最近、仕事でカセットテープと戯れております。

IMG_20190717_171433.jpg
IMG_20190717_171445.jpg

どうしてもカセットテープに記録されているものをデーター化する必要があって、スタッフが自宅に保管していたカセットデッキを会社に持ってきてもらいました。

この紅白のケーブル知ってます? RCAケーブルと言います。昔は良く使われていました。

今でも、ヨドバシカメラに行ったら、普通にRCAからステレオミニプラグに出力するケーブルは売っていたそうです。だいたい500円ぐらい。




カセットデッキ
→ RCA
→ ステレオミニ
→ インターフェースから波形情報を抽出
→ 劣化しているカセットテープのデーターを補正処理
→ 音声データー



ということをやっています。きちんと聞けるレベルの音が取得できるまでに3日かかりました。何しろ何十年も前のカセットテープなので音がひどくて(笑)

あと今回作業していてはじめて知りましたが、カセットテープというのは表記通りの時間ではなく、実際には表記よりも少し長い時間が記録できるようになっているんですねー。昔はわからなかったな、そんなこと。



こんなこと出来ても誰の役にもたたない(笑)