_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2015.JPG

6年前の昨日
私はライブをしていたらしかった。
ブログのラストで、唐突に父の44歳の誕生日をキラキラダディと祝して終わっていた。

今、思い出してみると
思い出してみても
どんな気持ちでそれを書いたのか覚えていなかった。
あれから6年が経って、
父はいつのまにか担々麺屋さんになって、私はそれを応援したり、できなかったり、遠く離れてケンカもしたり、実家片付けてさよならしたり、がんばりすぎて担々麺屋さん活動休止したり、日々それぞれにそれからもっとぐっと頑張ったり、妹東京出たり、私は11年ぶりに母と2人で暮らしたり、あとシングルを6枚リリースしたり、ツアーもいっぱいまわったり、いろんなことがあった。

その間もいろんな人たちが私のことや、私の周りの人のことを知って応援してくれたりしていた。絶えず。


ブログは私の個人的な部屋です。
で、超個人的な出来事がその間にもたくさん起こっていて、
自分の感情の変化はイマイチ読み取れなかった。あんま変わらんようにも思えた。つよく1人心に感じてブログに書いたことはむしろ、何書いたか覚えてるくらいだった。
しかし日常に、その日、何日に何が起こったのか、
何が起きてそれでどんな気持ちで文になったのかっていうのは、あんま覚えてないもんだなあ。
日記をペンでもつけてたけど、その日記がどこにいったかすら、今はもうわからなくなってしまった。日記って、いつか読み返すときのためにつけるのだろうか。それともただ単なるそのときの感情の整理だろうか。

例えば6年まえの夏、私の人生に超巨大隕石が落ちた。そこで知らない宇宙人に出会った。なんかわからんけど私はその宇宙人の手を取ると、手からすごい超エネルギーが生まれていて、みるみるうちに見えなかったものが見えるようになった。知らなかったことやそれまではどうでもよかったことに興味が湧いて、夢や希望なんかを幻ではなく、本当のことなんだとやっと信じ始めるようになった―――
とかそんなことがあったかもしれない。


とりあえず現実的な今日の出来事としては夜カレーうどん食べた。
食欲ないのでちょっと食べて、その後ムーランルージュ観た。
一緒に観た母がちょいちょい話の続きを教えてきてうげっと思った。でも、母作のカレーうどんはおいしかった。
10年ぶりに母と一緒に1年暮らしたんだけど、そろそろこの生活も終わる。母は福岡の久留米に帰っていくのだ。
もうすぐまた新しい生活が始まる。
それで今月私は父に会う。とても久しぶりだ。
母と暮らして、中学生のころのようにご飯を作ってもらって食べることが増えた。
母の味ってこんなだったなーと思いながら、おいしいなー、なつかしいなーと思いながら。今自分で作るお味噌汁は母の味と全く違うものになってるけど、これはこれで、どっちもおいしいなーとか思いながら。で、起こったいろんなことが味噌汁の件に集約されている気がした。


ブログに書いてることは個人的なことだけど、わたしさ、ほんとはまだまだ足りなくて
ほんとはもっともっと書きたいことなんかたくさんあるんだけど、ぜんぶぜんぶ書くことはできないんだよ。なぜなら読んでる人はみんながみんなわたしの友達ではないんだもん。友達のような気持ちに私はなりたいけど、それはできないんだな。わたしのこととか、思ったこと、こんなことがあったよってこと、もっと知ってほしい気持ちいっぱいあるけど、なんかわかんないけどそれぜんぶがぜんぶは書けないでしょう。
みんながんばってるし、いろいろあるし、それひとつひとつぜんぶを伝えるなんてことはしないもんね。本名でただのいつもの私で歌を作って歌っているというのに、こればっかりは難しいラインだ。

でも歌になっていることはね、歌の中で歌ってることは、友達にも言えないようなことだったりもする。
なんだって話しても、それでもまだ伝えきれないようなことが、わたしにもわかんない、まとまりきれない思いが歌になっていたりして、
それをみなさんのとこまで届くように、歌っているんだね。
私のとるにたらないようなことを、ブログに書かないようなことを、でもたくさん残しておきたい素敵な感情や起伏なんかを、歌にしておこーこれからも、いやこれから特にもっと。と思ったね。
んで実際そうやってきたんだな、とも思いました。


ムーランルージュにカレーうどんで終わるとこだった。
アコギのメンテに行って、電池の話した。JRのみどりの窓口に行った。あとお昼は佐藤さんとこれからの事の話。ウタウタウの話、グッズの話、スケジュールの話、箱庭の話、この夏の話、あとなんでか嫌いな食べ物の話もした。
わたしはウッてなるほど嫌いな食べ物なくて、これから先いつか虫とか食べるときはきっと、さすがにウッてなるんだろーなーと思った。
今朝見た夢は顔に男の人みたいにわっさりと髭生える夢。アイスコーヒー2杯のんだ。化粧はしなくて白いドットの服に麦わらかぶってたら、カカシみたいなかっこですねと言われた。
確かにと思った。
ララは元気。お父さん、誕生日おめでとうございました。


夏で脳がやる気に満ち満ちているのでまだまだ充実の日が続くようにばちばち毎日をがんばりたい所存。
スムーズに歌を。"デフォルメした思い出を指通りよくしようかな。「だからってそれは最新のコンディショナーじゃないぞ」なんてね。"ってきっと、こういうことですよね。

_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2010.JPG

梅雨やったとはいえど。記録的な雨があまりにも降り続いて、大変なことになっていることをニュースで観て、
ちょうど久留米に滞在していた母が、飛行機でこちらへ向かう頃とタイミングがかぶったりして、心配したりしながら。
母は無事にこちらへ着いた。けど、いつどんなことが起きるかわからないし、それはいつの時代にだってそりゃそうなんだけど、なんとかかんとか、日々を元気に乗り切って、やりきって、毎日を納得していきたい、いかなきゃ、と、感じる。なんか、毎日感じている

わたしにはわたしの毎日があって、大切な人たちの健やかな毎日がつづくといいなーと思って、
そんな人たちに、ひとりひとりに大切な人がいるから、
だからこそわたしはわたし自身をつよく、自分で守ってって、咲かなきゃいけない。
最近変わったことがあった。考えが変化した。
これまでくせで、わたしにできることがあればなんでもってわりとずっと思って生きてきたんだけど、そうじゃないかもしれなかった。わたしにできることなんていうのは、そう多くなかった。誰かのためにと自分の時間や何かを使ったつもりでいたって、それって結局のところなんとゆーか、おごりにも近い。なにかをするなら、わたしの全勝手で、なにかしているのだ。自分のこと後まわしにしがちだったなーと今になって、わたしは、そうじゃなくてもっと、自分のことをただ一生懸命やることが、最重要で最優先であると思う。自分ひとりの手でなんとかできることって、あんまない。なぜならひとりひとりに意思があって、願いがあるから。導かれるほうに状況は転んだ。それがけっきょくのところ正解だった。ように思った。こんなことをここに書いたとき。本意が伝わるのかどーかというのは、もう全然わからないんだけども。世の中には人の数だけ心があるんだから。

だからと言って思うのは、
誰かのためにって、思うことで、
ただ思うことでがんばれることって、やっぱりあると思うから。
そういう気持ちを否定する気なんてまったくもって、ない。ただ自分を省みてみた。そしたらまず自分の畑。自分の畑耕す。ようやくはっとしたぞ。自分にできることなど、自分で自分に期待したよりも多くないのかも。そんな気持ちに直面した。だからこそ、大好きな人のことを思うとがんばれるのだ。そうだと思う。みんな、すごく、がんばっているよね。



えーと 七夕が過ぎ。
映画「トモシビ」が大阪でも、テアトル梅田にて公開始まります。
初めてだった舞台挨拶をさせて頂いたり、
観てくださった方からいろんな感想が届くなか、わたしの住んでいる街でもふつうに映画が観られることがまたもや不思議で、実感がわいてきた感じです。
観たいと思ってくださった方は、ぜひお早めに、足を運んで頂ければなと思います。
胸が爽やかになる映画です。キラキラしたものとか、いろんな人の想い、まっすぐさ、すれ違いも、いろんな思いが詰まっています。
ぜひ劇場にて。観てみてくださいね。よろしくお願いします。


あとは
歌うということがただ たのしいなと思っています。
自分が好きなことをできるということ自体が、奇跡的で、人の思いというものがこの状況を作ってくれていることを感じずにはいられません。わたしはもっと、もっと、ぜんぶで進まなければ。あんま器用じゃないから。じゃあもう、ぎゅぎゅっとやりつくそう
9月のUTAUTAUに向けて
とりあえずは、食欲減退しがちですがたくさん食べてパワーつけます。
みなさんも。

素敵な夏を過ごせますように。
短い夏を。フルカラーで。

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0943.JPG

パンのクッション買った。
向かい合う数字が並んでいる。去年の今頃ふれたら消えてしまうを歌っていたんだなあとおもった
歩いてたら頭の中でアリスが流れたのでちょっと歌った。
昨日も今日も月がきれいな三日月です。
何も書かないままいろんなことが通り過ぎた。
髪を切ったりもあったし、日々の中で少しずつ歌詞みたいなものが生まれてきて書き留めたりしている。
ライブは楽しいし、
その都度、その時の場所で歌を通して誰かと会えること、それから届くことはシンプルにうれしい。

あっというまの5月。
今月は、映画「トモシビ」も公開になるし、またいろんな人とはじめましてとなることも多いでしょう。
たのしみでもあるし、緊張もあります。
すこしずつじゅんびしながら、日々の暮らしと手の中の現実にあまりにも実感がともなわないですわよ。
で、わたしは書きたいこと多すぎて、整理つきませんが。しかし困りはてていた肌荒れもだいぶいいです。とりあえず目開けていきます。かしこ。

↑このページのトップへ