みなさんカフェでコーヒー☕を飲む時に「アメリカンコーヒー」っていうメニューありますけど、飲んだことありますか?
00100lPORTRAIT_00100_BURST20190922092559543_COVER.jpg
これは、今日飲んだ、ドトールのアメリカンコーヒーです。

このアメリカンコーヒーという言葉、実は、

和製英語

なので、海外では通じません。


アメリカンコーヒーという言うと、日本での一般的な理解として「薄いコーヒー」というイメージがあって、普通のブレンドコーヒーをお湯で薄めたものと思っている人も多いと思います。さらに言えばカフェではないところ(飲食店など)でアメリカンコーヒーと言えば、そういうものが出てくることがあるのも事実だと思います。

じゃぁ、アメリカンコーヒーって本当はどうなんだって話です。

これは実は米国の人が、「比較的、浅煎りで苦味が弱くすっきりした味わいのコーヒーを好む」ということに由来して日本で「アメリカ人好みのコーヒー」ということでアメリカンコーヒーという名称になったものなので、浅煎りのコーヒーのことを指します。

実際問題として、エスプレッソに代表されますが、欧州の人は、苦味が強調されたコーヒーを飲む習慣がありますよね。

したがって、ドトールみたいに「ブレンド」と「アメリカン」と言えば、ブレンドは苦味のある深煎りの豆、アメリカンはすっきりした浅煎りの豆ということになります。


どっちが好きかは本当に好みですよね(笑)


私は普段は、苦味の強い深煎り(ディープロースト)の豆のものが好きなのですが、たまにアメリカンも飲みます。本当は細かく豆の種類を選んだりしたい気持ちもありますが、、、まぁ、そういうコーヒーは値段も高いので(笑)


とりあえず、和製英語だということは覚えておくと、海外で恥をかかないで済むかもしれません。