月別アーカイブ / 2018年06月

_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2992.JPG
大人も子供も関係ないよね(о´∀`о)
このシャカシャカクッキーをやると
みんな目がキラキラするの!
_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2991.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2980.JPG
本日はDOCOMO新発田店のハッピーライフクッキングにて月に一回のお菓子教室でしたー!
クッキーをつくろう!
クッキー生地って意外にむずかしいとおもってる方も結構いらっしゃって、
おーーー!
とか、なるほどーーーとか!
とっても濃厚な時間に(о´∀`о)
おひとり、赤ちゃんを背中にヨシヨシしながら
クッキー作ってくださった生徒さんがいて
素敵だなーって思ったー(о´∀`о)
【本家のお菓子教室でも赤ちゃんいてもいいですか?】って、聞いてくれて
もちろんですーっ!って!
たまにちびっこが参加してくれるんだけど
ほんとにみんな上手でびっくりするの。
お菓子作るのに年齢は関係ないよね。
わたしの姪っ子のさっぷるは、とっても器用にいろんなもの作るもんね!
わたしも小学生の頃、たくさんお菓子の本をよんでつくろうとしてた。
あの頃の気持ちは今と何にも変わってないよ(о´∀`о)

⚫︎6月20日 『パウンドケーキをつくろう!』

●7月4日 (水)基礎編 【カスタードとアーモンドクリームを覚えよう】(残席1)

●7月25日(水) 『プリンとブリュレをつくろう!』

●8月1日(水) 基礎編 【シュクレ(クッキー生地)を覚えよう】

●8月22日 (水)『フルーツタルトをつくろう!』

●9月12日(水) 基礎編 【ジェノワーズ(スポンジケーキ)を覚えよう】(残席1)

●9月26日(水) 『焼き菓子を焼こう!』

●10月3日(水) 基礎編【最も基本のソース、アングレーズ(カスタードソース)を覚えよう】

●10月24日(水) 『モンブランをつくろう!』

●11月21日(水) 『チョコレートムースをつくろう!』

●12月5日(水) 『好きなお菓子を作ってパーティーしよう!』
(作りたい人は材料を用意するので好きなお菓子を作ってみんなに食べてもらおう!)

こんな感じの予定です(о´∀`о)

※基礎編はお一人 3000円 12時半から3時まで
詳しく講義も入れつつ基本を覚えて行きます。

※つくろう!はお一人 5500円です。
12時半から4時まで。

質問や疑問などがたくさんあればその後の茶話会1時間の中でお菓子についてお話ししていきます。生徒さんは茶話会は自由参加です。

●個別教室、受け付けております。

☆1品(3時間)までにつき10800円~
※内容によってお値段が変わります☆ぜひご相談ください。(場所はハッピーシュガー)


_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2972.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2970.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2971.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2975.JPG
朝からカンミちゃんとペンキ塗りもしたし(о´∀`о)
明日から綺麗なデッキできもちいいなあ。
少しずつ、綺麗に。場を耕していこう。
お菓子教室もおんなじ(о´∀`о)
教えることで、いつも教わっている。
これからもウチコのお菓子教室をよろしくお願いいたします☆

















_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2863.JPG
ハッピーシュガーの壁に書かれたこの絵は
アンリマティスの【王の悲しみ】を
私が模写したものです(о´∀`о)
中学生の時、文化祭と合唱コンクールの係りになってね、
担当の先生が大きな大きな紙に絵を描こうと思うって。
その絵をなににするか私に決めさせてくれたんです。
なんでそーなったのかは、、忘れちゃった🤣
でもわたし、そのときにこれだ!って思って
大きな大きな紙を何枚も貼り付けて
そこにこのマティスの王の悲しみを切り絵でみんなで作ったの。
どうしてこの絵を知ったかというと
母の部屋に絵画の特集の本が置いてあって
暇なとき読み漁ってたから。
王の悲しみを見たとき、
【賑やかに見えるけどほんのすこしかなしそうだな】そうおもったら、
若きダビデが王様を音楽で慰めている絵だってかいてあった。
クリムトの接吻と、アンリマティスの王の悲しみは、何十年経っても、何回、何十回見ても
やっぱり美しいし優しい。そして、どこか悲しい。

マティスはね、
最初は絵を描いてたけど
手が不自由になってからはお弟子さんの手を借りて切り絵に転向しました。
手が使えなくなっても尚、製作し続けて
しかも、わたしはマティスの普通の絵より切り絵のほうがだいすきなの。
【人々を癒す肘掛け椅子のような絵を描きたい】
そうマティスは言ってたそうです。

わたしのお店も、
誰かの肘掛け椅子のようになりたい。
好きな絵はありますか?
なぜそれが好きなのですか
よければ今度聞かせてね(о´∀`о)

_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2849.JPG
私がお店を始めたとき、
絶対にしようと決めていたことがあって。
スタッフに働いた対価をまずは最低限きちんと払うこと。
労働基準を守ること。
未来が見えない働き方をさせないこと。

それは理想だったし、できてるかどうかは自己判断かもしれないけど、
光が見えるような場所にしたかった。
お菓子屋さんの製造で勤めていて
【お菓子を作るのは好きだし、楽しいけど、
ずっとは働けないな】
多くの女性はそう思って働いていた人も多いとおもう。

時代は変わって
様々な働き方がある事を経営者も
雇われてる人も問われる時代。

私がなんの経験もなく始めたハッピーシュガーは、もう隙だらけで。
できてない事たくさんあって、
だからこそ、伸び代がたくさんあるとおもっていて。
まだまだ先のことだし
行き着けるかわからないけど、
私には少しだけ先のキラキラしたハッピーシュガーがみえることがあって。

ちゃんとそれぞれ自分の生活が豊かで
休みもあって、
その代わり働く時間は最大限に力を発揮できて、
一生懸命働いて、
お店も楽しい時間が流れてて
お客様もスタッフも笑顔で。
ずっとライフスタイルが変わってもそれに合わせて働けて
そこでどんどん素敵な人を育てていく。
そんなお店にできたら、、、
どうしてそう出来たのかをたくさんの人につたえたい。
そして真似されるような、
目指してもらえるような面白いお店にしたいとおもっているの。

私は私でお菓子に関わるお仕事や
お菓子教室を通してたくさんの場所にいったり、
人に出会ったり。
美しいものを自分の中にたくさん取り込みたい。


今はまだ、そんな未来は少し遠くて、、
まだ手が届かない。
でもそこに向かって進んだら
辿り着く場所が違ってもきっと素敵な毎日になるか気がします。

それには自分の弱いとこをしっかり認めて、
助けてもらうとこは助けてもらって、
トライしていく。
凹んでもたちあがり、落ち込んでもくじけない。

_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2839.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2836.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2833.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2831.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2819.JPG
毎日毎日コツコツと。
お菓子を作る仕事って
人間らしくて、素晴らしくて、尊い仕事だとおもうから。
お菓子屋さんになったら素敵な人になれるんだね!!って
いつかいってもらえるようにがんばるんだー!
6月、7月は
セミナー講師依頼やお菓子教室出張、
デモンストレーションなどのお仕事もはいり始めました。

夢に向かって、
5年後にはきっと、
まだ見たことのない景色を見れると信じて。



↑このページのトップへ