_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6134.JPG
お寿司は我が社の必須アイテムです☆
ミーティングは夜仕事終わりに行いますので
夜ご飯食べてからです。
だいたいご飯はウチコ担当なのですが
今回は繁忙期を一生懸命働いてくれたスタッフへ感謝の気持ちでお寿司です✨

ハッピーシュガーでは
[mission ]使命
●みんなのhappyを生み出す場所になる
[vision]志
●丁寧にお菓子を作ることで、丁寧に生きる人になる
●美しくお菓子を作ることで、美しい人をめざす
●大切にお菓子を作ることで、自分を大切にできる人になる


こんな使命と志を2019年かかげておりました。

そしてこれは2018年から
いろんな内部改革を行ってきました。

とはいえそれは大げさなものではなく、
それでいてとても重要だと思える事でした。

《自分の考えを持ってからすり合わせ》を日課とする訓練。

ただこれを繰り返しました。

毎日は選択の連続です。
人ってどんな性格の人も共通している事があると
心理学の先生に教えて貰った事があります。
健康な精神ならどんな人でも
人に決められたことをやりつづけるのは苦痛だという事です。

一見どんなに意見がない人でも
ないわけではなく
遠慮していたり、それ以前に自分の考えがあるということを知らなかったりする。
誰よりも頑固で意思の強い人が
発言しないからといって《意志のない人》と
誤解されている場合がある。

その時に一番起きやすい悲劇としては
いいとおもってたら全然よくなかったんだね、というのが後から分かるということ。

これに関してはかなりの確率で
両者間で恨みが発生することになると思います。

ほんとはしたくなかった。
無理やりやらされた。

仕事でもプライベートでも一緒じゃないでしょうか。

スタッフに自ら考えて動いて考えてもらうためには何をするべきなのか。

それはあーしろこーしろという事ではないのだろうな、、という事なのです。

あなたはどう思うか。
どうしたいか。
この事柄に対してどうしようとしているか。


を根気強く問いかけ続ける事だと思っているのです。

小さな頃からそれを日課にして来なければ
自分の意見を言う、どころか
自分の考えに向き合うということは
なかなかできません。

これは私がたくさんのスタッフや
人に質問してきて今感じている答えです。

でも。

すぐには答えられなくても聞かれれば考えます。

自分はどう思うのか。どうしたいのか。

自分と向き合う。そこからだと思うのです。

例えば
お仕事のスケジュールが決まっていて
担当や責任者が決定している上で
そのスケジュールに対して自分はどうしていくかを考える。

どこから考えればいいかわからない場合は
その方法を教えたり、
アドバイスしたりする。
逆に他にいいアイデアがあれば
私も教えてもらいます。

私は仕事が終わり掛ける前に必ず聞きます。

今日はどこまでやろうとおもっているー?と。

仕事は決められてそれをこなすだけじゃ
主体性がなくて面白くない。

自分で構築して初めてやりがいや充実感が出るのではないかとおもっています。


自分で考えて決めて働くのはきっと楽しい

大変でも楽しいという事には
これが絶対必要だと思う。
楽しい職場ってなんだろう?って。
明るくて活気があるところ?
みんなでワイワイすること?
待遇がいいところ?
福利厚生がしっかりしているところ?
それも必要だと思う。
でも一番大切なのは
自分が考えて決めて動ける職場。

そんな気がしています。