底姐さんこと、聖子さんからコメントもらったので、就職活動の時期だしなんとなく、僕にもあった「新卒」の頃のことを思い出してみた。

僕が最初に就職した会社は、今、粉飾決算で問題になったり、医療機器部門を売却したりして資金をつなごうとしている、あそこの会社(渦中の会社なので社名はやめときましょう)わけですけど、そこの配属された部門にいた、新卒の僕達をにこにことむかえてくれた、きれいなお姉さん(強調しておきますw)が底姐さんなのです。

就職当時、バブル景気やらいうものがはじけた直後で大手企業がのきなみ、新卒採用を0人にしますなんて発表されていた時期でした。なんとなく会社見学して、なんとなく試験受けて、なとなく就職しました。正直、適当だったと思います。

簡単に言うと「就職」ということに、あんまり興味も関心もなかったのです。最低限のお給料がもらえればいいかなぁと思っていました。きっとあの時、たまたま働いた場所が、あの会社のあの部門でなかったら、今の僕はいないかもなーと思うところがあります。適当だった僕に「適当でもいい」ってことを教えてくれた、たくさんの先輩たちがいたから、僕がいるんだと思っています。あの時、バリバリの会社人間ばっかりのところで仕事してたら、ドロップアウトしてたかもしれないなぁーって、今でも思い返すことがあります。

その後、ちょっとしたことがきっかけでハドソンに転職するわけなんですけど、僕の現在のキャリアは、ほぼハドソン時代を起源にして構築されています。不思議なものです。ハドソンに就職した経緯は、またそのうち気が向いたら書きます。

今の新卒の人たちは、本当に大変だと思います。子供の人数が減っているから大学受験は楽になってるんでしょうが、就職するのが大変で、ドロップアウトしちゃう人も大勢いるようです。そんな「つらいなぁ」って考えている学生のみなさんにちょっとだけオススメしたいのが、「あまりこだわらずにいれてくれる会社に入る」っていう方法です。多少給料が安くても、希望の仕事じゃなくても、「就職」ってことをしてみるってことですね。就職したら3年ぐらい仕事してみるとか、そんな難しいことはいいませんから、とりあえず試用期間が終わるまでは仕事してみたらいいんじゃないかなぁーと思います。

そしてもう1つ就職したらしてみて欲しいことがあります。それは、先輩たちとご飯を食べに行ったりしてみることです。自分が今いる会社を見ても、新卒など若い人たちって「会社を離れた人付き合い」ということを「自分の時間がなくなる」ってことで毛嫌いする人が多いようです。ですけど、もともと「とりあえず就職してみただけ」なんだから、まわりの年上の人たちからいろいろ「どうしてこの仕事をしてるのか」っていうことを聞いてみるといいと思います。学生の時に、会社訪問や面接で10〜20分しか話せなかったことを、きっとみんな1時間とか2時間とかかけて話してくれると思います。そして、そういうのをいろいろ聞いてみると、「自分はどうしたいかな」って決まってくるってことがあると思います。

その時に「よし転職しよう」でもいいと思うんですよね。

僕は、就職や転職をそんな風にとらえているので、1つ自分の中で作っているルールがあります。それは「送別会に出ない」ということです。これは転職する人に限られるのですけど、転職したからって、その人との人間関係が切れてしまうわけじゃないし、切れてしまうような相手なら送別する必要がないのです。

だから、会社を去る時も「またね」と気楽な気持ちで別れたいと思います。

「とりあえず入れてくれる会社に入っておいたら?」っていうと、学生さんみなさん嫌な顔します。でも、今やりたいって思ってる仕事、本当に一生やりたいって思えますか? もしも「良くわからないな〜」って思うなら、優等生ぶらずに、ちょっぴり回り道するぐらいのつもりでいきあたりばったりになってみてもいいんじゃないかなーというお話でした。