月別アーカイブ / 2019年12月

普段、家でお酒を飲むことはまったくないのですが。大晦日なので、ささやかながら、風呂上がりの晩酌を。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191231194412421_COVER.jpg
檸檬堂です。1杯目は定番レモン。


飲み始めたら、
IMG_20191231_194750.jpg
妻が切ったおつまみを娘が持ってきてくれました。ありがたい。サラミと鶏のももハム。ハムは自作です。とてもおいしい。


2杯目。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191231201429392_COVER.jpg
2杯目は檸檬堂の鬼レモンです。娘と一緒にポテトチップを食べながら(笑)


というわけで、早いですが、ゆるゆると値ます。みなさま、良いお年を!!!





いやはや大晦日です。そうです、年越しそばです。箱根そばです。
今年も買いました。箱根そばの年越しそばセット。
IMG_20191231_155436.jpg
IMG_20191231_155601.jpg
一箱3人前で750円。ちなみに、我が家は2箱買っています。
IMG_20191231_184039.jpg
nDHsYdYyyr.jpg
箱根そばのお蕎麦には批判的な人もいるそうですが、私からすると子供のころから慣れ親しんだ懐かしの味って感じなんですよねー。

今年はお蕎麦もおいなりさんも息子(with 妻)が作ってくれました。ありがたいものです。

家族は、海老の天ぷらや、海老入りのかき揚げを、のせていますが、私は穴子の天ぷらです。甲殻類のアレルギーなのでね。
IMG_20191231_143108-01.jpeg
駅前の天ぷら屋さんで買いました。なんと、注文してから30分待ち。びっくりです。


とりあえずお腹いっぱい(笑)

本日は、面積を計算しておりました。トホホ。



算数というのは疑問が尽きません。


zukei-original.jpg
この方眼の1マスが1cm四方であると仮定して、水色の部分の面積を求めるみたいな問題を解いていたのですが。



いろいろな解き方があるのが当然なのですが、代表的な2種類の補助線の方式を列挙してみます。




< 解き方1 >
zukei-1.jpg

こんな風に水色の図形を、A、B、Cの3ヶ所にわけます。

Aの面積: 4 × 2 = 8
Bの面積: 2 × 2 = 4
Cの面積: 4 × 2 = 8

全体の面積: 8 + 4 + 8 = 20 c㎡(答)



< 解き方2 >

zukei-2.jpg
Dという大きな長方形から、Eという正方形の面積を引きます。

Dの面積: 4 × 6 = 24
Eの面積: 2 × 2 = 4

全体の面積: 24 - 4 = 20 c㎡(答)






もちろん、どちらの方法でも答えは同じになります。「解き方1」と「解き方2」の違いは、足し算なのか引き算なのかということ。ちなみに「解き方1」の方は、横方向にだけ補助線を引くようなバリエーションもありますが、足し算的に面積を求めるという意味で、ほぼ同じなので省略しています。



ところで。



小学校の算数の参考書、テストの模範解答などの大半が「解き方2」のパターンになっています。すなわち、小学校では「大きな四角形から小さな四角形を取り除く」という面積の求め方が、良い求め方とされているようなのです。



とっても不思議。



より上の年次の数学の考え方からすると、微分積分の基本概念が「部分の面積を積み重ねることで全体の面積を求める」ことであったり、図形を「充分に細かく分ける」ことだったりするわけで、その点では「解き方1」の方が、良いように思うのですが。(※個人的には、この図形であれば2x2の正方形が5つ含まれるという方向性に帰着されるのが積分っぽくて良いと思います)




これを「解き方2」の方法も、ある程度、強制的に小学生を誘導するために「この図形の面積を"工夫して"計算しましょう」と問題に書いてあるのです。解き方1だと工夫していないと(笑)




納得できませんが、それが算数なんでしょうねぇ。

辻村深月さんの「ツナグ 想い人の心得」を読みました。
Screenshot_20191231-110116.png

これは続編ですね。前作も読んだので読んでみました。


前回も書きましたが、好き嫌いのある内容かなぁと思いますけど、今回の2作目では「歴史研究の心得」というお話が非常に良かったです。

人生の意味というようなことや、「人から変わり者と言われながら生きること」に自分と重なる部分があり、なんとなくほろ苦い感情のわくお話でした。


ところで。


辻村深月さんって、こういう「続編」みたいなの書く作家さんだったっけ? と思いながら読んだのですが、「謝辞」のところを読んで、そういうことかーと思いました。なんなら、この本の中で謝辞に書かれている数行が、一番大切な数行なのではないかと思いました。

年末に読むには、なかなか重い作品ですが、基本的に短編集なので3冊目も出ると良いなと思って年末を過ごしたいと思います。


大晦日ですね。大晦日も無事にランキングに掲載していただきました。今日で最後、2019年の205回目です。ありがとうございます。
昨日は、公式ブロガーさんの流行にのって、100均のガジェットから愛用品を紹介しました。

実は前にこんな記事も書いています。
こちらもあわせてどうぞ。



さてさて、年内最後のランキングは、
Screenshot_20191231-091301.png
急上昇ランキング136位でした。ありがとうございます。


さらに、
Screenshot_20191231-084509.png
総合ランキング273位でした。ありがとうございます。三森すずこさんと並んでいました。記念スクショ。


そんなわけで、2019年を無事にランクインで終わることが出来ました。読者のみなさんありがとうございます。掲載率は56.16%ということで、通年でほぼ2日に1回程度掲載していただきました。掲載は、トピックスランキングで1位をいただいた7月以降に偏っているので、後半の半年は3日のうち2日掲載みたいなペースでした。

多くの人に読んでもらうようになると、さまざまなことが起こります。厳しいご指摘、間違いに対する注意などなど。あまり気にしていませんけどね(笑)

私のブログなんて、全体的にゆるゆるなので、来年もこのままゆるゆるで続けていきたいと思います。

2019年も1年間ありがとうございました!


↑このページのトップへ