みなさんご機嫌よう。清浦です。


寒い日が続きますが、お元気でしょうか。


TWEEDEESは2月23日からのツアーに向けて、リハが始まりました。


曲数も増え、セットリストを決めるのも一苦労。(沖井さんが)


愉快な仲間と一緒にしっかり楽しく練習していきたいと思います。


次はメディア出演のお話を。


まずひとつめは新潟の雑誌、pas magazine2.3月号にインタビューが掲載されています。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0320.JPG
ちらっ


しかしながらpas magazine、この号をもって休刊になるとのこと。


TWEEDEESとしては最初で最後の登場になってしまいましたが、インタビュアーの方は沖井さんと20年ぶりの再会だったそうです。


ご縁がご縁を結び、広がっていく。TWEEDEESは幸せなバンドです。 

またお仕事ご一緒できるよう頑張ろうと思いました。みなさんぜひチェックして下さいね。


そしてふたつめ。


2/6(水)TBSラジオ『アフター6ジャンクション』に出演します。


去年の夏にRYUTistと一緒に出演しましたが、
xQciqUHFuZ.JPG
今回も生歌披露のコーナーがございます。そちらの練習もしております。ドッキドキ★の生放送です。


そしてこの日、ひとつお知らせごとがございます。


是非放送を聴いていただけたら嬉しいです。


ではでは。


清浦


遅ればせながら、明けましておめでとうございます。清浦です。


インフルエンザ大流行中とのことですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?


私は食あたりに遭い2日ほど寝込みましたが食材には罪はないと思っています。


さて。


1/21にTWEEDEESは4周年を迎えました!


いつもあたたかい応援をありがとうございます。


ご縁が広がり、仲間が増え、作品を作るごとにやりたいことが増えています。


去年アルバムを完成させた直後は出汁ガラの様になったのですが、笑


足場が固まった感覚があり、またやりたいことが見えてきました。


なんだかTWEEDEESってそういう不思議なエネルギーがあります。最初からそうだった。


諦めの悪い私たちの夢は膨らむばかりです。引き続きお付き合い頂けたら幸いです。


そうそう。2月からのツアーの準備も着々と進んでおります。


可愛いグッズも制作中。


東京公演は両日ともソールドアウトとなりました。皆さんありがとうございます。


着実な歩みで好ましいです。


だからこそ、そろそろ次のステージへ挑みたいなと思っております。


そんなわけで気合い充分。大阪、名古屋公演は好評発売中です。是非遊びにいらしてくださいね。


そして沖井さん、1月からK-mixにてラジオのレギュラーコーナーが始動しました。


「K-mix FOOO NIGHT ピンソバ」内の「沖井のA面、バカボンのB面」


去年のアルバムキャンペーンで番組にお邪魔した際に、沖井さんとバカボンさんが音楽話で盛り上がりレギュラーが決まりました。


東海エリアの皆様是非聴いて下さいね。


いつかTWEEDEESでもラジオ番組やりたいです。


今年はどんどんやりたいことを口に出していこうと思います。


とりあえず今日はこれにて。


今年もよろしくお願い致します!

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0217.JPG

清浦。







みなさんごきげんよう!清浦です。


11月はたくさんみなさまにお会い出来る機会に恵まれ、


とてもとても楽しかったです! 














インストアイベントで5都市を巡り、


せっかくいろんなところに行くんだったらとおしゃべりTWEEDEESも。


7インチのリリースもありました。とにかく充実!


今までなかなか行けなかった福岡、新潟の皆さんは


待っていて下さったんだなというのが強く伝わりましたし、


名古屋、大阪の皆さんは活気良く盛り上げて下さって、とても安心しました。


本当にTWEEDEESは幸せなバンドです。


各地でお世話になった皆さま、遊びにきて下さった皆さま、


改めまして本当にありがとうございました。






「DELICIOUS.」というアルバムをやっとの思いで完成させ、


私の中で何かひとつ「終わった」感じがしていました。


それがネガティブなものなのかなんなのか、完成した直後は分からず


非常に困惑していたのですが、


各地を回り、おしゃべりをしているうちに


「準備期間が終わったんだな」ということに気づきました。


沖井さんも私も、前世のキャリアがあっても


やはりTWEEDEESは新人バンドだったと思います。


ハイハイをしていた赤ちゃんがついに一人で立ち上がるように


TWEEDEESはいよいよ本番を迎えたんだと。


自分たちで作った作品にもたらされるこの感覚はとても不思議なのですが


私はこの直感を信じます。


大好きな楽曲達と、バントを引き連れ、


もっといろんなところへ歌いに行きたいです。


まずは来年のツアーから、しっかり始めたいと思います。


http://www.tweedees.tokyo/live/


君に音楽を。


清浦 

↑このページのトップへ