月別アーカイブ / 2017年07月

先日、うかがった恵比寿のSanpineさんのことを書いたブログが、Sanpineさんの公式facebookページでカリスマ扱いされてしまいました。
ところで、ちょっぴり世の中に名前が取り上げられたり、僕らの業界にかかわらずいくつか仕事が成功すると「カリスマ〜」とか「天才〜」なんて呼ばれることがあったりします。僕も恥ずかしながら、呼ばれることもあるのですが、呼ばれている人たちを見ていて、ちょっと勘違いしてるのではないかなーと思われている方々が多いことも事実でして、同時に同じように扱われるの嫌だなーなんて思うこともあったりします。

僕が、そんな時にいつも思っていることが、3つほどあります。

基本的にお世辞
たいていは「お世辞」です。ただ、お世辞というのは決して悪いものではありません。その人との一対一の関係の中では、相手の方は本当に天才やカリスマとして思ってくれている可能性はそれなりにあります。そういった自分のことを高く評価してくれる人がいつまでも同じように見てくれるように努力することや、道に迷ったときに、そんな人の言葉が道しるべになることもあるでしょう。ただ、たまにおだてて利用したいだけの人もいるのが事実です。はじめから人を疑うのは悲しいので、そういう人にあたったら、すっぱりきれいに忘れましょう。

自分だけの手柄ではないことを思い出す
完全に一人でやっている仕事ってなかなかないと思います。ほとんどの仕事はチームでやっています。そういう意味で、今、天才とかカリスマとか言われることになった仕事の多くは「みんなの助け」があってはじめてできてだと思い出しましょう。偉大なNo.2やNo.3がいての成功で、むしろ彼ら彼女らが成功の立役者であると言うことは自分が一番わかっているはずです。チームを大切にしましょう。

人前に出る回数を減らす
「天才〜」や「カリスマ〜」とか呼ばれたりすると、人前に出る機会が増えたりします。そんな時は、むしろ人前に出ることを控えましょう。しばらくしても、呼ばれているなら、その呼び名にふさわしい生き方を選ぶべきです。呼ばれなくなったなら凡人であることを受け入れましょう。


いまや「天才〜」や「カリスマ〜」も大安売りの時代です。そう呼ばれる機会に恵まれたことは素直に喜びつつ、発言や立ち居振る舞いがネットを賑わす困ったちゃんにならないように気をつけたいものです。


いやー、みなさん『コードブルー』見てますか? わたくしはもちろん大天使ガッキー様(新垣結衣さん)が出てるのでみてるわけなんですよね。
新垣結衣15-300x248.jpg
いやー、相変わらずお美しい。もう、なんていうか、かんていうか、人類の宝。

ところでね、コードブルーみてたら、どうしてまこちらにも目が行っちゃうんですよねぇ。
480d9d727267af99a98dd7e1270a6dda.jpeg
比嘉愛未(ひがまなみ)さんであります。お美しい。もちろん、いろんな作品に出ている有名女優さんなので、よく知っているはずなんですが、こんなに美人でしたっけ?

あぁ、眼福。

いや、あのね、コードブルーはドラマがおもしろいのは折り紙付きだから、みんなも見ようね。いや、見てるか(笑)

商品コードだけ書くと呪文のようですな(笑)

新しいイヤホンとしてJBLのGRIP100を購入したのですが、ケーブルが1.1mと長いので、オーディオテクニカのケーブルを巻き取る道具を購入してまとめてみました。

こんな感じ。

P_20170730_193245_vHDR_On.jpg

きれいとは言えないけど、実用には耐えられるのでなんとか(笑)

普段使いの時は有線でもいいのですがやはりランニングしたりするときは、無線じゃないと厳しいよねってことで、以前に購入したSonyのBluetoothレシーバーSBH20(既に販売終了)を出してきてつなげて使っています。

P_20170730_193219_vHDR_On.jpg

SBH20は、3cm四方の小さいデザインながらバッテリーは6時間、コーデックはAAC対応となかなかのすぐれた製品で当時(3年前ぐらい?)に3000円台で売っていたので、今思えば非常に良い製品でした。動く状態で2つ持っている(ピンクと黒)ので大事に使わないとなー。

購入当時、SBH20は付属のイヤホンが本当にどうにもならないものだったので、こういうレシーバータイプからBluetoothヘッドセットに興味がうつってしまったので使わなくなったのですが、今思えば結構良い製品でした。

JBLのGRIP100は、3000円内外の製品としては音質には文句ないし、予想通り、耳がむれないので一安心です。夏場にオーバーイヤーのヘッドホンは厳しかったので、これで夏はなんとか乗り切れそうです(笑)

今日のお昼はカツカレーでした。

P_20170728_120111_vHDR_On.jpg

このカツカレー、大変不思議な"飲み物"であることに気づきました。

カレーは飲み物

であることは、今や日本人の常識なわけです。さらにいうとあれだけのスパイスが投じられている薬でもあるので、カレーなんて言うのは薬を飲んでいるのと同じことなわけです。言い換えればサプリメントですね。

ところで、近年、

とんかつは飲み物

であることもわかってきています。

「ふぁ?」ってなっているそこの皆さん。「とんかつは飲み物」でggrks。

そうなると、このカツカレーは「飲み物の上に飲み物がのっている」という不思議な飲み物であるということになるわけです。三段論法最高!

飲み物は、カロリー的にノーカン(ノーカウント)ですから、こんなものばっかり飲んでたら痩せてしまいますね。

ちょっと何を言っているかわからないと思うのですが、新しいイヤホンも購入しました。


細かいことは気にするなw

オーバーイヤーのヘッドホンはとても暑いのですよ。この時期は。

そんな中、耳が汗をかいてあれたりしないようなところに配慮されたインイヤータイプのイヤホンというのもあるようだったので、店頭で音を確認した上で購入しました。

JBLのGRIP100という製品です。

P_20170727_155511_vHDR_On.jpg
P_20170727_155549_vHDR_On.jpg

パッケージはこんな感じ。JBLなんて、そんなにすごいハズレはないはずとはわかっていてもいろいろ気になりますよね。

気になるイヤーピースですが、

P_20170727_155805_vHDR_On.jpg

こんな形状をしています。

実は、これはスポーツタイプなので、「耳から外れにくい」ことを売りにしています。こういうものって通常はカナル型として密閉性が高いものですが、「外部の音も聞こえることで充分に安全を保つ」というコンセプトの商品なので、実は密閉性が高くありません。それを独特の形状で外れづらくしているのです。

実際使ってみても、かなり強くひっぱらないと外れませんから、軽いランニング程度なら問題ないでしょう。きっと耳も蒸れないはず!

値段が3000円未満の商品なので、音質はいわゆる一般的なこの価格帯のイヤホンと比べて、特別良くもなく悪くもないです。あまり低音は強くは出ないで、ボーカルがきちんと入るので、私の好みとしては100点です。

有線で使ってもいいですが、無線でつかいた時は、SONYのSBH20というBluetoothレシーバーを持っているので、そこにつないで使うつもりでいます。そろそろ、AnkerのNB10が飽きてきたので、ちょうどいいかな(笑)

問題は、1.1mあるケーブル部分をどういう風にきれいに処理して持ち歩くかですかね。それは、また後日考えたいと思います(^^;;;;;


↑このページのトップへ