_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8880.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8879.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8876.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8874.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8873.JPG
新発田ドコモで月に一度ある【ウチコのお菓子教室】。
今回はトリュフチョコレートでした(о´∀`о)
今年に入ってからあれよあれよと忙しい日々で
ハッピーシュガーで行う本家のウチコのお菓子教室は
まだ開催されていません。
でもじつは、水面下では色々考えていて、
大切な自分のライフワークだからこそ
一旦見つめなおして、
また再構築しようと思っています。
楽しみにまってくださってるかたも
ぜひどうか、もういいわー!ってならずに
気長に待っていただけたらとおもいます(о´∀`о)

ふと。
数日前に気づいたことがありました。

丁寧な美しいお菓子が焼けるようになるたびに
その人はどんどん美しくなるなって。

それは沢山の人とお菓子を作って来て
それはスタッフや生徒さんでも同じなんだけど。

最初にお菓子を作った時はみんな
雑だったり、手荒だったりするんです。
もちろん、わたしもそうだった。
でも、上手に、きれいに焼こうとすると
色んなことを気をつける。
よくみれるようになる。
じっくり観察して、心を落ち着かせる術を
知らぬ間に学ぶ。
焦ってもいいことはないと知る。
そっと生地に触れるようになる。

それが技術といえば
そうかもしれないけど。
私はその言葉では足りないなと思う。

心を落ち着けて、
難しい作業を繰り返す。
よく観察し、あわてず、美しく目の前のものが
完成するまでじっくりと、
時には迅速に対応して
1つのものを作り上げる。
時には待ち、時にはタイミングを合わせ。
心がもやもやしたり
黒く曇ったりしていたら
曇ったものができて。
美しくはできないし、
納得のいくものも出来上がらない。

それは、人生と一緒なのではないかと
思ったのです。





私はお菓子作りで沢山のことを学びました。
知ることができました。

雑な自分を
焦る自分を、
いい加減な自分を
そして弱い自分を
目の前の作ったお菓子を通して
嫌という程たくさん見てきた。

そして今たどり着いたのは

お菓子作りで大切なのは
失敗しないことじゃない。

丁寧に大切につくるということです。

昨日より丁寧にお菓子がつくれたら、
昨日より丁寧に美しく生きれたということ。

私はそう思っているのです。


丁寧に生きるとはどういう意味でしょうか。

それはきっとあなただけの【丁寧な生き方】があるとおもう。
あなたのお菓子を作れるのは、あなただけだから。


あなたの丁寧な生き方を深めていくところを
私もそばで見てみたい。
私自身もそれに向き合い続けながら。


新しいウチコのお菓子教室、
準備中です☆