先日、アビリティスタッフという人材紹介の会社を訪問してきたわけですが、私も会社では採用面接をする立場にあります。

もちろん、前の会社の時も、前の前の会社の時も採用面接をしていたけどね。ここ最近はないけれど、以前は海外の法人で採用面接をすることがあり、結構、そういう現地での禁止事項に驚いた経験があります。

アメリカでは、採用面接で質問してはいけない事柄というのは、多くの部分で法律で決められています。

代表的なものをいくつかあげて、日本でのそれらの扱われ方とあわせて考えてみたいと思う。

  • 人種/民族/家系/出身国 ... 日本ではこういうことって、ほとんど気にされていないので、そもそも話題にならないですが、アメリカでは、この類のことを質問するのは、法律で禁止されています。日本でも「本籍」っていうのを書くことの是非みたいな話がありますが、あぁいうのに近い感覚でとらえられているように思います。

  • 宗教 ... どういう宗教を信じているかを聞くことはアメリカでは明確に法律で禁止されています。日本はわりと宗教については無頓着なお国柄なので、そもそも質問しようってこともあまりないかもしれませんね。

  • 婚姻状態 ... 日本の履歴書には「配偶者の有無」を○付ける欄があったりしますが、アメリカでは多くの州で「既婚/未婚」を質問することは禁止されています。

  • 子供の有無 ... これも「扶養家族」という表現で日本では履歴書の記載することが多いですが、アメリカでは法律違反です。日本ではおそらく、この項目を就業時間に制限があるかないかを知るために書かせていると思いますが、アメリカのような契約社会では、それらは「契約で定めること」であって状況から判断してはいけないことになっています。ベビーシッターなどの制度が日本と大幅に違うことも一因になっていると思います。

  • 年齢 ... 多くの場合、年齢を聞くこともアメリカでは違法です。年齢を聞くことに厳格に意味がある場合以外は聞いてはいけないことになっています。例えば、採用後に取得する視覚に年齢制限があるとかそういうときだけOKになっています。

  • 身長/体重/健康状態/障害度合い ... これらのことはケースバイケースのようですが、障害のあるなしを採用の基準に利用することは法律で禁止されています。まぁ、日本でも身長/体重なんて聞きませんけどね(笑)

  • 愛読書 ... 今までアメリカで禁止されているものが多かったですが、実は愛読書を聞くことは日本での禁止事項のひとつです。法律の罰則はありませんが厚生労働省のガイドラインで、聞いてはいけない「適正と能力に関係のない質問」の具体例が「愛読書」や「購読新聞」を聞くことになっています。仮に「趣味: 読書」って書いてあっても「どんな本が好きか?」みたいなことは本当は質問してはいけないのです。

  • 性別 ... これも日本だと履歴書に「男 / 女」とあって○付けるようになっていると思いますけど、アメリカでは法律で禁止されています。性別を聞くことは性的嗜好を聞くことに近いみたいな考え方のようで、どちらかの性別でないとつけないような職業でも明確に性別を書いたりすると訴えられたりするようです、そういう裁判の事例もいっぱいあるようです。私が実際に海外で採用活動している時も「絶対に聞かないで」って念押しされました。

あれもだめー、これもだめーと、それぞれのお国事情でいろいろあるわけなんですが、アメリカでは「働かせてみて能力が足りなければ会社の都合で解雇」することが許容されているので、例えば、就職したあとに、宗教上のことで社内でトラブルがあれば、解雇することは可能だし、健康状態が悪くて勤務がままならないなら解雇できたりするので、それで成り立つのだと思います。

日本の場合、採用後に「やはりこの人はうちの会社で働くのに適さない」と判断して解雇することが、正規雇用と呼ばれる無期限の雇用契約の場合はできないということもあり、どうしても慎重にいろいろ聞いて判断したいと思ってしまうのですけどね。

それぞれの国でいろいろなルールがありますが、基本的には「仕事に必要のないことは聞くな」ってことなんでしょうけど、やっぱり採用って難しいよなぁ〜と思ってしまいます。