スマホになる前、ガラケーの時代から言われていることだけど、そもそも「電話」であるところの携帯電話ではあるのだけど、もはや、本来のメインである「通話」を使う人の割合は非常に低い。

smartphone_talk12_businesswoman.png


ちなみに、携帯電話で一番認知度が高く、利用割合が高い機能というのは「目覚まし時計」であると言われている(笑)




そんな通話の機能だけど、プライベートはさておき、仕事となるとかけることもかかってくることもそれなりにある。通話と言えば着信音。だけど、着信音はなったらまずい場面もある。

もちろん、いつもマナーモード(バイブレーション)にしておけばいいけれど、それだと電話を取りそびれる。そんなときに、Pixelシリーズには、ちょっと変わった設定がついています。



Screenshot_20191119-091659.png

設定の「音 → 着信時へのバイブレーション」の中に、「まずバイブレーションで徐々に着信音」というオプションがある。これにしておくと、最初数秒はバイブレーションなので音がならない。その段階で電話を切る/受けるの判断をすることができる。一旦電話を切って、その場にいる人に断って、コールバックすることもできる。



もちろん、映画/舞台などの長時間、音がなってはまずいときは、マナーモードまたは電源オフですが、仕事の打合せなんかの時には、この設定がとっても便利。これにさらに、スマートウォッチを着信するとバイブレーションするように設定しておくと、電話の取り逃しが減ります。



ちなみに、この設定をしておくと、営業電話のワン切りなんかの時も、着信音がならなくて良いですよ(^^)