uedamarie_170220_2-1.JPG
uedamarie_170220_2-2.JPG
uedamarie_170220_2-3.JPG
uedamarie_170220_2-4.JPG

ロンリーナイトマジックスペルツアー、各地でのふりかえりに発展し、思えばセミファイナルの福岡までさしかかったところでブログ前半を終えました。なぜそこで。

 

しかし、たくさんの人に来ていただいたの。ほんとに、驚くほど。
ほんとに、ほんと、ありがとうございました。

 

 

福岡IMSホールは、今ツアーの中で唯一のホールで、装飾含め会場のスタッフさんをたくさん悩ませてしまったり、何度も何度も試しながらリハから、すっごいありがたいなーと感じながらの1日で、ライブが始まってからもたくさん集まってくださってるお客さんに、すっごいありがたいぞ、と思って歌っていた。生まれ育った、わたしの故郷。
前日に新幹線で久留米を通り過ぎた時、
なぜかすごくさみしいきもちだった。なつかしく、あったかく、今までにない程さみしかった。なんでか、なんていうのは、自分にもわからないです。
でもその分歌っているあいだ、あったかいなあっていう時間だった。

 

そして、113日の金曜日から1ヶ月よゆうで過ぎ、218日、土曜日。大阪、味園ユニバースでのファイナル。
夢のツアーとしてのツアーですから。
長年のたくさんの人達の夢が浸透した場所にて、そのパワーも借りての夜。えげつない華やか。
会場に入った時のビーン!ってわくわくには敵わない。わたしが、初めて味園にいって、なんだこれは!となった気持ちを、今も忘れられないもの。かっこいいぜ!
定刻すこしすぎて、ステージに立って、フロアのいちばん向こうにいるお客さんの遠さに、少し戸惑った。そして私は、大阪日本橋で初めて歌った日のことを、思い出したりしたんだ。佐藤さんと二人、ぎこちないアコギ持って。歌って。あの日に、その場にいてくださったお客さんって、確か3人とか、そんなだったよ、今、何人いるんだろう。1000人近くたぶんいるんだよな、10年前、誰一人知らない人だった大阪で、こんなにたくさんの人が今では、ここにこんなふうに、きてくれたのかー、って、不思議だ、不思議だ。と思っていた。

 

だから、初日から最後の日まで通して、
このツアーを通して感じたことがひとつひとつぜんぶ、大切な経験でした。一個一個、忘れられない、この身に起きた出来事で、こういうの、何ていうんだろうなあ?
すべての出来事が私の体を貫通したような。
日常に駆け抜けていった。
改めて、歌うことがわたしの夢だー!と思い知らされた一連の連続でした。
遠くから、近くから、ほんとーに、本当にありがとう。

 

 

最後の味園ユニバースの頃にはコンバースもやわらかくなっていたよ。
自宅で夜なべして作ったバックドロップもはじからほつれてきて、これひとつ各会場に提げるだけでも、いろんな人が手伝ってくれた。
お客さんはもちろん、
関わってくださるスタッフさん、おひとりおひとりのパワーにほんとに助けてもらったツアーでした。
この場を借りて、本当に、どうもありがとうございました。

 

 

 

ツアーが始まってひと月ちょっと。
ほんのこれだけの日々で
わたしの毎日もまた大きく変化し始めています。
それはそれはめまぐるしく
しかしそんな中で
そんな日常の中で
いろんな計画を立ててだったり 勇気を出してだったり 貯金をしてだったり 予定を空けてだったり ちょっと無理をしてだったり ドキドキしながら ライブに足を運んでくれて 
どうもありがとう。

 

いつもそばにある歌を歌っていたいから
忘れてしまったあとにも
きっと歌をうたって 
日常をのりきれますように。
これはわたしじゃなくて、みなさんのお話。
みなさんの夢が 叶いますよーに。
別にはずかしくない。照れない。

 

これからもつづく日々の中で、また必ず会いましょう。そう思っています。それまでわたしもまた修行の日々です。
わたしは、元気です。
ロンリーナイトマジックスペルツアー、2017年始まって一発目の一大ドリーム。これにて、終幕です。
どうもありがとうございました。