パラレルキャリアっと言う言葉

ご存知でしょうか。

実際私もパラレルキャリアで仕事させていただいております。

パラレルキャリアをウィキペディアで調べますと以下のように書かれています。

ーーーーーーーーーー

ピーター・ドラッカーの著書によると、歴史上はじめて人間の方が組織よりも長命になったために、人は組織のみに頼らず、それとは別に第2の人生を始める必要が生じたという。その第2の人生のひとつがパラレルキャリアである。

近年のパラレルキャリアの論調は、軸足はあくまで本業の会社におき、社外活動であっても何らかの形で本業に結びつけることを意識し、社外との関わりを作ることを指す場合が多い。この点が、本業と全く関係ない仕事を時間外に行う副業と異なる点だ。パラレルキャリアを推奨することで、企業は従業員の教育コストと時間を省いて従業員に新たなスキルを習得させることが可能になる。

ーーーーーーーーーー

ポイントは

・本業の会社があるということ

・社外活動で本業と関連した仕事をして本業の仕事に返す考え方


うーん

実際のところまだ兼業オッケーの企業も少なく日本では実施できない状態かなと思います。

実施するなら個人事業主にならないと難しいのではないでしょうか。(現に私もそうです)


もし企業が推し進めたとしてもパラレルキャリアの数は増えるのでしょうか?


たぶんその答えはNoだと思います。


結局その人の仕事のやり方かなと思います。

常にアンテナをはり情報を集めて本業にどのように役に立ちそうなのかを考えているか

そのような考え方の人は兼業がokになった時にパラレルキャリアになれるのではないでしょうか。


ご意見ご質問がございましたら

よろしくお願いします。


_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2845.HEIC


キャリアコンサルタントとは
学生、求職者、在職者等を対象に職業選択や能力開発に関する相談・助言を行う専門職。
国家資格で独占業務を持っています。

会社が研修などで貰える助成金
人材開発支援助成金でも必要な人材です。
企業におけるセルフキャリアドック制度導入にも必要な人材です。
国はジョブカード制度を推し進めようとしてますがジョブカードのサインもキャリアコンサルタントが実施します。

極めて重要な位置づけになってきた
キャリアコンサルタント

就職や在職中の仕事の相談は
専門のキャリアコンサルタントにお願いしましょう。

もしわからない場合はご連絡ください。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2820.HEIC

改正入管法が4月1日に施行されました。
特定技能という在留資格が増えました。

施行前の在留資格では
海外の方が日本に来るハードルが高く国内での就業者不足が解消されなかったと思われます。

今後少子化高齢化社会を迎える国内での人材不足解消に海外からの人達の労働力が必要です。

では日本人の雇用はどうなるのか?
それはあまり影響を受けないと見ています。
なぜか2点あります。

1点目
今回の特定技能の日本語の試験基準がとても低く日本人には劣るからです。

2点目
最長5年間と縛りがあります

逆に外国語が得意な方は
企業からのニーズが高まると思われます。

時代の流れがこのようになってる以上、企業は
外国人雇用を推進していくと思われます。
ただ絶対数として労働力は足りませんので
日本人の雇用については心配はないと思います。

ご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2840.PNG
上記の資料:就労が認められる在留資格の技能水準(法務省資料より)

↑このページのトップへ