月別アーカイブ / 2019年10月

さてさて、今日は移動中に三浦しをんさんの「天上の飲み物」という作品を読みました。

51DbIPOCUsL.jpg
Kindle Singlesなので、これも短編です。奥付などの但し書きを見る限り、10年ちょっと前にサントリーのPR誌かなにかに寄稿されたものを手直しして出されているようです。

こういうのが手軽に読めるのも、Kindle Unlimitedは大変よいです。


small.jpeg




短編なので、細かなところは省きますが、このお話はお酒のお話かと思いきや、実はヴァンパイヤ(吸血鬼)ものです(笑)

人間の生活に溶け込んで生きている吸血鬼が、ワインと人の血の味の間でゆれうごくみたいな、そんなストーリー。






最後は、「ほっとするやさしさ」みたいなものが胸に染みます。

実は先日、タコを食べている時に、伝わらなかった言葉ありました。


fish_tako_oyogu.png


「タコの胴の部分ちょっと苦手なんですよね、硬くて。歯ごたえがあって好きって人も多いんでしょうけど。







「タコの胴? タコに胴なんてないでしょ?」って笑われてしまいました、、、、、? 良く聞いてみたら「あぁ、タコの頭のことですか」とのこと。



1265414456.png



タコの部位の関係は、こんな感じです。




タコのような生き物は「頭足鋼」という分類に属しますが、いわゆるぐにゃぐにゃっとして骨がないっぽく見える(実際はあります)軟体動物が、これにあたります。ちなみに、淡水に生息するタコはいないと言われています。




この「頭足鋼」という表現がすべての誤解のもとだと思います。「頭と足で構成されている」のように思ってしまいがちですが、解剖学上は、頭の用に思っている部分が胴であり、実は「足」と言いがちな部分でも英語ではArmと表現されているので正確には「腕」です。








だから、「タコの胴」なんだよ、、、、、、!!! でも伝わらないので、次回から「タコの頭」って言います。ごめんなさい(笑)

Pixel3も2世代前の機種になりました。Pixel3→Pixel3a→Pixel4と来ているので。機種が古くなると、徐々に困り事が増えていきます。

スマホケースと液晶保護シートの調達が難しくなることです。スマホケースについては、いろんなメーカーさんからご提供いただいたりする関連で、机の下にごっそりあります ^^; が、しかし、液晶保護シートは、調達が難しくなってくるなぁなんて思っていると、、、、、数週間前に液晶保護シートが剥がれてしまいました。


IMG_20191031_101737.jpg
IMG_20191031_101741.jpg
IMG_20191031_101807.jpg

液晶保護シートに私が求める役割は、主に3つ。 
  • 液晶のひび割れ防止
  • 反射防止
  • 指紋汚れがつきにくい
という感じでしょうか。




正直、ネックストラップに常時ぶらさげているので、落下してのひび割れの可能せいはあまりないのですが、出先で動画みたり本読んだりするのにスマホを使う身としては、反射防止のついでにひび割れの防止になるなら貼っておこうというのが基本的な考えです。





最近は、液晶保護も「ガラスフィルム」と呼ばれる比較的分厚いものが多いですが、あのタイプはどうもスマホケースと干渉してしまったり、スマートフォンの見栄えが悪くなるのであまり好きではありません。ひび割れ防止の点では、あちらの方が良いのは理解していますが、私としては反射防止のついでのひび割れ防止なので、購入意欲がわかないのです。

したがって、こういうフィルムタイプと言われるものを毎回購入しています。今回は、ビックカメラに在庫が残っていたので、別件で寄ったついでに購入しました。680円のシールが貼ってありますが、525円でした。



こういうのを調達する時、iPhoneだと100円ショップにもあるのでいいなーと思いますが。そこはぐっとこらえて、男はだまってPixel (笑)






そんなわけで貼りあがり。



P_20191031_102538_vHDR_On.jpg

完璧でしょ?


きれいでしょ? (笑)






みなさん、液晶保護シート貼ると空気が入っちゃうといいますが、この完璧な仕上がりを褒めてw

※こういう作業はとても得意です(笑)




153回目です。150を越えたので、気楽な気持ちです。ありがとうございます(笑) 

体調悪いと読書がはかどりますね。ドラマや音楽じゃなく、なぜ体調悪いときは読書なのかなとふと思った。

小枝シューは家族も喜んでくれました。父の体調よりシュークリーム。子供はそうあって欲しいものです。



さてさて、
Screenshot_20191031-065641.png
総合ランキング287位です。最上もが→マジカル・パンチライン→しょうちゃんだぞ!!! 俺ちゃん有名人!(自分で言うな案件)


ところで、Kindle Unlimitedサイコーです。
small.jpegみんなも入るといいよ。このままなら、Kindleの端末も買っちゃいそう(笑)



Kindle Unlimitedにおすすめされるままに、太田忠司さんの「まいなす」という作品を読んでみました。

81BrGnWFIDL._SL480_.jpg

大変恐縮ですが、太田忠司さんの作品を読むのは初めてでした。
small.jpegなぜに、Kindle先生が、これをリコメンドしたのかなーと思いましたが、

  • タイムトラベル要素あり
  • 作者は星新一ショートショートコンテスト入賞者

ということで、なるほどと読んでからなりました。




お話は、どこにでもいる平凡な中学生の那須舞。英語表記で、Mai Nasuなので、まいなすと云う渾名の女の子が、トラブルに巻き込まれながら成長する青春小説です。

タイムトラベルや推理要素もありますが、青春小説だと思いました。




この小説のテーマは「どうにもできないことと、どう向き合うか」と言うことだと思います。誰もが、思春期に、どうにもできないことに腹を立て、なんとかしたいとあがき、いつかあきらめる。そんな、誰にもある、どうにもできないことと、きちんと向き合うことを、描いていると思います。



非常に、さわやかな読後感でした。ハラハラドキドキはないですが、こんな作品もたまには良いものです。

太田忠司さんの作品は、また読んでみたいなと思います。





↑このページのトップへ