月別アーカイブ / 2013年10月



10/15、晩。夜行バス乗る。
こないだのミナホから、久しぶりの靴おろす。
黒のローカットのマーチン。重たいやつ。
雨。こうやってバスのるときわりとよく雨ふりますねなんかと話しながら、二名掛けテレビ付きの座席にマネージャーと座って眠る。
途中やたらおなかすいて、雨のサービスエリアで、寿司たべたいけどサンドイッチ、買う。
ハムチーズレタス。からしきいてる。バスで食べる。暗い。からい。うまい。

そのあと満腹ですぐ眠ったけど、ちょこちょこ起きる。
なんせすんごい台風だ。
バスすごい揺れた。こわかった。そりゃそうだ。
あんまり風がひどいときはサービスエリア寄っておさまるの待ってから行くって。
そうか、そうしてほしい。
でもバスは走り続けた。
わたしも不安に思いながら窓の外をちらっと見たら、カーテンのすきまに夜景がびちょびちょに濡れて揺れてた。きれいだった。
すぐに見るのをやめて、また眠った。


で、突然に電気がついて、
きた、とうとうバス止まるのか、と思ったら、まもなく東京駅につきますとのこと。
なんと定刻での到着だった。驚いた。
もうすこしゆっくりしてくれてもよかったのに、とか思いながら、すさまじく風雨が荒ぶる東京の地に降り立った。
マネージャーの持つ物販の荷物と、ハードケースに入れたわたしのアコースティックギターをそれぞれ持って、傘さして歩いた。
幸い駅の中に入るまで傘は無事で、というかなんせすんごい寒かった。


渋谷まで電車で移動して、とにかく寒かったのであったかいおそばたべた。マネージャーはうどん。電車が動いててよかった。止まってたのもあったけど。
東京のおそば、二回目。からく感じなかった。やさしかった。あったまった。
更にお店出て、あったかい紅茶も飲んで、
そのあとマネージャーとふたりで映画。

夜行バスで行くと、なにがたいへんって着いてから入りまでの時間潰しである。
んで、今回はそれを映画でなんとか有意義に過ごそうと。
しかもちょうどhideの映画やってて、
台風なのと時間が早いのとでほとんど二人貸し切りの映画館で、二時間ちょっとhideを観てた。
なんの不思議もなくただいいなあ。ただかっこいいなあ。ただすてきだなあ。そればっかり思った。
よかった。


またおなかがすいたので(最近ほんとによくおなかがすく)、ファミレスでおひるごはん。
おなかも満ちて眠くなって、
ユニクロでヒートテック買ってライブハウスにようやく入りした。
寒かったのですぐヒートテック出して着た。



そこからはもうライブだ。
リハをやってメイクして、着替えて、いいかんじの心にして、いいかんじに体やわらかくして本番だ。
対バンに元マスドレの宮本菜津子さん。兵庫県出身だった。アコーディオンのマメさんと。
で、バンドのチーナのみなさん。vo.のきょうこさんとは、これまでどこかで会った気がして聞いてみたけれど、気のせいだった。
お二方(バンドでも、かた?)ともよかった。たのしかった。響いたし、もりあがった。
なのにわたしはラストひとり弾き語りでひとりで、すこしだけさみしかったけど、
お客さんがたくさん手たたいてくれたり、前のほうに座ってた14才の男の子、ずっときれいな目でこっち見てくれて、すごい和んだ。
終わったあとも、「今日これをたのしみにがんばってきたんです」って、かわいい女の子たちがお話しに来てくれて癒されて、お仕事帰りのおにいさん方にもみんなにパワーもらった。

パワーもらった。


で、ライブハウスを後にした。
イベンターの斎藤さんがずっとお話してくれてた。
私のこと、頭んなかにたくさん入れていろんなこと考えてくれてた。
不思議だった。わたしのことなのに、わたしのことじゃないみたいなんだ。
私じゃない人が、私のことをたくさん考えてくれている。不思議だし、
ありがたいことだ。


電車にのって急いで、またバスに乗った。
ちゃんと傘も忘れずに持って帰ってきた。
ビニール傘やめたから、忘れたくなかったから。

バスに乗れば大阪まで着いて、帰宅してお風呂はいって、わたしはしばらく眠った。
わたしのために頭や体を使って動いてくれている人がどれだけいるのか。
私にはなにができるのか。なにをやるべきなのか。なにをやっていきたいのか。


年明けに、ワンマンが決まったこと。
ブログにはまだ書いてなかった。
なんと今度はクアトロです。
今度も渋谷と梅田の両方やります。
先行がもうはじまってるから、よかったらオフィシャルサイトで見てみてください。
http://uedamarie.com/



眠って起きて、コンビニまですこし歩いたけど、すんごく寒かった。
風が絶えず吹いて、空を見上げたらしらっとしてて、なんかほんと、雪でも降ってきそうな感じだなと思った。
雪でも降ってくんないとやりきれんな。
冬は。
なにかきれいなものを、この目にたくさん入れたいです。



--------------------------------------

2013.10.16.(wed)
@ Shibuya 7th Floor

1.ハルシネーション
2.おおかみ少年
3.シンクロ
4.最果てへ
5.心と体
6.変革の気、蜂蜜の夕陽
7.サイハロー


弾き語りにて

--------------------------------------



ミナミホイール2013。
例年よりもずっと早く過ぎ去ってしまった。
わたしはミナホ3日目最終日の最後、いわゆる大トリと言われる時間帯に、VARONというライブハウスにて歌わせてもらったのである。
関西圏外にお住まいの、ミナミホイールのことをご存知でないみなさんのために説明させていただきますと、



ミナミホイール 通称 "ミナホ”

大阪アメリカ村周辺に在るライブハウスにて行われているライブサーキットイベントです。
アメ村近辺にはたくさんのライブハウスがありまして、この3日間のあいだは、ライブハウスでのライブをひとつのチケットでまわり放題になるという画期的なイベントです。
3日間はいけないわーーという人たちのために、1日ずつのチケットもあれば3日通しのチケットもあるんですが、
今年はあっとゆうまに3日通しのチケットは完売してしまったんだって。
20近くあるライブハウスを自由に回れて、
日本中からいろんなバンドやSSWが来るので、音楽すきなひとたちにはとてもたのしいイベントだと思います。
前もって各バンドの時間割りと場所が全体に発表されるんですが、わたしは3日目の最後だったので、ほんとに今年はどきどきしていました。


とはいえ、やっぱり一日目始まったときから、アメ村をすこし歩けば、友達のバンドマンとかお客さんたちにたくさん出会せて、あー今年もミナホがやってきたんだなーとわくわくしていたんだ。


私自身ミナホは2009年の時にはじめて出させてもらって、ふりかえると

2009年 knave 16:00くらいから (雨)
2010年 SOMA 2日目トリ
2011年 hillsパン工場 2日目トリ
(2012年はお休みして)
2013年 VARON 3日目トリ

こんなかんじ。
しかも今回は入場規制までかかって、
ほんとにたくさんの人に来ていただいて、しかもそれでも並んでくれて、観れなかったというお客さんもたくさんいて
心苦しいやら、ありがたいやら、
ほんとにどうもありがとうございました。

そして、VARONというライブハウスには小山さんっていうブッキングマネージャーさんがいて、前々からお世話になっている方なので、VARONでやらせてもらえてよかったなーなんて思いつつ。ありがとうございました。


はじめましての気持ちで歌いました。
人間は慣れていく生き物なので、慣れないでいたい部分もたくさんあります。
ライブなんかは特に、ひとつひとつはじめての気持ちでみなさんに新しく出会っていきたいです。
ほんとうにはじめましてができたっていうみなさんとも、またいつかどこかで会えたらうれしいです。ありがとうー。
3日間どうもありがとうございました。






思いがけず長く書いてしまった。
今は東京に向かう夜バスの中で、
日本列島は10年に一度の大型台風が接近していて、
また東京のライブで嵐です。
なんでなんやろ。名前をウィパーさんというそうです。
なんにせよ無事着いてライブできたら素晴らしい。
いつだってそんくらい危機感持ってなさいよってことかな。
歌えることのしあわせさを思い知りなさいよって。

ライブに来てくれるお客さんたちが移動のときに大変じゃないといいな。

できればわたしも。(; ;)




--------------------------------------

2013.10.14.(HOLI,MON)
MINAMI WHEEL 2013 @ VARON

1. 心と体
2. ミルキー
3. S・O・S
4. サファイア!
5. 愛おしい今日
6. まわる日々

Gt.鶴澤夢人
Ba.松山真也
Drums. 伊達慧介
Key.西村広文

--------------------------------------


写真は微妙なショットなほうのバンドメンバー写真と、
若い衆お三人です。socさんのマフィンほおばってます。味はプレーンとバナナ。


音を楽しむのが音楽なんだそーです

日本さいだいきゅうのビッグなライブサーキット
ミナミホイールが二日終了し
のこすところあと今日いちにち。
わたしは今年最終日のトリという重要な役どころをいただいたんで
みなさんのミナホの思い出の最後をしめくくるべくええライブをするよ。

みんなそれぞれ戦っている。
しょーもないことやんない。
しょーもない時間過ごさない。
しょーもない人と関わらない。
しょーもない人にならない。
しょーもない人生だった!ってなんないように
まいにちげんきにがんばってるね!
がんばろうね!
なんだそれ!


大切なこととはなんなの?
わたしの毎日やわたしの何たるをなにひとつすべて、
だれも支配できなかった。
どんなふうにどうして生きていくのか
すべておのおの勝手にやることなのだ
もちろんまわりの協力者なく生きてなどいけないけど
本質的に、わたしも、あなたも、ひとりだ。
だれにも支配なんかできないぞ。
よくよく考えたらかんたんなことでしょ?
なんにもさみしくなんかないよ。


はじめてプリン食べた日のように
はじめて好きな人と手をつないだ日のように
はじめて夜を明かした日のように
はじめてほんとのこと話せた日のように
はじめてライブをしたときのように

ステージの幕が開いたときわたしはみんなにはじめて出会えるんだ。
はじめましての気持ちで歌うから
まっすぐ心まで届きますように。
余計なものは置いていこう。
この体はいつか滅びてしまうんであった。
炎はいつか燃え尽きてしまう。
この魂はいつか消えうせるんであった。
そして私は夢をみることをやめない。



くそしょうもない現状に怒ってる時間があるなら
すこしでもいい案を提案して展開していくほうがよっぽど効率的だね

わたしはおいしいごはんを食べて素敵な眠りについて
で起きたから好きな服を着て歌を歌う
すっとする歌が届いたならいいな
そしたらわたしもすっとするんだ

会えたら握手しましょうね。連休最後の日。
みなさんもどうか素敵ないちにちを。

↑このページのトップへ