生徒たちにはよく言っているが、高校受験は決してゴールではなく、人生のスタートラインである。 

極論を言えば、義務教育は人生の予選会のようなもので、どのポジションで予選を通過するかを決めるのが高校受験。

人生とは、選択の連続であると思う。18歳になった時、1つでも多くの人生の選択肢がほしいなら、予選でしっかりと結果を残さなければならない。

明日は中学校の卒業式。
新しい船出に、乾杯!

学年末や実力テストが終わると、妙な開放感から勉強をしなくなる人が多々いるが、この時期はしっかりと復習をしなければならない。

特に、受験を控える中2と高2はなおさらのことである。
「夏休みに復習を」では、正直遅い。当塾の場合、中3に限って言えば、夏は関係代名詞、二次関数、イオンといった、中学校の内容の最高峰を扱う。時間をかけて最高峰を乗り越えるためにも、今の時期は復習をしっかりと!

特別なことはなにもせず、いつもと同じようにすごすこと。
今更特別なことはなにもない。最後の最後まで、いつもと同じペースで生活すること。
緊張するのは当たり前!
だからこそ、普段からいかに勉強し、平常心を保ち続けられるかが大切なのである。

↑このページのトップへ