感動したりして、泣いたりとかもしてて、それから歌ったので脳味噌が茹だるかと思いました。

とりあえず、
無事にそれを終えて大阪に帰ります。


人には生まれ育った故郷があります。
母に、私が小学生のころに亡くなった、ひいおじいちゃんとひいおばあちゃんの生まれた場所や、やっていた仕事のこととか、そういうルーツを、久留米のラーメンやさんで聞きました。
中に昔の久留米の写真がたくさんあって、ひいおばあちゃんたちはそこでお店を営んでいたので、私も知ってる街並みが、昔の様子でそこに並んでました
寺町に行ってお参りもしてきました。
お庭が紅くなっててきれいでした。


書きたいこととか
考えてることとかはたくさんあるんだけど
今はなかなかまとまりません。

ひとつ言えるのは
人の力になっていきたいなあと私は思っています。つよく思いました。

とりあえず、がんばります。


なのか?


11月16日。
ツイッターでさんざんブログの冒頭の一行を募っておいて、あっけらかんと今日の日付から始めるブログです。ねむい。

とにかく、
なにからかいたらいいのかわからないままブログを更新しないのはまずいなとおもったので、とりあえず着手してみた。
やっぱり何から書くべきだかわかんない!


心の海の奥底まで沈んでいけるほどの重さを持ったできごとが減っている。
私の海の底が深くなっているのか、物事が軽くなってなのか、もしくはそもそも入ってきてないのか、腐らしているのか、わからない。もしくはその全部である。何もない。

なんだかずっと嘘をついてる気分だ。
なにかひとつでも変われば、すべては本当のことの輝きを持って
自信をまとってきらめきだす気もする。
気だけ。

今夜はそんな気分。
決して陰鬱ではない。さしてなーにもない。


猫がわたしの首の上におしりのっけててあったかい。
おなかすいたなあ。
空気が乾燥しているなあ。


こうえんのことをよくおもいだす。
ノスタルジーを新曲たちに生かしたい。
とりあえず今日は寝る。
ごめんはいわない。

↑このページのトップへ