最近、ネット上では「イートイン脱税」という言葉がある。先日、自宅で何気なく、この言葉を使ったら、家族の誰にも伝わらなかったので、まだ一般的な言葉になっているとは言いづらいようだけど、かなり使われている言葉ではあると思う。

イートイン脱税というのは、2019年10月1日に消費税が増税されて、軽減税率(商品の利用方法や種類によって消費税率が異なる)という制度が導入されるにともなって、ネット上で作られた造語である。

具体的には、「外食は10%、食品は8%」という税率区分が設定されたことによって、同じ商品でも、テイクアウト(持ち帰り)なら税率が8%、イートイン(店内飲食)なら税率が10%と2%の差が出来たことから、「テイクアウトである」と言って実際には店内を利用することで、この2%の消費税を誤魔化そうとするような行為の全般をイートイン脱税と呼んでいるようです。

イートイン脱税は、もちろん、その行為は故意に行われれば脱税ではあるのですが、実は購入者も販売者にも、特段罰則もないということで、、、、微妙なことになっています。



なんとなく運用出来るだろうってことだったのかもですが、やはり世の中、こういう風になってきました。

IMG_20191111_170336.jpg

これはチェーン展開しているとあるカフェのガラス扉(喫煙コーナーと禁煙コーナーをわける自動ドア)に貼られていた張り紙なのですが、まぁ、これだけならというのもありますが、さらにこんな張り紙も。



MVIMG_20191111_170341.jpg

どうやらテイクアウトカップ(紙コップのことでしょう)にイートインならシールを貼るという対応までされているようです。このお店の別店舗に何店舗か入っていますが、こんな張り紙は、ここではじめてみたので、このお店ではよほどクレームが多いのでしょう。






うーん、ここまでする必要あるかなぁ、、、、、と張り紙を見て思いました。個人的には300円ぐらいの飲料の2%の6円をごまかしたい人も、それを声高に指摘したい人も、、、、どうなんだろ? ってのがいつわらざる正直な感想です。もっと学生が多い地域なら、悪気なくイートイン脱税をする若い子がいてなんていうことも、想像できるのですが、このお店は都会のど真ん中、夕方の時間帯に学生の利用者は、ほぼ0みたいなお店。仕事の途中なのかなっていうような感じの男女ばっかりのお店。





おそらくなんだけど、すごいクレームつけた人がいたんだろうなぁ。。。





こういう細かいストレスがなくなるなら、消費税は全部10%でいいのにって思っちゃうのは、私だけですかね。なんとなくもやっとした張り紙でした。