_var_mobile_Media_DCIM_141APPLE_IMG_1287.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_141APPLE_IMG_1288.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_141APPLE_IMG_1289.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_141APPLE_IMG_1290.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_141APPLE_IMG_1291.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_141APPLE_IMG_1292.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_141APPLE_IMG_1293.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_141APPLE_IMG_1294.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_141APPLE_IMG_1295.JPG

日頃から植田真梨恵を応援してくださるみなさんに、とても寂しいお知らせがあります。


私が15才の頃より、私と生活を密着して過ごしてきてくれた、猫のララさんが、3月29日21時頃、お空へ旅立ちました。

2006年5月頃に私のもとに来て、その頃おそらく生後2ヵ月の子猫だったので、13歳でした。


1人暮らしの、まだ15才の私に、猫と暮らす資格なんてないと思っていました。

しかし、縁あって、久留米の貰い手の見つからない猫がいるということから、私のもとに巡ってきたララさんと、生活が始まりました。不安だったけど、とても嬉しい出来事でした。

右も左もわからない大阪の地で、ワンルームで、小さな小さなララさんと、1人と1匹の生活でした。誰よりもそばで、どんなつらいことも、普通の日常も、一緒に見ていてくれた存在でした。







去年あたりから足腰が弱って歩くのがままならなくなったり、病院に通って持ち直したりでした。日常生活を送れるようになってごはんもたくさん食べられるようになっていたので、この調子で少しでも長く、一緒に、ララにとって嬉しくて、美味しくて、幸せな時間が過ごせるといいなと、思いながらの日々でした。

いつもソファで眠っていることがとても多くなりました。



10日ほど前から本格的に調子が悪くなり、口を開けたまま呼吸をすることが時折見られました。

病院の診断では肥大性心筋症といって、心不全の一種でした。

心臓のまわりの筋肉が大きくなってしまい、その分心臓を圧迫して、ポンプするちからが弱まってしまい、

体の中に血液がうまく循環しなくなり、胸にお水がたまってしまう病気でした。ララさんはもともとの半分ほどの呼吸しかできなくなり、それで口を開けて呼吸している状態で、とても苦しかったと思います。

ららちゃんの心臓はもうくたくたになっていますと、先生はおっしゃいました。

病院でお水を抜いてもらって、帰宅するとまたたくさんごはんを食べて、ぐっすり一緒に眠りました。次の日、ベランダに出たがり、太陽の下で2時間もじっとひなたぼっこして過ごしました。太陽が体を元気にしてくれることを本能で知っていて、なんて賢い生き物なんだろうなと思いました。

この先長くはないかもしれないけど、病院に通いながら、とにかく良さそうなことは全てやっていこうと思いながら。なるべく日常的なままで、安心しておうちで穏やかに過ごせるようにと、先生も言ってくださいました。

少し落ち着いたかなという頃、そこからまた容態が急変し、28日の夜突然、歩けなくなってしまいました。


自宅に借りた酸素室の中で、ららのことを見てくれたり、好いてくれてた人たちが会いに来て、家族の中で、最後は私の腕の中で、息を引き取りました。

そんな風に最後を過ごす時間も奇跡でした。

ララさんがそれを待って、がんばってくれていたように感じました。

苦しそうで、酸素室からなかなか出してあげられなくて、最後に抱き上げたとき私の手をぎゅうっと抱きしめるようにして、眠りました。


最後の最後まで、すごくすごく頑張ってくれていたので、ララが少しでも苦しまないといいなという気持ちが、どんどん大きくなっていました。

ララはずっと、私の心配をしてくれていたように思います。

とても優しい猫でした。



softlyという曲で、やっとララの曲をちゃんと書くことができたと思えたんですが、思えば、どんな曲が生まれたときにも、ララの存在が近くにあって、歌ってみればどの曲にもララさんがいました。

周りに誰もいなかったときから私のそばで暮らしてくれたララさんは、もう私の一部のような存在です。



そんなララさんなので、みなさんにもたくさん愛していただきました。

新しいアルバムの中にもララの日常の声が入って、その前からDVDにも出演していて、ラインライブでもみなさんに愛されて、サンリオさんのキャラクターしにものぐるいでは、私の頭の上にララがいます。こんなに嬉しいことはないと思います。しにものぐるいで最後生きたららちゃんでした。

ららのためにちゅーるとか、ごはんとか、差し入れをくださった方たちも大勢いて、いっぱい、みなさんにかわいがって頂いて、本当にありがとうございます。

命ある限り、いつかは亡くなってしまう日が来ることはわかっていたんだけど、みなさんにこれをお伝えするのがどんなにつらいことになるとは、考えが至りませんでした。




3月31日、ららさんを火葬して、今お骨になってこの部屋にいます。

桜の木の上までららさんの煙が上がって、いっぱいの風になって私の体に染み込みました。

若かった私にもっと生活する力があって、もっともっと小さい頃からララさんによいことをしてあげられたらと、当時の至らなさを思います。ララさんに最後めいっぱい苦しまないようにできたのは、みなさんが私を応援してくださっての、今があるからだと思います。ありがとうございます。



どんな風にお伝えすればいいか、今もずっと迷いながらこれを書いていますが、

3/30のステージで泣きながら歌を歌ってしまって、みなさんにとても心配をおかけしてしまったので、とにかく、ちゃんとお伝えしたいと思いました。

しっかり歌ってからご報告するつもりいっぱいでいたんですが、もう全然涙が止まらなくて、ごめんなさい。


ステージでは「昨日悲しいことがあって」と言ってしまいましたが、悲しいことというよりは、とても寂しい事でした。

死んでしまって悲しいというより、死そのものはとても不思議な感じで、私の腕の中でひとつの命が終わるところ、ずっと私と同じ時間を生きてくれたことが、本当に不思議な感覚でした。もうふわふわの毛がさわれないこと、ぐるぐる言って一緒に眠れないこと、朝起きてご飯食べるららを見れないこと、もう会えないということがとってもさみしくて、日常の中にららの姿がないことが、大きな違和感です。


日頃は穏やかなのに、嫌なことをされるとワッと怒る子でした。毛玉ができてしまって処理するときとか、病院で痛いことがあるとものすごく怒るけど、ふだんは我慢強くものしずかな、とても優しい猫でした。



季節がまたこうして変わる中で、これからもららさんは私の中にいるんだなと思います。

生きている時から、なんだか猫というよりは概念に近いなと思っていました。ららさんがつよくやさしく生きた姿を見て、わたしも、そんな風に生きたいと思いました。

まっすぐなまっすぐな愛をずーーっとくれて、ららちゃんありがとう。

これからもいっぱい歌っていくから、心配しないで、安心してていいよ。そんな気持ちです。



長くなってしまいました。

私を応援してくださるみなさんにも、つらいお知らせになってしまいました。読んでくださって、ありがとうございました。


これからも大切に日々を歌っていこうと思います。

心からの感謝をこめて。



母からのLINEはすごい。

立て続けに写真がどどどどどどっと7,8枚来る。いつもだ。質問を投げかけるがそれに対する返答はまちまちだ。返信もかなりまちまちだ。普段は、焼いたプリンやマドレーヌなどの写真、編んだモチーフ編みの写真、絵本の読み聞かせの動画(10秒ずつ×10本)などが連投で送られてくる。



しかし3月に入ってから繰り返し繰り返し送られてくるのは、この写真一色である。

_var_mobile_Media_DCIM_140APPLE_IMG_0314.PNG
_var_mobile_Media_DCIM_140APPLE_IMG_0315.PNG
_var_mobile_Media_DCIM_140APPLE_IMG_0316.PNG
_var_mobile_Media_DCIM_140APPLE_IMG_0317.PNG

多分、エマックスクルメを通りがかるたび、写真を撮ってくれているんだと思う。

毎回、毎回通るたびに。



この度、エマックスクルメさんが開業50周年を迎えられるとのことで、わたし植田真梨恵は50th ANNIVERSARY FAIRのイメージキャラクターに選んでいただきました。

なんと、久留米出身の大先輩シーナ&ロケッツ鮎川誠さんと。お隣に並ばせてもらって、かっこいい写真におさめて頂いてます。鮎川さんのお隣にはシーナさんと決まっていますから。シーナさんのイメージでミニのワンピを持って行きました。シーナさんにはまさか到底及びませんが。

私の人生にとびきりでっかいハッピーが起きています。


子供の頃から生まれ育った、久留米という街には、いくつかのデパートがありました。

私は大善寺というところに住んでいたので、歩いて行けないところへ行きたいときには必ず西鉄電車と西鉄バスに乗っていました。

(むしろ地元を離れた後、都会にはたくさんの電車や路線があることに驚きました。福岡市内や久留米に行くとき、決まって西鉄大牟田線に乗っていました。)

エマックスクルメは、そんな西鉄久留米駅の中にあります。

駅のまわりには商店街がずーっとあって、その六ツ門商店街の中に曽祖母の住む店や親戚のやる喫茶店があったので、母とよくよく通いました。

前にもたぶん、弾き語りツアーで初めて久留米に来れた時書いたんだけど、西鉄久留米駅からそのまわりは、私にとってはかけがえのない場所です。大善寺にあった実家がもう無い今、余計に、西鉄久留米駅まわり一辺がわたしにとってはふるさとで、懐かしい子供の頃から残っている数少ない場所なのです。


商店街の中のお店もかなり減って、もちろん曽祖母の店も親戚のやっていた喫茶店も無くなり、大きなデパートもいくつも無くなってしまった中、エマックス久留米は変わらずに久留米駅の真ん中に在り続けてくれています。

エマックスクルメの中の'味のタウン'という小さな通りで、子供の頃何度も母とごはんをたべました。HiLoでスパゲティ食べたりグラタン食べたり、古蓮で抹茶アイス食べたり宇治のかき氷食べたり、中学時代部活の友達と初めて外食して、甘太郎で太郎麺食べたり。

エマックスクルメの中のお洋服やさんで買い物したり、もちろん中学時代もですが、ついこの前にも帽子を買ったりしました。

待ち合わせで時間をつぶすのに困ったりすると、中のインキューブで雑貨や文具など見て過ごしたり、

子供の頃からいまだに久留米に帰ったときには立ち寄っているエマックスクルメさんの、あの大きな壁にあんなに大きく自分が写真で飾られているなんて、信じられません。


中学3年の時、大阪で一人暮らしをすることが目前にあるタイミングで、エマックスクルメさんの前で歌わせてもらったことがありました。

イベントとしてお昼に2回、仮設のステージとマイクとで、改札を抜けてエマックス久クルメに入るまさに正面の場所でした。子供の頃から歌手になりたいと言いまくって、オーディションも受けまくっていたので、人前で歌える機会があるならといつもいろんな場所で歌わせてもらっていました。そんな中でもそのイベントはとても記憶に残っています。

当時、あまり友達付き合いが得意でなくて、人間関係で悩んだりすることが多く、「私にはあんまり友達はできないかも、でも歌があるからいいやー」とすら思っていたような節があったんです。でも、そんな私が歌うところをわざわざ、クラスメイトの友達が大勢で揃って見にきてくれたんです。ニコニコして見てくれてるところを見て、とてもとても不思議で、こんなわたしにこんなに友達ができたんだなあ、わたしには友達がいたんだなあと、卒業を間近にして初めて思いました。


大切な久留米で、駅前改札抜けてすぐのエマックスで、ふるさとを離れる直前に歌わせてもらえたこと、わたしにとってすごく大切な気持ちに触れさせてもらった大きな体験だったなあと思います。

自分の歩き慣れた道の上で、まだ自分の歌も持たないわたしの歌を知らない人たちが聞いてくれて、ここからまだまだ広い広い街に出て、歌を追いかけていくんだなーと思ったから。

そしてその時のなんとも言えん感じを、今も思い出すから。



久留米を15才の時に離れて13年。

ふるさとの大切な場所で大きく飾られてる写真を、母はたくさんたくさん私に写真に撮って送ってきます。

毎日毎日、ほんとに、はやく私も見に行かないと。


https://emaxkurume.com/


3/30までです。ぜひ足を運んでみてください。よかったら写真に撮ってください。

長くなりました。読んでくれてありがとう。




最後に。


_var_mobile_Media_DCIM_140APPLE_IMG_0318.PNG
_var_mobile_Media_DCIM_140APPLE_IMG_0319.PNG
真梨恵の園て…

_var_mobile_Media_DCIM_140APPLE_IMG_0290.JPG

すこしづつ春が近づいてきてるのがわかります。Live of Lazward Piano-凍てついた星座-の初日が終わって、日々日々音楽を抱えて生きている今日です。

春はいろんなことが大きく動く季節なので、そわそわしたり、ざわざわしたり、何かに挑んだり、乗り越えたりしてる人もいらっしゃるかと思います。


わたしはといえば音楽にふれられれば幸せ、歌がまっすぐ歌えたら幸せ、そんな感じなので、

自分の好きなことや表現したいことに全身つかって人生を注げることって なんてしあわせなことなんだろうかと思うことがより多くなりました。

魂がよろこぶことを通じてみなさんとの繋がりが持てて、自分自身生きていけることがとってもありがたいことだなと思います

直接はみなさんの役に立たないかもしれない。電気も家も作れないし、それを手伝ったりすることもできない。でも音楽でほんの少しでも、心が安らいだり眠れたり、落ち着いたり涙を流せたりするのなら、ほんの少しはみなさんのそばで元気づけることができていたらいいなあと思います。


さっき大阪も少し地震で揺れました。大阪だけじゃなく、日本中のどこかで何かしらの不安な出来事が多々起きて、日常が続いてくことが当たり前じゃないよって思えば思うほど、魂がよろこぶことをなるべくたくさんたくさんできますようにと思いながら、毎日を過ごしています。

ちょっと大袈裟な言い方ですが、ほんとーにそう思います。



今日、新しい曲をまたひとつお届けしました。

「Bloomin'」という曲です。

今を日本で生きているからこそ、書いておきたいものがあったので、4月には和がテーマになったミニアルバムW.A.H.もお届けします。

四季折々の綺麗なものが多い国に生まれてそれに当たり前にふれてこられたことが、私は実はすごくうれしいんだなと思います。


言えなかったりしたこととか、出来なかったこととか、ひとつずつ遂げられますようにと思っています。今にも、明日にも。

今しかできないかもしれないことがあるから、後悔ないように届けていきたいと思います。


Bloomin' 、みなさんがくちずさんでくれるといいなと思いながら。


https://itunes.apple.com/jp/album/bloomin-single/1455361646?app=itunes


_var_mobile_Media_DCIM_140APPLE_IMG_0291.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_140APPLE_IMG_0289.PNG

↑このページのトップへ