月別アーカイブ / 2019年11月

_var_mobile_Media_DCIM_121APPLE_IMG_1020.JPG
皆さまいかがお過ごしですか?
ハッピーシュガーのウチコです(*´꒳`*)
今朝から雪が本格的にちらついた新潟県村上市。もうスノータイヤに履き替えましたか?
私は一足早く履き替えてちょっと安心です。
寒い冬はあったかい飲み物がのみたくなります。
実は飲み物は甘い方が好きな私なので
紅茶にはたっぷりお砂糖をいれちゃいます✨
_var_mobile_Media_DCIM_121APPLE_IMG_1028.JPG
紅茶王子を知っていますか?
View this post on Instagram

みなさんこんにちは^_^ 最近は寒いのでタピオカをあんまり飲んでない方も多いのではないですか? すごく美味しいタピオカのメニューができました‼️ その名は エモいベリーのミルクティー です^_^ 僕が紅茶のメニューをプロデュースしている ハラジュク201cafeでは、昨日から えもみゅーコラボが始まりました! Ameba TVの番組でも人気の しゅうめろくんとたかぴろくんが考えたメニューを形にしました。 二人の思いがたくさんつまったメニューはめちゃくちゃ美味しくできたので是非飲んでみてくださいね。 12/10には二人が1日店長のイベントが開催します。 僕もエモいベリーのミルクティーを作りに行くので是非ハラジュク201cafeへ行ってみてくださいね。 ・ ・ ・ #東京カフェ #かき氷 #カフェ巡り #バンコクカフェ #さいたま市 #emomiu #紅茶王子 #さいたま紅茶王子 #カフェ部 #原宿 #北参道 #タピオカ #タピオカミルクティー #乙女の紅茶 #ティールームナナ #teastand7 #tearoom7 #teastagram #pink #togo ・ ・ #東京カフェ #原宿カフェ #カフェ巡り #たかぴろ #しゅうめろ #紅茶王子 #さいたま紅茶王子 #カフェ部 #原宿 #北参道 #タピオカ #タピオカミルクティー #乙女の紅茶 #えもい #teastand7 #tearoom7 #teastagram #togo

A post shared by さいたま紅茶王子 (@saitama_tea_ouji) on

埼玉県と東京にお店をもつ、さいたま紅茶王子®︎!
紅茶の世界の最先端を常にひっぱってくださる王子にハピシュの紅茶もお世話になってます✨

ハッピーシュガーブレンドティーも
紅茶王子につくってもらってるのですー✨
ウチコが味を決めたんだよ(*´꒳`*)
でもその美味しさの秘密はなんといっても
紅茶王子がつくってくれる茶葉!
天然の素材からしかフレーバーを抽出しないので嫌な香りは一切なし!
毎日でも飲みたいおいしい紅茶は紅茶王子のお陰でハピシュで飲めるのです

_var_mobile_Media_DCIM_121APPLE_IMG_1029.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_121APPLE_IMG_1022.JPG
そんなおいしい紅茶王子の紅茶には
[乙女の紅茶]シリーズが。
女の子の名前がついたフレーバーティーは
それぞれ違う香りが。
ハピシュでも常時3〜4種類くらいの乙女の紅茶を用意してます。
12月はYurinaゆりなちゃんという名前がついた紅茶。
ラフランスとバニラのフレーバーはかなりこの冬にぴったり!

12月1日よりおいしい紅茶を知ってもらおうキャンペーンとしまして✨

生菓子(ケーキ、シュー)を買っていただいたお客様限定で乙女の紅茶が通常420円のところ250円でご提供いたします
店内、お持帰りどちらも対象となります😊

紅茶なんてどこでも一緒でしょ?

そんなふうに思っているあなたにこそ
試してもらいたい紅茶があります(*´꒳`*)
もうほんとに寒いから、スムージーもそろそろ終わり。だからこちらもついでに半額キャンペーン✨

_var_mobile_Media_DCIM_121APPLE_IMG_1030.JPG
余談ですが最近久しぶりにパーマをかけまして
なんか心がスーッと嬉しく軽くなりました。
いつも美容師さんのお仕事って素晴らしいなって思うんです。
だって心が軽くなるってすごいなぁって。
そんなふうにお仕事してもらうと
私もお客さんにそんな気持ちになってもらえてるかしら?と思うわけです。
_var_mobile_Media_DCIM_121APPLE_IMG_1008.JPG
ふわふわにしてもらったのーさー
いつもデジパなんですが今回は全体ホワホワなパーマ。嬉しくなりました。

私の作り出したお菓子が
誰かの心をあったかくする。
誰かと誰かの心をつなげる。
やっぱりそれが1番嬉しい事です。
さて、がんばろ。
みなさまも寒い日々、なんとか笑顔でたのしく参りましょうー(*´꒳`*)

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0892.JPG
たまたま家にあったDVDを見ることになって
何を借りてきたのかな?とみていたら
●タイタニック
●ショーシャンクの空に
●Ted
●アナと雪の女王
●ズートピア
●ベイマックス
絶対自分なら選ばない映画ばっかり笑

その中でもタイタニックとアナと雪の女王は
つまらなかった思い出が蘇って。
でも時間があったから見てみたら
どっちもボロ泣きしてしまいました🤣

なんでーーー

あんなにつまらないと思っていたのに。
当時。
でもそう。
あの頃はわからなかったことがわかるようになったからなのかな。
こんなことがあるんだなって面白くて不思議で。
やっぱりどこか
自分を重ね合わせて見るからなんでしょうか。
経験が自分の中に蓄積していくからなんでしょうか。
そうだとしたら年をとるたびに
感動するポイントが増えて、
笑顔になったり泣いたりして
素直になっていけたらいいなって思いました(*´꒳`*)

ズートピアおもしろかったなあーー
何回も見ちゃった。
可愛かったしさあーーー

もう36歳。
いつのまにかアラフォーに。
年齢の若い人を見るたびに、その時しかだせないフレッシュさがあるなあ!とおもう。
自分にはあったのかなかったのか、、
今は絶対に出せない魅力がある。
だからこそ、今の自分は『余裕』を持てたらいいなと思う。
一生懸命、毎日何かに向き合って、
それでもどこか余裕のある人になりたい。
流れを待てる人に。
楽しく待てる人に。

映画を見て思ったこと。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●



_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0804.JPG
いつからパフェがすきになったかわからないんだけど、
わざわざ東京でパフェカフェするくらい、
パフェを作るのがすきです( ´∀`)
この一つのパフェのグラスの中に
いかにつくりたい味を閉じ込めるか。
そんな大層なことを思ってるか思ってないか、、
とにかくパフェはワクワクします。

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0797.JPG
なかなか人手が足りなかったり
業務の種類も多くて
パフェをお休みしていたんですが
お客様からの声や自分たちもつくりたい!という想いもあって
アップルパイパフェで復活!
どーやったら実現できるかなーと思って
スタッフとも相談して
セット売りで完全予約制なら
できるのでは?ということに。
実はいままでかなりの数のパフェを作ってきました。
最初は星座のパフェだったなあー!
0JCbndZCXc.jpg
HZX4jlg72m.jpg
Jn4RIhKqPo.jpg
ERwp_DJ8A6.jpg
0CjpQsAnYO.jpg
それから
季節のパフェ
7Aonmp3RsS.jpg
PPeDgWSTVK.jpg
Q11K2U4bsB.jpg
もっとたくさんやったけど
写真がどっかに行ってしまった🤣
だんだんやるうちに
おいしい配合もわかってきて、
今やってる紅玉アップルパイパフェは
今一番わたしの中で大好きなパフェ!
_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0802.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0804.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0807.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0810.JPG
パフェってそれだけで楽しい感じするし。
絶対パフェって
不幸な人は食べないイメージ、、
いや、そこから脱却したい人は食べるかも?

意外とアイスクリームが大好きなわたしとしては
パフェは作るのもひとしお、好きなんです。
将来ハピシュをパフェカフェにしたいくらい、、おほほ。

だってお菓子屋さんのパフェって
すんごいおいしいんですよ。
生クリームは最高級。
スポンジもふわっふわ。
アイスクリームやフルーツソース、
ジュレやゼリーも美味しい✨

スタッフかんみちゃんに言わせると
カフェのパフェと
お菓子屋さんのパフェは違う!だそうです。
だから必然的にすこーしお値段も高くなるけど
それでもその価値は確実にあります!とのこと。

そう言われると
ますますパフェが作りたくなりますな😂

そんなわけで今のところ
完全予約制のパフェ!
仕込み日でもご予約いただけましたら
食べれます。
パフェドリンクセット
1230円(税込)ドリンクはコーヒー、紅茶、ソフトドリンクから選べます。
ぜひハピシュのパフェをたべてみてね!

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0721.JPG

↑このページのトップへ