みなさん、ボタン電池って使いますかね? ちょっと電池が切れたものがあって、この間、ボタン電池を買ってきて交換しました。
IMG_20191207_090534.jpg
ところで、このボタン電池の型番の意味って知ってますか?

CR1620

3色に色分けしましたが、先頭の2文字のアルファベット、あと4桁の数字は上の2桁と下の2桁でわけて考えるようになっています。

< アルファベット2文字の意味 >
BR フッカ黒鉛リチウム 3.0V
CR 二酸化マンガンリチウム 3.0V
GR 酸化銅リチウム 1.55V
LR アルカリ電池 1.5V
PR 空気亜鉛電池 1.4V
SR 酸化銀電池 1.55V

この2文字は電池の成分の種類と電圧に関する規定を表しています。同じ電圧でも、電流の特性が成分が違うと少し違ったり、化学的な特性が少し違ったりして、用途に合わせて、選ばれます。

< 数字の上2桁の意味 >
上2桁は、ボタン電池の直径を表しています。
CR1620だと「16mm」ということを表します。ボタン電池の直径が1.6cmということですね。


< 数字の下2桁の意味 >
下2桁は、ボタン電池の厚みを表しています。
CR1620だと「2.0mm」ということを表します。



こういう特性がわかると、実は、CR1620を例に取ると、もしBR1620という電池が売っていたら、大きさが同じで電圧も同じだけど、中身の成分が違う電池ということがわかります。

すごくざっくりとは、数字が同じなら「形が同じ」ということだけでも、覚えておくと良いです。もちろん電圧が違うと機器の故障につながりますから気をつけましょう。


ところで。


乾電池にもアルカリ電池とマンガン電池というのがありますが、たいていの場合、どちらでも動作するように、ボタン電池も寸法と電圧が同じなら「どうしても入手できない」なら、実はほとんどの場合動作します。ただし、ボタン電池は密閉された環境で利用することが多いため熱や湿気などに対する配慮で成分を選んでいるので、一時的ならまだしも長期間の利用は正しい型番のものを選ばなければならないとされています

GRとSRは、良く時計などの電池に利用されます。これも一定の互換性がありますが、やはり同様の理由で、正しい型番が選べない時のための一時的なものと考えて下さい。


そんな、ボタン電池にも主力の型番というのがあって、CR/LR/SRの3種類が多用されていると思います。CRは直径の大きなボタン電池で薄型のものが主力で薄型の機器(リモコンの予備電池や、置き時計など)に使われることが多く、LR/SRは直径が小さく厚みのある型のものが、子供用のおもちゃ(キーチェーンゲームなど)に利用されています。


CRはBRで代用、SRはGRで代用が効きますが、LRは電圧に互換性がある型番がないので、注意して下さい。まぁ、今どきは全部100円ショップに売ってますけどね(笑)