月別アーカイブ / 2019年03月

1p5jbHnX30.jpg
人生は大きく分けて
二つにわかれる。

踊れる人生か
踊れない人生か。

なーんて、そんな大げさなことを思ったのは
つい一年前。

ずっと踊りをやってみたくて
中でもタップダンスがやりたかったけど
なかなか先生も教室も見つからなくて
自前の靴と板で自主練しても
その先がなくてやめてしまっていた。

そんな時、小さい頃からの友達に
踊ろうよ!と誘われて
初めは、きっと飽きるからと言って断ったけど
飽きたらやめればいいの言葉に
始めた社交ダンス。
思えば小さな頃
オーストリアのダンス映画をテープが擦り切れるまで見て、壊して(笑)ビデオ屋さんに謝りに行った🤣

それくらい憧れた社交ダンス。

最初はラテンのパソドブレ!が踊りたくて
始めてみたものの、
踊り云々よりも姿勢から直されて
直されたけど筋力がなくてできなくて、
それでも楽しくてそろそろ一年。

ある日仕事がかなりハードで精神的にも
詰まってきたある日
2週間ぶりにいったダンスでボロボロで。
体がかなり思うように動かない。
背中も肩も、硬い。
これじゃ、時間の無駄だし、なにより
自分の体が、可哀想だと思った。
だから、本気で変わろうと次の日から
朝早く起きて仕事や家のことや食事をしっかりしたものに変えて、夜は帰ってきてダンスしたり
良い睡眠のためにストレッチなどをしっかりやることにした。

体は正直でみるみるうちに変化して
心まで整えてくれるようで。

なぜパティシエの私が踊るのか。
一つは
安食さんの影響があると思う。
スイーツガーデン ユウジアジキのシェフ、安食さんとは深い面識はない。
でもズーーーツと昔からファンで
デフェールの頃からずっと憧れていて
あまりにもファンで無理くり山形の講習会にねじ込んで受けさせてもらった。
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1180.JPG

後にも先にも
こんなに緊張した写真は、、ない🤣
とにかく全てに感動してしまったの。
中でも食事面を整えること、体を鍛えること。
精神的にも肉体的にもハードなプレッシャーを受け続ける狭い厨房での仕事をやり抜くためには趣味を大切にすること。
パティシエであるよりリアルサーファーでいたいと、30年続けるサーフィンを大切にしていらっしゃること。

他の誰ともちがう安食さんのスイーツは
美しく、健康的で、そしてあたたかい。
憧れの安食さんを追いかけたくて
心身ともに鍛えたいという思い。

もう一つは
踊りは客観的に自分を見ることのできる
手段だということ。

踊るということについて
まだ私は足を踏み入れたばかりで
たくさんを語れない。
でも
社交ダンスで誰かと踊るということは
とくに男性と女性が踊るという時に
大切なのは男性はリードし、女性はリードされること。
男女平等が叫ばれるこの時代でも
自分がいまどの場所にいて
どんなニンゲンなのか。
踊りを見たらだいたい分かる気がするのです。
素人でも、わかることがある。
むりやりガサツにひっぱりまわすひとと
踊ったら死ぬほどつまらない。
かといって、ふわふわしてどこに行くのかわからない人のリードは心もとない。
リードされる方も
急いで焦って1人で動けばばらばらになるし、
頑な過ぎるとすすんでいかない。
男がどうの
女がどうのではなくて
お互い役割があって、それを様子を見ながら
すりあわせていく。
そしてやっぱり相性があるのだ。

自分を見つめても
自分は見えづらいが。
自分の踊りを見れば
自分が見えてくる。
お菓子も同じで作る工程からできるまで
すべて自分がよく見える。
でも20年近くお菓子のそばにいる私には、
近すぎて見えづらくなっている部分も
踊ることによって、すべて細かいところまでよく見えるのだ。

普段どんな性格で
気持ちで生きているか。
せっかちかゆったりか。
我がつよいのか、臆病なのか。

踊りもお菓子も
自分の生き様を記してくれる
大切なものになりつつあるのです。
5月にはテストも受けます。

踊れない人生より
踊れる人生を生きたい。

その日から少しずつ
私は変わりつつあります。





_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5860.JPG
だいぶ最初のご注文分が送り終わりそうです。
太陽と月の缶にいれた山形ぶどうとオランジェットセット。
予約数を作り終えてから余りが出たらまた再販するとお伝えしていました(о´∀`о)
15日の朝9時より再販できそうです。
とは言え、そんなに多くはないのですが、
山形ぶどうのみっちりと旨味がつまった美味しさに、やっぱりできるだけたくさんの方に食べてもらいたいなと。

残りはウチコが独り占めしようかと思ったんですが、、🤣踏みとどまりました!!

ほかのお菓子も再販します。
お届けは4月頃になると思います。
ぜひ気長に待っていただける方、よろしくお願いいたします✨

昨日書いたブログを
たまたま読んでくれた人から連絡があって
自分のことだと思って読んだと。

みんな多かれ少なかれ
似た経験があるんだと思いました。

丁寧にお菓子を作るという事。
丁寧に起きて、食べて、寝るという事。
同じだと思うし、繋がっていて。
そうしてるうちに、だんだん自分が心地よいと思うものの輪郭が見えてきたり、
必要なものがわかってきたり、
そうしてるうちに取捨選択ができてくるのかなあと思うのです。

そこに他者がはいったら
選択肢も増えるし、
お互いの意見のおれどころ?みたいな点を探す作業にも入るだろうし。

今自分に何が必要なのか
知っているというのはとても心安らぐ事です。

太陽と月の缶にいれた
山形ぶどうとオランジェットセット。
ウチコの精一杯の丁寧を詰め込んで
待ってくださる方にお届けしたいです。

_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5911.JPG
お菓子屋さんになってから
いろんな人に教えたり教わったりしていて
わかったことがある。
人というのは基本的には何か人に言われて変わることはないということ。
もちろん出会いの中で、影響を受けたり教えを受けて、どんどん成長していくものだけど、
それはあくまで本人が
《変わりたい》と思った時だけだ。
最初はあれよあれよといつのまにかそうなっていたという事もあるだろう。
だけど、物事はある一定のところまでくると
その先に行くのにパワーがいる。
なんとなく出来ていたことでも、
レベルを上げようと思った時、いわゆる壁というものが立ちふさがる。

じゃあどんな時に人はその壁を乗り越えていけるのか。
または、乗り越えようと思えるのか。




例えばひとりの女性がお菓子を作ろうとしたとする。
材料もそろうし、時間も作ろうと思えば作れる。
でも、なんだかやれない。
かといって、やる気がないわけでもない。
がんばる気もあるけどもどうしても、なんとなく
いつも作らないで終わってしまう。
しかし、もやもやしたまま、
《つくりたいけどつくれない》
そう思って数年たってしまった。

おかし作りに限らず、
多かれ少なれみんなこんな経験あると思う。

はたまた、
ここに1人結婚したい女性がいる。
出会いも求めてみたけれど、
なかなか思うようにいかない。
そもそも結婚する必要があるんだろうか。
別に好きな人がいればいいと思う時もある。
1人は嫌だけど、なかなかうまくいかないし、
生活も不自由があるわけじゃない。
だけどなぜか友人や知り合いが結婚すると聞くたびに、
心がチクリとして落ち込んでしまう。

そんな女の人も山ほど見てきたし、
私もそのひとりだった時もある。

お菓子と結婚は全然違うものかもしれないけど
でも、きっとモヤモヤしてしまう理由はたぶんおなじ。
やりたい物事がうまくいかない訳は

『自分の欲求に素直になってないから』


いやいや私なってますって!というそこのあなた、本当ですか?

別にこういうのって縁だし結婚しなくたっていい時代だし、お菓子だって別に作れなくても困らないし。
うん、その通り。
ほんとそうです。
じゃあなぜそんなにモヤモヤするの?
周りがいうから?できない自分がいやだから?
どうせ自分には無理なのかも。。
でも。
本当に、そうなのかな?


ある時、私は勇気を出して本当に自分がしたいこと、なんだろう。
自分の中を整理する時がきたのかもしれないって
思った時がありました。
そんなに簡単に決めることができたら
なにも苦労しない。
でも本当に自分がしたいと思ってること
はなから諦めてしまったら、
きっとそれは手から離れていってしまう。

ある人に言われたのがきっかけでした。

自分の気持ちから逃げてきたよね?
自分のことは自分でしか決めれないんだよ?って。

しんどかったーーー
泣いたもん。めそめそめそめそ、泣いちゃって。
そんなことないもん。逃げてないもん。

その時はそう思った。
でも一晩たってモヤモヤ晴れなくて、
あれ?響いてるやん?ってなって
そこからたくさん時間をかけて
取捨選択をしてきました。
そうだったかもーー!てへー!って思ったら
めそめそ泣いた事もわすれちゃったよね。

本当は自分はどうなりたいのか。
どう生きていきたいのか。
どうしたいのか。

自分の欲求に素直になった時、
きっと人は《変わりたい》と思うんだと思う。
そして始めてその道を歩んでいく準備ができる。

だから、人は人を変えれないと思うけど、
その人が本当になりたい自分を探す手伝いはできると思っている。
人材育成の事に関してもそこは外せないなと思う。

素直になったからって
うまく行くかどうかまでは私にはわからない。
だけど
いつだって自分の中を棚卸しして
なりたい自分に近づいていきたいものです。





↑このページのトップへ