昨日までで、2017年4月入社の新卒の役員面接が一巡した。30人以上面接したんだけどね。正直きっついです。むちゃくちゃ疲れます。

ところで、昨日のこの記事のようなことを考えると、弊社の面接を受けた学生が、ま、ま、まさか、このブログを読んでいるなんていう可能性も0じゃないのか? とやや不安になる。

セクシーショットだの、アイドルがどーのだの、結局みんなイケメンならいいんだろって話とか、そんなことばっかりいってごめんなさいって心境です。 

もし、本当に読んでいたら、コメントいただければ、選考に配(ry げふんげふん

選考は、常に公平でなければなりません(建前)

とりあえず、ぐぐったら一瞬で、このブログは発見できるってことはわかった(を、をぅ)

いかん、話がそれた。


今どきの学生さんって、すごく勉強ができる。頭がいいのじゃない、勉強ができる。なんか、TOEICの点数とか、みんな異常に高い。「これ盛ってる?」って思うぐらいだ。しかし、話を聞いていると「点数を取るためのテクニック」が社会的にこなれてきて、それをトレースしてるだけなんだよね。

こういう状況を見ると、日本の理系の闇、究極理系闇奥義を得とくできる東京理科大学理学部、それも数学科という、100人だったら100人が嫌い、1000人だったら1000人が嫌い、10万人あったら1人ぐらい好きっていうキングオブ嫌われ学問の数学からすると。

「公式とか使って中学とか高校で問題解いてるからわからなくなるんじゃね? 公式の作り方理解するのが勉強でしょ?」っていう、もう、漆黒の闇を思い出す。

とりあえず、新卒の子たちに言いたいのは、
  • ゆっくり話す
  • にこにこする
ということをしてもらいたい。

何気に「笑顔」が一番の採用への近道であると僕は思うし、みんな早口すぎて、こっちが聞いてて疲れちゃう。面接受けるのもつらいと思うけど、面接する方は大勢やってることも忘れずにね。