_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4203.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4204.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4205.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4206.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4207.JPG

輝く星に 心の夢を

祈ればいつか 叶うでしょう

きらきら星は 不思議な力

あなたの夢を 満たすでしょう


人は 誰も一人

哀しい夜を過ごしてる


星に祈れば 淋しい日々を

光照らしてくれるでしょう



星に願いを


"loadSTAR"

 願い星でなく

導き星


わたしにとっては

起こる全てのできごとひとつひとつが

歌を聴いてくださるひとりひとりのお顔が

迷わないように私を導いてくれる星でした。まぎれもなく!


まず大阪にて、1週間早いloadSTAR

大好きーなライブハウス梅田Shangri-Laさんで。

熱気が溢れてどうしようもないっていう感覚が肌で伝わってきて

巻いた髪が一瞬で取れていくのがわかって

みなさんの声がどんどん体に響いてきて

まさに演奏してる楽曲を書いた時期が憑依してきたような時間でした。

わたしは福岡から出てきて、

音楽を作る、それを人に届ける、ライブをする、お客さんに来てもらう、新しい曲を聴いてもらう、っていう一連を大阪という地でずっと学ばせてもらったので、

その時期から地続きでシャングリラまでの道がドーンと繋がったような、強い感覚で体がいっぱいになったよ。



そして7/30平日の東京、こちらもたくさんの方が来てお祝いしてくださり、本当にうれしかったです。

ライブの中でも話したんだけど、ほんとにひたすら、ありがとうって言いたいばかりのこの日でした。

なので、とにかくいいステージにしたかったし、そこにいっぱい夢を詰め込んで、なんにも言葉にしなくても届くような歌と世界を放出したかった。

でもみなさんがおめでとうってたくさん言ってくださって、「おめでとうなんて、」っていう気持ちで、でもそれにもまたありがとうの気持ちでした。

こんな私なのに、ずっと好きでいてくださってありがとうございます。


この日は、新宿ReNYさんの高いステージも相まって、熱気というよりは集中力というライブだったように思う。

わたしと、みなさんの集中力。もちろんバンドメンバーも。

その当時の自分になって歌ってるというよりも、今現在の私の頭の中に、あの頃のことが何度もなんどもフラッシュバックしてきた。

心と体の前のMCなんて、何言おうか初リハの時からずっとずっと考えてたのに、始まるまでなんーにも思い浮かばなくって、それでステージの上で、歌って、みなさんを前にしたら、勝手にあの言葉が口を突いて出た。

で、どれも大切な曲で、切り離せない曲たちばかりです。やめないようここまで導いてきてくれた曲たちだとも思います。


いろんなことがあった10年でした。

やめたい、というより、「私はやめなければ」と思ったことがありました。その度に話を聞いて、支えてくれた、そして今も支え続けてくれている佐藤マネージャー、周りにいるスタッフさんひとりひとりと、

難解でめんどくさい私の曲を毎度真摯に付き合って演奏してくださるバンドメンバーのみなさんと、

歌を待ってくださっているみなさんに、ここまで導いてもらいました。


私は自分の気持ちをまげたり、誤解されることがものすごーーく苦手で、

そういう自分に出会うたび、にめんどうだ!とやになっちゃうんだけど、いちいちその物事の本質や意味や、もしくは心のきらめきなんかにすがりながら、見つめ直しながら。の日々でした。ぜんぜんかっこいいことでもなくて、そんなふうにしか出来ない。面倒くさくてごめんなさいと思います。

でもだから、これからも1曲でも多く曲にして、歌にして届けていかねばですね。まだ10年。

やっとやっと、「自信がないから」だなんて言ってないで、もっと大きな歌にチャレンジしていける心の準備がととのったのだと思います。もっとがんばろうと思います。


それから、

アンコールでのサプライズ、嬉しかったーーー。ありがとうございました。


終わって写真を見たら、バンドメンバーもひとりひとりがものすごくいい顔だったのがまた胸にきました。感謝。感謝です。


そうだ。

8/6にはメジャーデビューからも4年が経ちました。月日は流れていくので、ちゃんとたくさんの出来事が詰まった日々にしていきたいね。がんばるがんばるになっちゃうけど、私も明日からももっとがんばるね。



歌手になることは子供の頃からの夢でした。特になんでもないぽわーっとした子供だったんで、でもコツンと指ではじいたら「歌手になりたい!」っていう夢が漏れ出てくるくらい歌手なりたい夢ばっかりでぱんぱんに詰まってる子供でした。

それしかなかった。

いまだに特になんでもない、不器用で頑固者で気分屋なわたしですが、それこそ星に願い続けてた夢だったので、これから先の未来にまだまーだ期待して、体にいっぱい夢を詰めて進んでいきたいです。

みなさんほんとに、どうもありがとう。ありがとう。たっくさんの感謝を込めて。ほんとに、それに尽きます。それだけです。


10周年ライブ"loadSTAR"

ありがとうございました。