191231.JPG

大阪で暮らし始めてからはや14年。

去年はCDJ、ピアノ編成での年越しだったなとか、その前のCDJでは年越したとき食べたトムヤムフォーほおぼって泣いたなとか、いろんなこと思い出しますね。

みなさんはいかがお過ごしですか?

わたしは大掃除もそこそこ、ナポリタン作ったらたくさんできすぎたので妹のところに持って行こうと思いながら、家族での年越しになりそうです。

いきなしプライベートな話題ですが、我が家族にも今年は夏に甥っ子生まれたり、春にはララが死んだり、そんなふうにかおぶれが入れ替わったりあったので笑、

わたしも心境にこれまでと違う波が起き、戸惑いもよろこびもありました。

そのたびみなさんにはあたたかいおことばをいただいたり、優しく受け入れていただいたり、ほんとうにありがたい限りでした。

 

お仕事のほうをふりかえると、今年は1年通してわたしの好きなことばかりさせていただいたなと感じています。

メジャーデビュー5周年である2019年。昨年のインディーズ10周年に引き続き、周年つづきでありました。「とにかくどんどん届ける1年にしたい、5周年とか関係なく、バシバシ新人のつもりで作っていきたい」と言っていたのは、みなさんに飽きずにたのしんでもらえる1年になればいいなと思っていたからなのかなと今思います。

 

年始め、Lazward Pianoでは大阪市中央公会堂に長崎、東京、札幌と素晴らしい会場で歌わせて貰ったり。

F.A.R./W.A.H.ツアーでは全9カ所、その場その場で音楽を大切に丁寧につむぐようなバンド編成でのツアーも。これも私にとっては新たな一幕で、考えることをやめずに、みなさんと優しい時間を過ごさせてもらいました。

夏の5周年記念日の3日間も、あらためて友達や人のつながりの大切さとか、エネルギーとか、そういうものを気づかせてもらえた栄養満点の3日間であり、フィナーレのパルパブルも、新しいわくわくに向けて楽しいドキドキを詰め込んだ挑戦のたった一夜であって、こちらもたくさんの人のアイディアや情熱に支えてもらいました。

 

ライブもそうですが、

emax久留米50周年で鮎川誠さんとエマックスの大きなポスターに飾っていただいたことも、久留米のホームラボさんと「つくる」というキーワードの中CM撮影に参加ささていただいたことも、新宿Flagsさんの21周年のキャンペーンアンバサダーとして、たくさんのプロフェッショナルのみなさんとお仕事させていただき、東京のど真ん中からStrangerを届けられたことも、25時間生配信で、曲の種からレコーディングとMV撮影をお届けして、みなさんのおかげでまた新しい曲が誕生したことも、どれも個人的に深く頷ける、腑に落ちる大切なひとつひとつでした。

そのどれもひとつひとつに、ひたすら人のあたたかさや優しさや熱意を感じた活動でありました。

 

シンプルに書き綴ろうとしたのに長くなってしまいますね。

ちゃんとした立派な大人にはまだまだ程遠い私ですが、みなさんが私を見つけてくださって、お声をかけつづけてくださる限り、すてきなもの目指して、精いっぱいお仕事していきたいなと思います。

 

みなさんはどんな1年でしたか?

どんな大晦日ですか?

どんな大晦日でもいいです。節目なので、なんとなく強烈なことの方が覚えています。

昔、19歳くらいのころ、ケーキ屋でバイトしながら大晦日、紅白歌合戦が流れてくるAMラジオに耳を傾けながら、「私は今大阪で一人でバイトをしてるんだなー、ケーキをなんでか、売っているんだなー」と思っていました。

腑に落ちないんではなくて、いま思うとそれもひとつの大切な経験で、だからこそ歌って生きている今がありがたいなと思います。ふつーのことのようで、ふつーにしてたら続いていかない毎日を、大事に繋いでいけたらぜんぶ、よかったって日になるのかなと思います。以上です。

 

今年お世話になったみなさん、本当にありがとうございました!

来年、どうなるかまだ想像つきませんが、すっごい、音楽っちゅうもんをおもしろがりながらの1年にしたいと思います。