映画「パラレルワールド・ラブストーリー」を見ました。
映画が公開された当時に映画館で見るのにちょっと勇気がなかったので、配信がスタートするのをまっていました。


どうしてこんな風に思ったかというと。


「パラレルワールド・ラブストーリー」は東野圭吾さんの小説が原作です。
東野圭吾さんの大ファンってほどでもないけど、この「パラレルワールド・ラブストーリー」は東野圭吾さんという作家を知った初期の頃に読んだ作品の1つで、少なくとも東野圭吾作品としてはNo.1だと思っていたし、今までに読んだ、他の作家を含めた多くの小説の中でも、とびきりおもしろい作品で、人にも勧めてきたから、映像化にちょっと及び腰になった。



あまり細かいことはさておき、結論を書いておく。



この映画はイマイチだ。



原作小説の中のおそらく「一番大切なシーン」がない。とても残念だった。原作との照らし合わせだと、そう思ってしまう。



ところで。



じゃぁ、映画単体で見ればどうなのかなというところはある。そう思えば、「?」「?」ってなるけど、楽しめるんじゃないだろうか。シーンごとに変わる、主人公たちの関係、ゆっくりと解き明かされる真実。

そして、かわいい吉岡里帆さん。


そう思うと許せるし、「いい映画だった」と言えるかもしれない。


でも。


原作ファンには向かなかった。それだけのことなんだと思う。