月別アーカイブ / 2018年04月

徹底的に理由を問う。
それはどちらかというとしつこくて嫌なイメージかもしれませんが
浸透したらこれほど効率のいい仕事風景はないと私は思ってます(о´∀`о)
_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1496.JPG
いくつもの時代を経て、かわりゆくスプンくんクッキー。そう、
全てが毎日変わっていきます。
変わらないものなんて本当はないんです。
それはさみしいこととは少し違う。
なぜなら同じようにやっていても、そのスプンクッキーは絶対に昨日のものとは違う。
それは当たり前のことなんです。
時として
『変わらない友情』
『変わらない愛情』という言葉がありますが
本当に変わらない必要があるのは
変わっていくその対象物を
受け止める心かな、と思います。
_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1484.JPG
母の日のケーキを試作中(о´∀`о)
どーなるかなーー!
ハピシュを8年やっていて
カフェも1周年をむかえて
私が今思うことは。
今は捨てる時だという感覚です。
1つ1つの商品に対して
なぜそれがお客様に受け入れられたのか。またはうけいれられなかったのか。
理由を考えます。
スタッフとも考えます。
たくさん要因はあるにしても
私の中で『これは、、』と思う法則もやはりあるんです。

持ち主が愛していないものは
誰にも愛されない

季節も合ってる、旬の素材。
少し流行りもリサーチした。
あの人気店のまねだってして、
レベルだって結構いいし、なにより
食して、美味しいと思う。
だけど、売れないものがある。
それが、答えだし、全てのヒント。

思い返せば
本当にそれを作りたかったのか。
本当にそれをうみだしたかったのか。
考えれば考えるほど
答えは明確になってくるんです。

私が愛した商品は
しらず、お客様にも可愛がられてきた。
現に、
この度思いを込めてドリップにしたコーヒーや
あたらしいケニア、ルワンダ、
そして紅茶はいつもの何倍も飲まれている。
お値段が今は安いから?
それもあるかもしれないけど、
多分それだけじゃないんです。
さあ、
おもいきり、捨てる時がきたと
感じています。
何を捨てるかは自分次第。
そのあと何を揃えるかも自分次第。
それは怖くて、勇気がいって、
どきどきして、すごく楽しい
そんな時間になる気がします(о´∀`о)
おーーーこわ!!😂

_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1480.JPG
1周年記念を通じてたくさんのお客様が
カフェを利用してくれている毎日です(о´∀`о)
以前はカフェスペースのないお菓子屋で。
でもだんだんとお客様がハピシュで食べれたらいいなーとか。
遠くからきてゆっくりしてもらいたいなーって
何回も思ったりして。
もともとカフェをやりたいきもちがあったわたしがどーしてカフェ併設に踏み切ったのか。
きっかけをお話ししたことはあまりなかったかもさしれません。
じつは。
2年前に千葉に行った時。
生まれて初めてタロット占いをメイさんにしてもらったとき、
たくさんの話をしながら
カフェをしてみたいということをポロリと。
そのときメイさんは
『カップのカードが出てる。絶対いいと思う。
そして、本当はウチコさんはもっとやれるって
カードは言ってる』
そう、教えてくれたんです。
そのとき、なんだろう。
あ、今かもしれないって。そう思ってかえってすぐにスタッフのみんなにカフェをやりたいって
言ったことを覚えてます。
_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1469.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1462.JPG
CB_cwwWEUI.jpg
いきなり。
やったこともないカフェなんてやって。
そりゃあ、うまくいかない事だらけ。
後悔した日もあったかも。
でもね、なんでかな。
最近ほんとに幸せな気持ちがさらにハピシュに
充満してるのがわかるの。
『インテリアかわいいー』とか
『えーお手洗いもおしゃーれー』とか
『おいしいー』とか
『ずっとここにいたい』とか
『引越してどーゆー部屋にしようかなやんでるんですよー』とか😂
『コーヒー酸味があるのが好きなんですー』とか。。。

そう、たわいもない会話が
聞いているのが幸せで。
あの日カフェをしようとした自分は
そんなに間違ってなかったんだと
なんだか最近やっと思え始めてて。
なぜならとても
心があったかくなるからです。
コーヒーをひいたり、紅茶を入れたり
デザートつくったり。
心があったかくなるんです。

ちっちゃい子がさあ、
きゃきゃきゃ。してね。
カフェで。
ここでたべるーーー!!!っていうたび嬉しくて
デザート皿をみて、
うわぁーーー!!っていうのがうれしくて。
おいしいーーー!ってぺろりたべてるのが
可愛くて(о´∀`о)
_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1472.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1474.JPG
ALE1ZyQMp3.jpg
夜カフェもよろしくです!!
そんな春の日。


りっちゃんはウチコの大切なお友達(о´∀`о)

_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1452.JPG
「わたしな、牡羊座やねん!」
りっちゃんは奈良のひと。
コテコテの(わたしから見れば)関西人。
19歳の頃、出会った。
19歳のりっちゃんはもっとぽちゃっとしてて
自分のことをよく『りさはなあ、ブスででぶやねんなあーー』っていってた🤣
当時のわたしの認識では
ブスはかわいいの裏返し、もしくは友達同士の挨拶、もしくは自己紹介の代わりなのかとおもうくらい、
べつに悪い意味のない言葉に聞こえた😂
カルチャーショック!
19歳から35歳におたがいなるまでのことは
長いので割愛🤣
でも、そう。
りっちゃんはいつの間にか立派なお母さんになって、
そしてちっさな子供達もわたしのことを
『ウチコ』と呼んでくれる(о´∀`о)
りっちゃんといて、
嫌な気持ちになったことがないことにきづく。
ふと、きづく。
それってすごいなと思う。
『なにしてんの、あんた』とか
『ほんまにアホやなぁ』とか
『なんでそんななんねん』とか
『しゃーないわ、そら』とか
たくさん字にしたらおもしろいことばかり
言われてるけど
いつも私をおもしろがってくれる。
今回もどーしてもまたいきたいと
きっと旦那さんを長いことかけて説得して
やってきたりっちゃん(о´∀`о)
お寿司食べてやたら、『貝が臭くない!』を連発してたりっちゃん😂(どんな臭い貝たべてるの笑)
気がついたら
りっちゃんたちの他にも沢山お客さんきてて
『愛されてんなあ♡』って
うれしそうに、いってくれた。
関西の人のイントネーションは
字にするとむずかしい。
愛されてんなあ。は、男の人みたいなことばづかいじゃなくて。
あいされて↑ん↑なあ⤴︎
みたいなかんじ😂つたわるかしら。
『なあなあ、すっぴんでお寿司屋さん🍣いっても許される?!』とやたらわたしに確認してたけど

_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1435.JPG
許されるから、またきてね。
たーーくさんたべて、たーくさん買って
はーーおいしい。もっとたべたいっていってたわら😂
遠くで応援してくれているのがわかるから
わたし、もっとがんばるね(о´∀`о)
気をつけて。
また会おうね!

↑このページのトップへ