月別アーカイブ / 2018年03月

小田急線民のわたくしなのですが。


先日、新型ロマンスカーGSEを発表会で見てきたのです、実は、まだ乗車したことはありませんでした。
新型ロマンスカー・GSE(70000系) お披露目会に行ってきた : しょうちゃん 公式ブログ
小田急線沿線民のわたくしなのですが、新しく就航するロマンスカーのGSE(70000系)のお披露目会に当たりまして、海老名駅に隣接する小田急線の車庫まで行ってまいりました。当選って言われるとテンションあがりますねwこういう腕に巻くやつがついていて、これが入場券になる
lineblog.me



昨晩、ついに乗車しました。GSEに☆





というわけで、動画撮影しました(笑)

ところで、この動画はJelly proで撮影しているのですが、やはりJelly proだと動画はちょっときたないですね〜もうちょい解像度下げて撮影すればいいのかな。ちなみに動画編集もJelly proの上でやってみました(変態)

やっぱり新型車両なんで綺麗ですね〜 酔っ払っていたのでほとんど寝てましたけどね(笑)

みなさん、のど飴って買いますか?

別に芸能人でも声優でもないのですが、この時期(3月〜5月)は花粉症がひどいこともあり、くしゃみのしすぎで喉が痛いことがあります。別に芸能人じゃないけど(しつこい)、人前で話をする機会は普通のひとよりはだいぶ多いので、やはり喉が痛いのはつらいなぁってことで、この時期、のど飴がかかせません。


のど飴を選ぶ時のポイントは、
  • あんまり高い薬っぽいのはダメ
  • おいしい
この2つにつきるなと思っています。

薬用のトローチみたいなのを使ってみたこともあるのですが、値段が高いと使う量が控えめになってしまい結局喉が痛いのが治らないので、安くていいから、飴としておいしい方が精神的な負担が少なくて楽であるという結論に達しています(当社調べ)

IMG_20180328_074210.jpg

そんなわけで、最近気に入ってるのがこれです。「たたかうクエン酸」(カンロ株式会社)です。

カンロの製品なので味は折り紙付き。駅の売店で250円ほどで売っていますが、許せる範囲の金額かと。



クエン酸なので疲労回復しそう(プラシーボw)なのも良いと思っています。

みなさんの推しのど飴があったら教えて下さいw

興味のある人は推定いない(笑)

超A&G+って知ってますか? 知らないですよね。なかなか知っている人に出会ったことはない。ですが、これなんと文化放送がやっている地上波じゃないネットの方のラジオのブランド名です。

結構いろいろとおもしろい放送をやっていますが、全体的にアニメとか声優とかそういうオタクっぽいものに寄せた傾向のあるネットラジオです。

特徴としては、
  • 映像(MP4/H.264/AAC)付き(320x180)の配信がある
  • 音源はAAC/ステレオ/24KHz/40kbps
という感じです。

映像はついている番組とついていない番組の両方がありますが、320x180という極めて低解像度なものなのでおまけ程度に思っておくしろものです。

Screenshot_20180327-080956.png

写真は、毎週月曜日深夜26:30〜で放送の「佐藤亜美菜のアミメン」のスクリーンショットですが、なんとJelly proの画面解像度よりも映像の解像度が低いので余白が出来てしまいます(笑)
※ちなみにJelly proの液晶は240x432です。


音はビットレートは低いもののステレオ放送なので、結構良い音がします。もちろん、昔のラジオに比べればって話なので、CDやハイレゾなんかと比べるようなものではありません。

通常は、超A&G+のホームページを開くと、右上に「Play」のボタンが出ているので、これを押すことで再生されます。ラジオは一般的には再放送をすることが少ないですが、超A&G+は番組数が足りていないのか、リピート放送という名称で番組を再放送しているのが特徴的な気がします。週1の番組だと深夜/朝/昼など3回ぐらい放送しているものもあるし、だいたい夜の帯の番組は翌日の朝にも帯で放送しています。

配信方式はいわゆるFlash Castを使ったストリーミング方式なのでPCで再生するときは、Flashが必要という立て付けですが、実態は推定としてストリーミングサーバーのアウトソーシングの関係で利用されているだけで、クライアントはrtmpのプロトコルを受信して音声/映像を再生/表示しています。

rtmp://fms-base2.mitene.ad.jp/agqr/aandg2

が配信の詳細URLですが、定期的(数年に1度ぐらい?)に変更があるようですのでサードパーティーのクライアントなどを利用している人は注意が必要です。


僕は、超A&G+では、「佐藤亜美菜のアミメン」(月曜深夜26:30〜)と、「虹のコンキスタドール 毎日が放送部」(月〜金、20:15ぐらい〜)の2番組を聞いています。虹ドルソのメインパーソナリティが根本凪ちゃんから鶴見萌ちゃんに交代なんだそうですが、引き続き聞きます(笑)

リピート放送があるので、聴き逃しが少ないので、わりと気楽に聞けるので便利ですが、映像の解像度はもうちょっときれいにして欲しいなと思います(笑)








Jelly proは小さすぎる端末であるために、少し普通の端末とはことなった工夫をしないと使うのが難しい部分もあります。約1週間使って「をを、これは便利!」ってなった部分を紹介しておきたいと思います。



バッテリーの残量確認

やはり最初はバッテリーの残量表示です。小さい端末であるが故に、端末のバッテリーも小さい(950mA)のでバッテリーはぐいぐい減っていきます。残量を確認して適切に充電してとしたいのですが、、、、


なんと、Jelly proは最近のAndroid端末には普通にある「ステータスバーに残量を%表示する」という機能がありません。充電中のロックスクリーン状態のステータスバーには表示されますが、利用中のステータスバーに常駐表示させるにはアプリなどが必要です。


いろんなアプリを使ってみたのですが、多くのものは左上に「◯」の中に数字でバッテリー残量を表示してくれますが、はっきり言ってフォントが小さすぎて読めませんw

そんな時、このソフトが便利です。
BatteryBar Free: バッテリー残量表示アプリ - Google Play のアプリ
アプリを起動して有効化すると、画面の上側もしくは下側にバッテリーの残量を表すバーが表示されるようになります。バーの長さはバッテリーの残量と連動しています。また、一定の区切りで色が変化します。80%-100%: 青色60%-80%: 緑色40%-60%: 黄色20%-40%: オレンジ色0%-20%: 赤色このアプリの設定項目は以下の通りです。非常にシンプルな設計にしていますので、誰でも直感的にすぐ使えると思います。*Service- 有効化・無効化*Bar- バーの表示位置(上/下)- バーの高さ(0dp-24dp)- バーの透明度(0-255)
play.google.com


簡単に言うと画面の最上部 or 最下部の横一杯を100%としてステータスバーを表示してくれるソフトです。

Screenshot_20180326-102220.png

一番下に、赤で細い線が出ていると思いますが、これが画面の横幅いっぱいになっていると100%です。この時は25%前後ぐらいしかないときのスクリーンショットです(笑)

画面を専有せず、いつでもバッテリー残量が見れて、ちょっと快適に ^^





バッテリーの節約設定
Jelly proの設定画面の中に、そのものずばり「Battery saving mode」という設定メニューがあります。

これ良くある機能ですが、「夜中の睡眠時間中にバッテリーがなくなるのを予防する」みたいなことを実現する設定メニューです。

Jelly proは、Android7.0が搭載されていますが、Android7.0ではアプリケーションの操作によって「通常モード→機内モード」というモード移行はできません。機内モードにすると、全通信が一旦オフになるので、バッテリーの節約になるので、昔は、寝ている間に自動で機内モードにするなんてことをしていましたが、できないはずの機能をOSレベルで実装してくれているので、実現できます。

この機能で、1:00am〜6:25amまでは機内モードにしています。約5時間半ですね。こうしておけば、端末にとっては、1日が18時間半ぐらいになったことになり、バッテリーも一安心です。本当は、0:00am〜7:00amぐらい機内モードにしておきたいけど、0:30amぐらいに家に帰ったりすることあるし、起きるのだいたい6:30am〜7:00amなんでアラームの都合で、こんな設定になっています(笑)







それにしても、Jelly proは、ほぼ100%の状態で家を出て、音楽/ラジオをBluetoothヘッドセットで聞きながら、約1時間ぐらいの通勤をこなすと、バッテリー残量が50%ぐらいになるので、みなさんモバイルバッテリーは忘れずに(笑)



本日は妻の誕生日でした。まぁ、小学生の子供が春休みで家で暇を持て余してる家庭に盛大なパーティなど無理なのですが(笑)
IMG_20180325_185944.jpg
夕飯は、妻のリクエストで作り、コージーコーナーのケーキでささやかにお祝い^^;

だいぶ、社会からはみ出し気味の私がなんとかやっていけるのは、彼女のおかげなので感謝しかありません。

↑このページのトップへ