_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2016.PNG

今回8/9にリリースする「REVOLVER」という曲についてのお話。
私の7枚目となるシングルで、現在ABC朝日放送「ビーバップ!ハイヒール」さんのオープニング(CMでも!)で使って頂いている1曲です。
「ビーバップ!ハイヒール」は関西の人なら誰でも知っている素敵な番組で、ハイヒールのリンゴさんモモコさん、それからブラマヨさんにチュートリアルさん、たむけんさんたち出ていらっしゃる番組。観てるとカシコブレーンになれる。
ゲストとしても何度かおじゃまさせて頂いてて、そのたびドキドキと嬉しいの気持ちを感じています。ほんとうに、ありがたいことなのです。ありがとうございます。
番組では、よく聴くとほんのちょっと歌詞が違うバージョンが、流れているのですよ。またちゅういして聴いてみてくださいね。



「REVOLVER」という曲は、そもそもを書いた時期は実はけっこう若いときであって、なんというか、男の子のバンドに歌ってほしいような内容の歌詞で、自分で歌うイメージは当時あんまり無かった1曲。
私が大阪に出てきて一人暮らしを始めた部屋には2枚のポスターがあって、1枚はベッドの頭上にアンディーウォーホルのピンクのマリリンモンローのポスター、それからもいっこ、トイレの壁にビートルズのリボルバーのポスターがある。どちらも16才の頃からずっと貼ったまま。トイレに座るとジョンレノンのやけにでっかく描かれた黒眼と目が合う。

それでかなんでか、REVOLVERという言葉が女の人のものというより、男の人のもののような感覚がずっとある。
歌詞の内容はたとえば「愛してる」の意味とは、であったり「恋とは」であったり、そんな掴めない感情の幻影を追いかけているところであったりするから、一言で説明するのはとっても難しく、わりとぐるぐるした内容になっている。
レコーディングの時に気がついたのは、メロディーがとても曖昧でややこしいこと。自分でも鍵盤を押さえて音階を確認して、え!?って思ったりしました。ふしぎね。


アレンジはオカケンさんこと岡崎健さん。
私はオカケンさんの、言葉で説明するのがとってもむずかしいところを音にしていくところがとても好きなので、アレンジのやり取りの最中は見えない道をうねうねと歩き回ったりもするんだけども、それがいつもとても楽しいのです。
イメージの大切さから、ギターのレコーディングにはとてもうおおおおとなったりもしました。


それから、まだフルは公開になってないんだけども、MV制作にこだわりました。
今回は特に当時の私の頭の中に浮かんでいたこの曲のイメージ、レトロシュール、トリッピンな雰囲気を、ひとつひとつ口で説明するのが難しく、それらをダンボールを切って、塗って、粘土こねて、1から手作りしていくことで形になっていきました。
その中で、せっかくひとつずつ手作りしていったので、文字どおりいろんな人の手を借りて、本番の人形劇のシーンを撮影してゆきました。いろんな人の手が出演しています。インディーズ時代含め、ずっと制作に関わってくださっている会社のみなさんに、メジャーになるタイミングからMV制作に深く携わってくださっているみなさん、手伝ってくれた友人も含めて、私のアイデアをみんなが、いっぱいいっぱいのパワーを使ってくださって、手伝ってくださりました。ほんっとうにたくさんの方ががんばってくださった地道で大変な道のりが、3分にまとまったのです。
とにもかくにも、これを見てオモロ!ってなってくれたらいーなー!ということを想像しながら制作が進んだのでした。

(長くなってきました。)



初回限定盤は、初めての完全絵本仕様です。
絵本の中にCDと、DVDが入っています。
MVの中では理解に辿り着かないかもしれない部分(つまりそれは伝わらんやろ!って部分)が、絵本にて、きちんとわかるようになっていますので、こちらもお楽しみに。
かわいいよ。

通常盤はふつうのCDの仕様です!

c/wには「砂漠の果てに咲く花」というとても新しい曲を。
それから「最果てへ」という弾き語りでもやってる、私がとても気に入っている曲をjoe daisque編曲で収録してお届けします。

この「REVOLVER」というシングルをリリースしてまたみなさんにライブで会いに行くと思います。
し、
9月には初めて、ホールでのワンマンライブが決まっています。

「UTAUTAU(うたうたう)」は、
私がどシンプルにとにかく!ただ!歌う!大いに!全身で!小細工なしで!ややこしいことなしで!うたうぞ!というコンセプトのライブです。
メジャーデビューの時から始まって、今回がvol.3です。

とってもシンプルなテーマのライブですが、
「ど直球を投げる」ということにこだわって、またライブの日までつくりあげていく所存ですので、
今回は東京・大阪の2ヶ所のみですが、9月。
足を運んでいただけましたら幸いです。

(ほんとうに長くなってしまいました。)
読んでいただきありがとうございました。
とりあえずはまず、8/9にリリースになる、「REVOLVER」をみなさん。待っていてください。

作り上げるという過程に、ああっ、生きてるかんじ~を、めっちゃ感じた一作であります。
全神経逆立ちました。
よろしくお願いします。