最近は、パケ死と言わずに「ギガ不足」みたいに言うのでしょうか? それはさておき。
フォローしている方の記事に「子供にYouTubeを見せたらパケ死した」的なお話がありました。
mEHRoZLM5X.png
YouTubeって便利ですけど、もちろんデーター通信量的には、とても厳しいアプリです。そんなわけで、パケ死予防のために設定しておくと良いYouTubeの設定をご紹介します。

YouTubeアプリの「設定」の「全般」の中に、
Screenshot_20190831-125542.png
「モバイルデーターの上限設定」という項目があります。これの効能は、書いてあるとおり「WiFi接続時のみHD動画をストリーミング」というものです。

これを多くの人が設定していないわけですが、この設定をONにしておくと、格段に違います。

「HD動画」というのは、YouTubeの画質がHD画質もしくはフルHD画質のものを指します。したがって、モバイルデーターの場合、この設定をすると、1つ下のSD画質で再生されることになります。

ちなみに、映画でも見るのでない限りスマートフォンのような小さい画面ではSD画質でも十分きれいな映像を視聴できるので安心して下さい。

ところで、フルHDとかHDとかSDとか、なんのこっちゃ??? って話です。

これは画面の解像度を表しています。

フルHD画質 1920x1080 約207万画素
HD画質 1280x720 約92万画素
SD画質 720x480 約35万画素

ちなみに最近よく聞く4K画質っていうのは、約829万画素というのを指します。

したがって、SD画質から見るとHD画質は約2.5倍、フルHDだと約6倍ぐらいの情報量があります。これがそのままデーター量の比率にはならないのですが、SD画質とHD画質では、およそ流れるデーターが2倍ぐらい違うし、ましてや最近はフルHDのものが増えているのでフルHDなら5倍ぐらいデーター量が違うということを指します。

かなり大きな違いがあるのが理解できると思います。この設定をしておくと、案外データー通信量がおさえられるものですよ。

みなさんも設定を確認してみて下さい。