そんなわけで後編は
『人として』どう生きるかです。
私が常に心に置いてある言葉があります。

美しく生きるという事

美しさってなんでしょうね。
生き方って人によって違うけど
じゃあ、なんでもいいじゃんって言うのはちがうとおもう。
そんなことはなくて。
自分の理想や思想はしっかり持つべきだと思ってます。
ただ、それが変わることはわるくないなっておもうのね(о´∀`о)

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4121.JPG

美しく生きるとは私にとって
見た目のことだけではなく
その人がいるだけで周りの人が希望をみつけるようなそんな様子のイメージです。

私は田舎の生まれで
父も兄も、
都会に生まれなかった洗礼をうけてきました。
今も言われます。
都会にいたらもっとよかったのにねって。
でもね。思うんですね。
田舎に生まれた事やいる事がコンプレックスなら
それを武器に変えようとする根性やアイディア、たくましさ、勇気、気概。
夢を見る力は自分の資産だなって。

私に何ができるだろう。
個性を探して迷走していたとき
そんなことばかり考えていた。
そんな事より、
やりたいことに素直になって、
行動に移していく事の方が大切だったのに。
そんな時、言われた言葉がありました。

ウチコさんはね、ウチコさんでいるだけで良いんだよ。

その時は、響かなかった。
聞きたいのはそんな慰めじゃないって思って。
でも、そうじゃなかったのにきづいたのは、
ずっとあと。

私がやりたいことをやる。
やりたいことは簡単なことばかりじゃない。
だけどそれでもやろうと努力したり
向かったり挑戦してる姿を見て
希望の光を見てくれる人がいる。
その事にきづいたんです。

だから、私は私のままでいい(о´∀`о)

美しく生きる。
それは、大切な人を大切にして
優しくして、
愛すること。
傷ついても、立ち上がること。諦めないこと。
笑顔で過ごすこと。
時には時間が過ぎるのを待つこと。
その姿を見た誰かの人生に光を灯すこと。

今はまだまだ未熟で
全然できてないけど
この北極星をめざしていたら
きっと迷わない。
そう信じているんです。

沢山のことを知ろう。
経験しよう。
失敗しても、立ち上がろう(о´∀`о)
















時折とどく、優しい手紙があります。
19歳の頃、奈良にいて出来た友達は
35歳になっても私のことを応援してくれています(о´∀`о)
clXPZmyz2F.jpg
そして、しまいには
その娘が
お手紙をくれるんです。
_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4107.JPG
だんだん文字がたくさんかけるようになって
だんだん行数が増えていく。
会った時ははずかしくて
おはなしできなかったけど
それで、いい(о´∀`о)
お誕生日にケーキを注文もらっておくったら
手紙が来てた。

【すっごくおいしかったです   ありがとう】

【また会えた気がしました】

その言葉になんか涙が出てしまった。

遠くても、
会えた気がしたんだって。
それってすごい。
お菓子って、心がこもったパワーがあるお菓子は
そんな力があるんだね。
_var_mobile_Media_DCIM_133APPLE_IMG_3977.JPG
昨日たまたまね、
世の中で始めて写真を撮ろうとした人は
なにを写すためにカメラをつくろうとしたかってはなしになって、
私はずっと
【遠くにいても会いたい人を見たくて】
写真に撮ろうとしたんじゃないかって思ってる
そんな話をしたの。
私のお菓子も
贈ってくれた人に【会えた気】になるような。
そんなお菓子にしたいな。
誰かと誰かをつないでいく
誰かと誰かを笑顔にする
そんなお菓子を作りたいと
また心から思った日でした。
ゆらちゃん、ありがとう。

さてさて【前編】
につづく【中編】。
まずは経営者として。
_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4009.JPG
全てのことは3つの【として】を軸にやっているよっていうお話でしたが
その1つに【経営者として】
こうありたいというのがあるんですね。
それは理想ではなくて目標かな!(о´∀`о)

スタッフみんなが能力を磨いて、最大限ちからを発揮できる場所を作る。
自分で考えることのできる人材を育てる。
ずっと働きたいとおもってもらえる職場にする。
パティスリーの常識じゃなくて、
自分がこうだったらいいのにを実現していく。

IzWnXl1Gey.jpg
お菓子屋さんはお菓子を作るのが仕事です。
お菓子を作る前に【人】を作らないとおいしいお菓子は作れないと思う。

人材の育成には かなり重きを置いてます。

ということで経営に関して必要だとおもうことは、経営者が色々勉強しつづけて、なおかつ実践して、試して失敗して、トライ&エラーをしつづけること。

正直経営って、、なんか、、大変(笑)
私には荷が重いなあってよく思うー。。
でもその立場のおかげで
たくさんの出会いや経験を積み重ねれてるから
やっぱり感謝だなっておもっているんです。
とくに人材の育成については
色んな方面の分野を吸収しながら
取り組んでますー。
心理学や体癖の勉強も興味があるからやってるけど回り回って役にたってるもんなあ!

なにをもって経営がうまくいってるというのか。

も、個人差があると思います。
ピンチはチャンスで日々をのりきっておるのでしたー(о´∀`о)

そして【パティシエとして】は
これもそう。
自分のお菓子をどれだけ高めていけるか。

正直お店をやっていたら
好きなお菓子ばかりを作れるわけではありませんー
というのはやはりお客様がこれたべたーい!っていうものを優先してお作りすることもあるから(о´∀`о)

それはとても嬉しいことなんです!!

それとはまた違うベクトルで
パティシエとして成長しつづけたいなと
思っていて、
年に何回か、いや一回でもいいかな。

自分が作りたくてたまらないものをつくる。
それが売れても売れなくてもかまわない。

そんなお菓子を作ると決めています(о´∀`о)
もちろん、これがやりたい!がでてこなければ
それは、それ笑
本当にやりたい!と思った時に
とことん追求して自分なりのお菓子をつくる。
そんな機会を作り続けること。

そんな一瞬のひらめきって
考えても考えてもでてくるものじゃないじゃないです。

どれだけ普段から美しいものに出会うか。
衝撃的な出会いをするか。
自分の中にとことん素晴らしいものをつみかさねておくか。
それは、いつ役にたつかなんてわからない。
だけど何もなかったら、何も生まれてこない。
とにかく色んなことを経験すること。
怖がらず、時にはライトに、受け入れてみる。
全てが経験で意味があると仮定してみる。

そんな感じ(о´∀`о)
その経験や体験が
きっとパティシエとしての力を高めてくれると
ウチコは信じているのです

【後編につづく】

↑このページのトップへ