昨日、雑誌の付録として入手したワイヤレス充電器なのですが、実際のところどのぐらいの速度で充電できるものなのか測定しみました。

付録はワイヤレス充電器 : しょうちゃん 公式ブログ
GetNaviという雑誌がありますが、20周年記念号に「Qi対応ワイヤレス充電器」がついているということで話題になっているので、探して買ってきました。値段は990円。ワイヤレス充電器を店頭で購入したら安いものでも1500円前後はするので、ものは試しってことで買ってみました
lineblog.me


元記事にも書きましたが、このQi対応ワイヤレス充電器は5Wという出力のものです。今は、一般的には10Wが主力で15Wがハイエンドという感じですが、いろいろ見る限りは「たいした違いがない」ようにも聞きます。


さて、測定条件ですが、最大3Aまで提供できるUSB電源からmicroUSBで接続しました。電流は0.7A〜1.0Aぐらいの電流が流れていて「案外少ないな」っていう印象です。


充電の際に電源を切ったり、アプリの同期を抑えたりなどの特殊な操作は行わず、普段使いのままのPixel3を「ただ充電スタンドに置くだけ」で測定します。


さて、ログです。

Screenshot_20190826-093739.png


約40分の充電時間で充電量が17%増加しています。熱は31度から37度ぐらいまであがって、そこで安定。だいた、10分の充電で4%前後の充電が行われていると見るのが良さそうです。

したがって、100%充電するには250分。すなわち、4時間強ぐらいの時間がかかる計算です。



実際のところ、PD(PowerDelivery)による急速充電が10分あたり8%ぐらいなので、それに対して約半分の速度ぐらいと見ることが出来ます。


思っていたよりは、結構、ワイヤレス充電の速度が早いなっていう印象です。充電器に流れている電流が1A弱であることを考慮すると、PDが3Aの規格であることを考慮すれば、1Aの通常充電程度にはワイヤレス充電でも充電できているということなのかなー。


しばらく、飽きるまで使ってみます(笑)