KAlPBwGbV7.jpg
私はハッピーシュガーを2010年にオープンさせました。
お菓子屋さんをまずやって、いつかはカフェをやりたいと思っていました。
色んなワークショップがあったり、お菓子教室があったりする、カフェがやりたいなって。
やっているうちに違うやりたいことも出てきて、
お菓子に対する自分の考え方もできてきて、
いまは旅の途中なのですが
なんだかんだ毎日楽しくやっています。

さて、時にこんなメッセージをもらいます。
[ウチコさんはとっても楽しく働いていて、私もそんな風に働きたいです]

私が人からもらう言葉の中でかなりの割合を占めている言葉です。

なぜなのかなあと思った時、
大前提でこれがあるなとおもったのは
《健康に生きようとしているか》
だなって。

健康ってなんでしょうね。
お医者様ではないので
体の状態とかあんまりわかってないんだけど。
でもずーーーっとおもってることなんですけど
全員に当てはまらないんですけど
基本的に、、、

パティシエって不健康な人が多い

そうおもってきました。
なぜそう思うかっていうと、
食生活を気をつけている人と運動をしている人が少ないから。

昔、尊敬する安食シェフが
お昼にジムに行く。と何かに書いてあって
すごい!!とおもったんです。
その頃は、余裕があるんだなー!すごいなー!
って思ってたけど
違うよね。
その体力を仕事のために、人生のために
維持しようと努力されてるんだって。
本格的なサーファーでもいらっしゃる安食さんの話を直接聞いたことがあって、
私もこうなりたいと思ったのをいつでも思い出します。

とはいえ。
心とは弱いもので。
つい仕事が忙しかったりすると
[しかたない]を言い訳に
体を動かしたりすることを
《やりたいけどできない》となぜか人のせい。
そう、人って簡単なの。
やりたいけどできないって
何かのせいにするのが得意。
それで納得ほんとにいってるならいいと思う。
でも、そうじゃないことが大半。
どうしたらできるかなって考えるくらいはお金もかからないとウチコは思っている。

つい一昨日、2週間ぶりにダンスに行った時
とてもじゃないが体の状態がわるい。
首が前に出てる。
背中が硬すぎる。
思いっきりやっても首が後ろに行かなくて
ものすごく大汗を、、きつかった。。

正直ダンスがなかったら更にやばいことになってるなって自覚はあり。
最近は繁忙期もあって
夜神経が尖って眠れなかったり
寝ても寝ても眠かったり、
気管支も不安定。
これじゃダメだと思い直し一念発起です。

とにかく自分のスタイルを
三パターンくらい設定して
ゆるい範囲で健康をしっかり維持する努力をする。
ストレッチ、ダンスを短いスパンで予定に組み込む。
仕事は思いっきりやる。
家では思いっきり健康に過ごす。
それでも病気になったり具合が悪くなる時もあるでしょう。

でも、やらなきゃ。

世の中の若いパティシエの子達にいいたい。
セルフケアしてーー!!って。
毎日ストレッチしてるかい?
腕は上に上がるかい?
運動はしてるかい?
今時休みが一日もない人は少ないはず。
そのお休みになにか好きな運動を見つけて
やるときっと体はぐんと持ちます。

かくいうわたしも
自分の事ができてないのだけど
スタッフにも口を酸っぱくして
腕を回す事、ストレッチ、運動、
やると仕事寿命が伸びるよって言ってます。

パティシエが毎日できる効果的なストレッチないだろうか。
全国のパティシエのみんなが
少しでも体をいたわって
美味しいお菓子を笑顔で作れるために。
これからウチコも健康を諦めず
自分の体と向き合って生きていきます。

ひとまず起きる時間は一定に。
朝のうちにおうちの仕事やお料理は済ませるようにして。
臨機応変に自分なりのゆるい健康マイルール
持続させたいなー!


_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5861.JPG
お店に手伝いに来てくれた子が
[ここに来ると生きてるって感じがするんだ]って言っていて。
一瞬そんな大げさな!と思ったけど全然大げさなんかじゃないよねって、思ったの。
hCeMsADZKH.jpg
昨日から横浜から妹分のリホピーとN氏がきてくれてて、ホワイトデー忙しいだろうからって
手伝いにきてくれて!
笑 もはや横浜から手伝いに来るって本人たち大赤字なんだけども💦そんな事御構い無しに
いつもニコニコきてくれるの!
ありがたいことにおかげさまで
いろんな仕事を割り振らせてもらって
ずっとやりたくてもウチコにはできなかった
収支計算表システムを作ってもらった。
やりたいことや、
こうなったら楽なのに!のアイデアはたくさんあって、
それを形にするとなると
わたしでは技術が足りなくて。
今までだったら
なんとなく諦めてた。
無理だなーって。
でも今は、それを出来る人を探そうって思っていて、そう思ってたらリホピーとN氏のおかげで
手伝ってもらえて。
すごく嬉しかったし、助かったし、なにより
気持ちが嬉しかった。
真剣にみんなで仕事した。
ハッピーシュガーに手伝いにきてくれた人はわかると思うけど
一切区切りがないし、余計な私語がないです💦
それは別にピリピリしてるわけでもなくて
ほんとに分単位で仕事が埋まってるから。
それぞれができる事を一生懸命やる。
各自自分にできること、やらなくてはならないこと、どんどんやります。
休憩もとります。
まだまだわたしができてないことがたくさんあるし、知らないこともあるので
うまくいかない箇所もあります。
でも、どんな場所にしたいかって。
希望が見える場所にしたいんだよ。

自分がやりたいと思う事、
楽しいと思う事、
また来たいって思う事。
仕事しながらそう思えるって
生きてるって感じるんだね。

時には大変なことも、
泣いたりすることも、
悩んだりもするけども。

一人一人の
人生の中のどこかの部分が
ハッピーシュガーにひっかかって、
光がじわじわ沁みて広がるような、、
そんなふうになればいい。

みんなでつくりあげていくのだ。


_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8957.JPG
お店に図鑑を置き始めたのは
1月のお正月やすみに
箱根本箱に行ってから。
_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8205.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8207.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8198.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8211.JPG

幸せすぎて興奮しすぎてどうにかなっちゃうかと思ったくらい🤣楽しかった本を読むためのホテル。
箱根本箱。
その時得たのは
好きなものに囲まれて過ごす時間のすごさ。
本好きにとってこのホテルは幸せすぎました!

そこで過ごしたわたしも。
自分の仕事であるお菓子と好きなものを組み合わせた空間をもっとつくってみたいなっておもったの。

要は真似なんだけど(笑)

そして気づきもありました。
一番びっくりしたのは
【図鑑】ばかり見て過ごした自分にでした。
5DQr_eotW0.jpg
子供の頃みたいに図鑑を読み漁った。
というか、見まくった!
そして思いました。
はて?
いつから図鑑を見なくなったんだろう?って。
小さい時、おうちに動物の図鑑があって
あまりにリアルでアイアイか、何かのお猿さんのページは急いで捲るか、
薄目で見てやり過ごした(笑)

それくらい図鑑にはリアルとスリルがあった。

小さな田舎に住んでいてもそれは生き生きとリアルにわたしの中にとんでもなく【世界】を教えてくれたの。

そんな図鑑は大人になってからなかなか見ることもなくて。
存在も忘れてて。
そうか、図鑑も本か!っておもったくらい。

なかなか高くて重くて他の本よりも手に入りにくい図鑑。
なかなか買えないなら
わたしが代わりに買ってお客さんに見てもらいたいなっておもったのー!

今までも本が大好きでいろんな本を
ウチコ図書館と題してお店に置いていました。
いろんな本に出会って、すごく楽しかった。

でも箱根本箱で何十年ぶりに図鑑と出会って
【これだ】っておもってゆくゆくは
お店の本を図鑑に特化したコレクションにするつもりです(о´∀`о)

_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8956.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8957.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8954.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8953.JPG
それから集めだした図鑑はまだ数冊。
だけどお客様に声をかけてもらうことも多くなった。
【わたし、鳥が大好きなんです】
【図鑑がある!見たい!】
【またきたくなっちゃう!】
【これ、売ってますか?】など笑

ハッピーシュガーの店の中に飾り本棚をつけて
たくさん飾るのが夢。
もちろん店内の図鑑はどれでも
手に取れます。
ウチコが時間をかけて手に入れた図鑑を置くつもり。
本を読むのが苦手な人も
小さなお子さんから
お年寄りも
誰でも楽しめる。
だれにだって
知らない世界、新しい世界を手に入れる権利がある!!(о´∀`о)

世界一図鑑の見れるお菓子屋さんってのも
おもしろいなっておもうのー!

小さな小さなお菓子屋さんが
その人にとっての新しい世界の入り口になるの。

ぜひハッピーシュガーにきたら
気になる図鑑を手にとってみてね。
これからどんどんふえます。
とは言っても高価なので、毎月2冊ずつ。
たのしみだなー
ぜひ図鑑をみながらゆっくりしにきてくださいね





↑このページのトップへ